釣行記「2018年も無事生きていた」

仕事も繫忙期に入るは

天候も休日と合わないわでそろそろ年内の釣りは

終了感が漂う。

今年も良い魚と多く出会えて、なによりも

「無事生きていた」これに尽きる。

残念ながら今年も数名のアングラーが事故で命を落としている。

運命と言ってしまえばそれまでだけど、

どんな安全装備を身に付けていてもそれを防ぐことは出来ないし

安全装備を強要した所で

本人は事故に遭う確率など1%も予知していない。

それどころか、「自分は大丈夫!」

どこか自信を持っていたりもする。

 

事故が起きること自体は残念ですが

いつか自分の身にも起こり得る事として

普段からこんな時はどうすれば?と考えておくことも必要ですね。

それは、足を滑らすとか波にのみ込まれるや、

魚が暴れてフックが飛んでくる、危険生物を釣り上げた時まで

色んな事例も含めて。

「自分は大丈夫!そんな事起きない」ではなく

「もしも自分の身に起きた時にどうするのか?」

常日頃から楽しい釣りをする為にも

ぜひ考えてみてください。

前置きが長くなりましたが、2018年の釣りをまとめます。




 

2018年の釣りまとめ

詳しい釣行記は

カテゴリーから飛んで読んでみてください。

TFO釣行記

 

私の住む福井県は、年初めから大雪に見舞われ

九頭竜サクラマスシーズンは完全に釣りをする気さえも起きない程

2月は他にもいろんなことが重なり

釣りとは違う用件で出かけなければ行けない事も多く

バタバタした釣りシーズンの始まりでした。

用件の方は、「してやったり!」

まぁ上手くいったので春シーズンからは

釣りに集中するつもりが

人助けを頼まれると断れなく

釣りに行きながらもうわの空でルアーを巻いていた日も多かった。

そして大好きな夏に突入していく。

 

夏シーズンは寝ないで釣行することが多い。

2~3時間寝て、寝ぼけて海に行く位なら

陽が上がってしばらくで釣りを終えて寝た方が

ペースを掴めばずっと体調は良い。

大嫌いな、「寒さ」を一切感じない夏の有り難さを

特に感じた夏でした。

雪国に住んでいる者が言う言葉ではないけど・・・。

「冬は大嫌い」。

 

今年は本当にたくさんの根魚を釣りました。

キジハタがメインでしたが特別狙って釣っていた分けでは無くて

夏に磯で、ボトムを取っていたから釣れたが正解かもしれない。

ロックフィッシュと呼ばれるキジハタなどは

シンキングペンシルなどを使って中層や

シャロー域ではトップウォータープラグで釣れたこともあったが

基本的にはボトムを取った釣りの方が圧倒的に釣果が出ます。

自分は真鯛を釣りたくて、

鯛ラバを使いボトムを取る釣りをしていたわけですが

1回の釣行中10~20キャスト程度で

数多くのヒットを持ち込めた。

肝心の真鯛はチェイスを1度だけ見ただけで

全くの反応なし。

何かやり方を変えなければ来年も釣れないと思う。

そのやり方を考えながら釣りをするのがまた楽しいわけで

釣れるまで狙い続けたいと思う。

 

実際、真鯛が多く接岸する「乗っ込みシーズン」に

やっていないわけだが

また来年の楽しみということで。

何か目標がある人生は楽しい。

大きな目標は勿論だが、その前提に小さく達成できる目標があると

人は素晴らしい集中力を発揮する。

その集中力が成果に繋がる。

色んな事に挫折してしまい「三日坊主」と思う方は

達成可能な目標を持つことから始めるのが良いですよ。

 

 

少しずつ気温低下が始まった「秋」。

まだ冬とは呼べない10月、11月は天候と自分の休みが合わなく

釣りに行けない日が多く、どこかに出かけていた日も少なく

何をやっていたのか?分からない日が多かった。

人間1年を通して走り続けることは出来ないのかもしれない。

休憩、充電期間としてまた新たな目標に向かって!

 

まだ年内、釣りは可能な天候もあるだろうし

来シーズンの話をするにはまだ早いが

1月のジャパンフィッシングショーにも行く予定だし

2月から始まる九頭竜サクラマスでは自分の釣り意外で

写真を多く撮りたいと思っている。

兎に角、雪が多く降らないことを願い

日本各地で起こる災害も無い、

平和な2019年になることを願いたいです。

 




-釣行記
-