[TFO釣行記]磯探索から過去最大級の青物をばらす!その1

2017/07/01 12:00~18:00

小潮

風:微風  波:凪

 

今日もサーフを離れて磯探索へ。

有名ポイントを避け、腰辺りまで

ウェーディングしながら釣りが出来そうな場所を探す。

 

釣り場まで30m位は膝下から腰近くまでの

シャロー帯が広がるエリアだが

歩いて行けるぎりぎりの所から一気に水深が深くなる。

気圧、潮の動き、考量、今年一番の

釣れそうな条件が揃う。

 

到着すると、沖では自分が肉眼で見た

過去最大数の鳥の数と、範囲も巨大なナブラ!

これは期待できると、ぶっ飛び君95sの

フックをすべて外して根掛かりポイント、

水深を探る。

ボトムまでフリーフォールで6,7秒。

 

そしてフックを着けて数投目にヒット!

いきなりデカい!!

手前10m辺りでエラ洗い、ジャンプ・・・

フッと軽くなりバレる。

 

その後はポポペン90Fにバイトして乗らなかったり

ルアーサイズの問題なのか?

そしてボトム付近を探ると

「カサゴ」「キジハタ」が立て続けに

5.6匹ほどヒット。

 




 

 

足元を見れば巨大なイカが泳いでいたり

生命感に満ち溢れる磯。

ここはもしかしてパラダイスか?

 

しかし魚も休憩時間は・・・だが

沖のナブラは場所を変えたり

大きくなったり小さくなったりずっと続いている。

 

2時間ほどは何も起きずに時間が過ぎて行く。

そして16時30分過ぎ、

巨大な抵抗する石の様に重い物がヒットする。

「その2」へ続く・・・・

 





 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-磯釣行
-