これは興味深い・・・・日本海に珍魚がゾクゾク漂流!

何年か前にもありましたが、サーフに深海魚が多く漂着。

今回は太平洋側に生息する魚が多いそうです。

 

これらの魚は太平洋などに生息しており、対馬海流(暖流)で流されてきたとみられる。

同館によると、日本海を北上する対馬海流は、

日本海北部の冷水に接すると蛇行する。

冬場は水温差があり、対馬海流は能登沖を越えて県内沖に張り出すことがあり、

こうした生物が12月から翌年の2月までに見つかることがある。





YomiuriONLINE

たまたま今年多かったのでは?との予測もありますが

もしかしたら数年後には太平洋側に多いヒラメが

日本海側サーフでよく釣れる用になったりという事があるかも知れない。

生息地が大きく変わるのは良くない事だとも思うが、

海が大きく変わりつつあるという事かも知れませんね。

地震と関連付ける方もいますが、魚は敏感ですからね~

ルアーの波動に反応するくらいだし。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-魚の生態
-