[TFO釣行記]トップウォータープラグで青物ボコン!

2017/12/03  大潮  AM5:00~10:00

風:時に強い 波:1m

 

実に1か月以上釣りに行くことが出来なかった。

久し振りの釣りでまだ真っ暗な時間に海に向かう。

 

雲に隠れながらも明るく照らす月の光は

とても黄色く怪しい色をしていた。

まだ陽が昇る前だが月明りで何とか見えないか?と思って

海に到着したのに、準備してる間に月は全く見えなくなる。

 

闇に包まれた磯に降りて視界が開ける時間まで

波の大きさを確認しつつ待機。

凪のような高さの波しか来ないと思えば、

突然1m近い大きな波が押し寄せ調子に乗って最前列まで出ると

危険な波。




 

第1投目・・・・いつもこのタイミングは一番慎重にキャストする。

何も反応は無い。

鳥は多く低い位置を西から北東の方へ向かって飛んで行く。

 

ベイトは見えず南から吹き付ける風は寒くは無いが

突然強い風が吹いたかと思うと無風になったり

波同様、北陸日本海の冬の気候そのもの。

 

ぶっ飛び君95Sから、マリアラピードF130へ替えて

1投目。

手前30m程で青い魚がトップウォータープラグが

波と波の間に浮かんだ瞬間バイト!

久し振りの魚の引きでリールをグルグル巻いてしまう。

案の定、手前のテラスで下に突っ込まれベールを返して対応。

いきなりまずいやり取りをしてしまった。

早く寄せる必要の無い場所なのに、

突っ込まれると厄介なテラスの部分で魚はフルパワー。

 

70㎝程、あと一歩で鰆と呼べるようなサゴシ。

それも背中の背ビレ下にスレ掛かりしていたので

思ったより突っ込まれたわけだが

リハビリ釣行に近いような現状、楽しい引きを味合わせてくれた。

心の中では・・・またお前か・・・と。

殆ど傷ついていなかったので直ぐにリリース。

 

後が続かず、海の方にもベイトを追いかけている様な様子も無く

陽は上がっているので寒くは無いが腰が痛い。

 

サーモスに入れてきた、まだ湯気が立ちあがる

火傷しそうな熱さのコーヒーを飲みながら

釣りを続けていたが、腰痛限界の為に帰路に着いた。

マリア ラピードF130



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-磯釣行
-, ,