[釣行記]同じフィールド、同じ時間、同じスポットで釣れる。

この日は仕事だったので

釣行時間は1時間~1時間半勝負。

昨日の磯マルに味を占めて、今日はヒラマサを。

 

思ったよりも波は高くてザブザブ。

空には雲が広範囲に広がっているため

朝マズメの薄暗さがより一層怪しさを増す。





昨日釣れた時間は、画像の撮影記録より

「5時30分」

 

いつでもキャストできる準備は出来ているが

なるべくルアーを見せたくないので

5時30分まで待機。

 

5時30分になり、待ちに待った1投目。

波は高くなってガチャガチャの波で磯際にはサラシが。

2…3投目、誘い出しでロングジャークは波が右から左からの波にアップアップで

綺麗に潜らないので

 

 

マリア・ラピード130Fを使い

ショートピッチで誘う。

 

3~4回ロッドアクションさせて、ストップを繰り返すと

ルアーをひったくる様なバイト!

その辺りには縦に大きなスリッドが入っているため

強引に浮かすと同時にエラ洗い。

このエラ洗いで完全に浮かび上がって勝負あり。

シーバスがサーフィンしてる・・・・・。

 

 

40cmくらいだろうか・・・・・。

ロッドパワーで浮かんでからは

ずっと水面をスケーティングと呼ぶかサーフィンしていた。

 

サイズはご覧の通りだが、

面白いのは釣れた時間帯。

「5時34分」

 

昨日と4分ほどの誤差はあるが

ほぼ同じ位置、ほぼ同時刻に釣れた。

 

その後は続かずここは回遊ルートではあるが

長居する場所では無いのだろうか?

そんな事を考えながら僅か1時間程度の実釣で

急いで着替えて帰ってシャワーを浴びて仕事へと。

 

来週も週末は連休で次こそヒラマサを!




-釣行記
-,