ヒラメ フラットフィッシュ

ヒラメの簡単な捌き方、内臓の簡単な取り方

投稿日:2015年12月18日 更新日:

リクエストがあったので

  
宮崎のととch

それとお刺身で食べる時に気を付けるアニサキス。

スーパーなどの魚は一度冷凍されてから食用として出されているので

死滅しまっていますが、釣り人が釣って帰宅後食べる魚ほど新鮮なものは他にないので、

注意が必要です。 

特に内臓に寄生しているのですが、筋肉(身)の中にも普通にいたりする場合があります。

1匹発見した場合、特に注意して見ましょう!

60℃1分間以上 の熱処理をするかマイナス20℃以下で24時間以上
厚生労働省アニサキス食中毒予防

よく噛めばアニサキスは咀嚼され害はない ともいいますが、ほぼ運に近いようなものです。

不完全な予防法は辞めましょうね。

釣れた後、ストリンガーで活かしておくか、

ヒラメを釣りに行く時は大きなゴミ袋を持って行き

サーフの場合は海水を汲んで袋の半分ほどを砂に埋めておけば帰るまで生きています。

(ゴミ袋を砂に埋めるやり方のほうがストリンガーに繋いでおくよりも長く生きてます)

船の場合はその場で血抜きして、内臓も処理してしまうのが一番ですが。

少し古い動画ですが今まで観た中で内蔵を綺麗に撮るやり方の動画です


itasan18

そして帰ったらすぐに内臓を取る処理

(アニサキスは宿主が死滅すると内臓から身に移ると言われている)

内蔵を取ったから100%安心ではありません、最初から身に寄生している場合もあるので!

刺し身にする場合は薄切りにすればアニサキスが居るかどうか分かる場合もあります。

ちなみにうちの父親、昔寿司職人でしたがイカ釣りに行って釣れたイカを食べて

アニサキスにやられ即病院に行った過去が・・・・・・

普段捌いている人でもそれ位よく見ないとアニサキスが居るかどうかわからない場合もありますので

鮮度は落ちますがアニサキスが怖いという方は生食を避け、加熱か冷凍をして

食べましょう!

釣具ランキング

2019/7/22

釣具ランキング~2019/07/22

最近、釣り場で幽霊が出るとかお化けが出るとかさっぱり聞かなくなった。 目に見えない物はあまり怖いとか思ったりしないけど 誰もいないのに声が聞こえたり、何となくそんな”気”がしたりって事はあったけど 大人になって年を取るとそんな気を感じることも弱くなっていくのかもしれない。   いや、そんなことない。 今でも釣れる時は魚の匂いがかなりの確率で匂ったり、 何なのか分からないけど、目に見えない物を感じる事は多い。 子供達は夏休みが始まったころかな。 今年の夏は雨が多くて梅雨が長かったけどそろそろ、梅雨 ...

ReadMore

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

-ヒラメ, フラットフィッシュ

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.