[TFO釣行記]1か月振りの釣りへ・・・・

2016/10/23 AM9:30~AM10:30

実にひと月振りとなってしまった釣りへ。

何だかんだで忙しく、海との距離が次第に遠くなってしまい

秋シーズン最盛期なのにまったく海の状況も分からない。

あまり人の釣行記を読まないことが多く、その時釣れていても

自分がそこに居なければ意味が無いとの思いもあり

やはり海へ通わないと分からないことが多い。

朝ゆっくり目に起き、海への足取りも軽い。

 

海はどんな感じかな~?

ベイトはいるのか?

車で走る道路わきに立つ樹々は風に揺れて、

遠足に行く子供の様な気分でワクワクしていた。

海に到着。

20161023_1034241

釣り人は途中で一人見ただけで誰もいない。

この時期のサーフを独り占めできるのは・・・・・

風が爆風の為。

空の雲は風で千切れ千切れになり強い風が吹いている。

波も1.5m~2.0m近くあるような波でジグをほとんど使用しない

自分にはやりづらい海だ。

20161023_1015221

ぶっ飛び君95sからキャストするが30~40m飛んでいるだろうか?

見事に風で押し戻され着水してからも

ガチャガチャの波でスローに巻いているとルアーが戻ってくるのは

左に10mも横から。

風が強くなってくると20mほどしか飛距離も出ないが

なんとか一番手前のかけ上がりには届くかどうか。

 




何かに追われているベイトが20m程度の先で見えた!

風に負けずフルキャスト!

ガガッ!とルアーに何かがバイトするが乗らない。

その後は反応なし。

風は方向を変えながらどんどん強くなる。

こんな時にこそサーフでルアーをドリフトさせてバイトを狙う。

通常ドリフトは河川の水の流れを利用するが

サーフでのドリフトは風と波の動きを利用する。

難しい事など何一つ無い。

キャストしてロッドを風向きに対して90°の角度で

ラインテンションを風で大きく膨らませ

ラインスラッグを巻き取るだけ。

ルアーは波に押され、風に押され勝手に泳ぐ。

ただレンジはどのあたりを泳いでるか分からない位の

風の強さだが・・・・・

先程と同じように「ガガッ!!」とバイト!

ロッドに魚の引きが伝わるがこの感触は・・・

多分「サゴシ」

しかし波ガチャガチャでフッと軽くなってバレてしまう。

風も弱まるタイミングも無く常時爆風吹き荒れる為に

帰路に着いた。

魚は海に居たし、ベイトも追われているのも確認できた。

条件さえ良ければ青物祭りだったかもしれない。

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サーフ釣行
-, , , , ,