割りばし・スプーン・ストローでシーバスを釣る!?

ルアーの発症は湖で釣りをしていた釣り人が

食事中に落としたスプーンにトラウトが大口を開けて

アタックしてきた事が元になっている。

日本では木で作られたエギ、角で釣っていた等

今では販売されているルアーを我々は

飛距離やレンジなどある程度肯定されている物を使って

ルアーフィッシングをしているわけですが、

グミを使って釣りをしたり、ハンドメイドでルアーを作っている人まで

様々ですね。




そこでプロアングラーが100均で買い揃えた品物を使って

ルアーフィッシングをすると釣る事が出来るのか?

こんな企画が始まりました!

 

割り箸・スプーン・ストローで魚を釣る① 〜伝説釣行〜 (シーバス釣り師・小沼正弥)

釣りって元々はこんな楽しみから始まってるんですよね~

今は各メーカー何百、何千というルアーが発売され

このレンジを攻めるのにはこのルアー。

この魚を攻めるにはこのサイズと、

ルアー自体をチェンジすることが殆どで、

その場の状況に合わせてルアーを調整・加工する事など

ほぼ有り得ない。

しかしこの企画、使用しているルアーは

割りばし・スプーン・ストローである。

その場で調整したり、加工したり

ルアーフィッシングの本当の意味の醍醐味を味わう様な

面白い企画ですね~!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-シーバス
-,