[TFO釣行記]磯でぶっ飛び君95s、ワラサ(メジロ)を釣る

2017/07/08  11:30~16:00

大潮

風:微風  波:凪

 

安定の寝坊・・・・・

起きたのは目覚ましではなく、

窓から差し込む光。

暑い。焼けるように熱いと思って起きた。

 

海へ到着するとべた凪で今日は鳥も休憩モードか。

しかしルアーをキャストするとベイトだらけで

完全にこの場所にベイトが溜まってますね。

しっかりボトムを捕るとまずは

キジハタが遊んでくれる。

サイズは30㎝に満たない程度だがしっかり引いてくれた。

 

しばらくすると満潮、潮止まり。

ベイトもサッとどこかに消えて海が澱む。

そして満潮からの下げが始まると鳥が現れ

水面も賑やかになる。

 

今日もぶっ飛び君95Sでボトム付近からミドルレンジは

タラタラ巻いて表層は早巻きで誘う。

リールを巻く手が「ドン!」と止まる。

ロッドは弧を描き、重い!

ポンプアップで手前まで寄せるがここから

魚の抵抗が始まる。

自分の立ち位置の岩盤の下に潜り込み

ラインがスレて突っ込みを止められない。

 




ドラグはフルロックでラインが出ないので

ベールを返して対応。

何度か突っ込まれたが

腹パンパンのワラサ(メジロ)!

 

 

先週ランディングでバラしてしまった魚よりは

小さい。

 

まだ水面が騒がしくキャストし

表層をリールハンドルを巻ける限界の速さで

早巻き!

ドン!

今度はサイズが少し落ちて瞬殺。

 

1匹目はフックも直ぐ外れエラが傷つかず

元気よくリリースできたが2匹目は

ぶっ飛び君95S丸呑み・・・・

出血がひどい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ(JUMPRIZE) ぶっ飛び君 95S 02(ピンクウェーブ)
価格:2052円(税込、送料別) (2017/7/8時点)

 

後ろから誰かが「凄い!」と声を掛けられる。

振り返ると綺麗な熟女の方が

こちらへ向けて写真を撮っている。

岸近くまで魚を持って行くと

「私も写真撮らせてもらってよいですか?」と

パシャパシャ撮られて、

「リリース出来ない状態だからさばけるなら

持って帰りませんか?」と声を掛けると

喜んでお持ち帰りになられました。

少し休憩をはさみ、キャスト再開。

今回もこれでは終わらなかった・・・・。

つづく。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-磯釣行
-, ,