サーフルアー ロッド

ジャンプライズ・かっ飛び棒130BRキャスト方法、飛距離は??

投稿日:2016年4月18日 更新日:

かっ飛び棒・かっ飛び棒・かっ飛び棒、ネット販売では売り切れ続出。

しかし実店舗ではそこそこ全カラー在庫として散見されています。

多分、ぶっ飛び君95sほどは売れないでしょう。

かっ飛び棒でヒラメ攻略

まずはこの130mmのサイズ・・・・今現在の日本海側サーフでこのサイズのベイトが

追われるということは稀です。

トビウオ、サヨリ、コノシロ・・・・・・

トビウオ、コノシロはこれから回遊があると思うがベイトとなるほどあまりこちらでは

数が多くは有りません。

コウナゴの90mmサイズが一番マッチザベイトでしょうからデカすぎますが

逆に周りが小さなルアーをキャストしている時はアピール度はMAXだと思います。

飛距離

使用ロッド、MAX35g、レギュラーテーパー、かっ飛び棒を垂らすとティップがしなってしまう

柔らかさです。

これを普段通りキャストすると多分いろいろトラブルでしょう・・・・・・

キャストに物凄く神経を使いました。

垂らしをエンドガイド辺りまで長く取り、後ろにロッドを寝かせた状態からキャスト、

またはペンデュラムキャストですが7割り程度の力でとにかく真っ直ぐに射出する必要があります。

ロッド破損にビビりながらのキャストは精神衛生上良くない・・・・・

そんなこんなでまっすぐ射出さえしてしまえば38gの自重とこの真っ直ぐな形もあり

IMG_20160418_152210

矢のように飛ぶが、

「ぶっ飛び君」シリーズではミスキャストなんてしたことがあったかな?と

別にキャスト能力に自信を持っているわけでは無いが、かっ飛び棒は10回に1回程度

ミスキャストをするとブルブル、ジャッポーン!! とそのデカさ故に着水も派手な感じで!!

飛距離は自分が使用するロッド、ライン同条件で

ぶっ飛び君は90~100m程度の飛距離に対して

かっ飛び棒は90~100m程度の飛距離。

ん~ほぼ飛距離は同じ程度にしか飛ばせてませんでしたね。

ぶっ飛び君はフルキャスト出来るのに対して・・・・なので背負えるMAX重量が60~70の

ショアジギロッドだともっと飛距離は出るのでしょう。

普段から50g~80gのメタルジグをキャストしている方なんかはもっと遠くへ飛ばせることが

出来ると思います。 

以前ご紹介した少しでも遠くへキャストするコツ この動画内で説明している通り

重みを感じながら真っ直ぐルアーを飛ばすイメージでキャストするとミスキャストが減りましたよ!

スイムやその他の事は、ちょっと動画を撮る計画があるのでその時にでも

ご紹介させてもらいます。

かっ飛び棒・・・・・あくまでもベイトサイズを意識する時の使用はありそうだが、

ぶっ飛び君95sと同じイメージを持たれている方が多いようなので

まったく別物だと思ったほうが良いと思いますよ。

誰でもが遠くへ飛ばせるルアーでは無く、MAX35gのMLロッドでもキャスト出来ましたが、

ぶっ飛び君95sの様に「誰もが楽に飛距離を出せるルアー」ではありません。

MLロッドでの使用は気を使う・・・・・・ロッドを選ぶルアーです。

下手くそだから飛距離が出ないルアーではなく、それなりの投げ方をしないとMLロッドでは

飛距離が出ない、と締めておきます。

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

-サーフルアー, ロッド
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.