「冷え性体質改善」体を温める食べ物を一発で見分ける方法!

加熱すると魔法の様な食材に変化する

「生姜」の事は前回色々調べましたが

冷え性体質改善「体を冷やす食材でも加熱で温めると変わる魔法の様な生姜」

 

スーパーなどへ行っても野菜が数多く並び

何が体を温める食べ物なんだろ?と疑問を持っていましたが

一発で見分ける方法があります!

 




 

体を温める野菜か冷やす野菜か見た目で判断する方法

 

まずは

体を冷やす作用がある野菜

キャベツ、レタス、キュウリ

ゴーヤ、セロリ、オクラ、

大根、白菜

 

体を温める作用がある野菜

かぼちゃ、人参、ごぼう

生姜、山芋、赤唐辛子

レンコン、たまねぎ、ねぎ

 

全てがそうではありませんが

暖色系の色をしている野菜は体を温める作用があり、

寒色系はの色をしている野菜は体を冷やす作用がある物が多い。

特に寒色系でもナスやキュウリは利尿作用があり、

尿とともに熱を排出してしまい結果的に体温を下げるのであって

野菜そのものが体を冷やすわけでは無い事も覚えておきたい。

 

全てがそうではありませんが、色である程度は判断できますよね。

注)トマトなど暖色系の色をしている野菜でも

体を冷やす作用がある野菜もあります。



体を冷やす作用がある食べ物でも調理法によって体を温める野菜に変わる

 

生姜の時にもお話ししましたが、

「体を冷やす作用がある野菜」でも調理法によって

「体を温める野菜作用がある野菜」に変化します。

 

大根や白菜は、冷たいままで調理すると体を冷やしますが

熱を加える事で体を冷やす作用を緩めてくれるので

やはり熱を加えた温かい食事を徹底的に摂取することが

冷え性体質改善への第一歩になります。

 

季節の料理はやはりその時期に合った体調を整えるための

最善の栄養素が多く含まれる食材が入っている為

冬の寒い時期には暖色系の野菜を摂取することや

必ず熱を通して野菜を食べる事も大事です。

 

またしても野菜は熱を通すと作用が変化する

魔法の食材」だということが分かりました。

肉、魚も当然必要だけど、熱を通した野菜もね!

 






 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-冷え性改善・対策
-