UMA未知の生物を観た話

これは自分が実際に観た話です。

確かどこかの釣行記にも書いたはずです。

 

ある日、海が荒れて波が収まったころだろうか?

サーフに出かけるとほとんど人はいない。

 

波がまだうねりが残り、

殆ど釣りにならない日だった記憶がある。

 

いつもと同じサーフだが、少し北の方へずれて釣りをしていた。

この頃は釣れなくても、何とかキャストが出来れば

楽しくてしょうがない時期で魚からの反応は全く無い。

風が強く吹き出したので、少し波打ち際から離れて

ドリンクを飲みながら海を眺めていた・・・・

その時・・・・・

急に横の方から、今までに見たことが無いような大きな影が動き出す。

 

初めは海が荒れた後だし、

藻の固まりかゴミでも風で動いているのかと思ったが、

明らかに藻やゴミではないスピードで水中を移動している。

水中だし、正確な大きさは分からないが

2m以上・・・・いや3m程度はあるヒラメの様な形。

いやまさにヒラメかカレイの形そのものだった。

 




 

泳ぎ方も青物やシーバスの様な魚の泳ぎ方ではなく

ヒラメやカレイの様なヒラヒラと泳いでいく。

 

当然そのUMAに向かってキャスト!

小魚の群れであればすぐ近くにルアーを落せば

散って形が変わるはず。

頭のどこかで瞬時にそんな考えが浮かんだ!

しかし近くにルアーを落しても全く何の反応も示さないし

魚影も変わらない所を見ると小魚の群れが

大型魚に見えているわけではない。

 

その後も早歩きしながら3回ほど泳いでいる目の前へ

ルアーを泳がしたが微動だにせず泳ぎ去ってしまった・・・・

今でもその時の光景は鮮明に覚えており

人に話しても信じてもらえない、笑い話になってしまいそうだが

もしかしたら、巨大なエイやマンタの様な魚だったかもしれないし

ヒラメかカレイが異常成長して姿を現したのかもしれない。

皆さんはUMA・・・・とんでもない巨大魚を見たことはありますか?




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-個人的な思い
-,