ロッド

シマノシーバスロッド最軽量この軽さは異常!「エクスセンス インフィニティ」

投稿日:2017年8月22日 更新日:

エクスセンス・・・・シマノが開発するロッド全ての

最先端技術が取り入れられた

『エクスセンス・インフィニティ∞』

スペックやエクスセンスシリーズとの比較を見てみましょう。

 

シマノ シーバスロッド史上「最軽量にして高強度」エクスセンス インフィニティ

 

シマノロッドにはエクスセンスシリーズにも勿論、

スパイラルXと呼ばれる技術が使われている。

 

スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を

斜め方向のカーボンテープで巻くことにより

サンドイッチ状にした3層構造。

斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。

構造を変えただけなので重量を増やすことなく

ネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。

シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

 

エクスセンスシリーズにはスパイラルXとハイパワーXの

2つのテクノロジーが相乗効果となり、

ロッドブランクスの本来の性能を発揮している。

 

エクスセンス・インフィニティはスパイラルXに

東レ(株)ナノアロイ®テクノロジーによる

高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

 

 

実はナノアロイ®テクノロジーは

ダイワ、アピア(風神AD、風神BB)

ヤマガブランクス(Blue Current TZ NANO)など

 

既に多くのロッドで取り入れられているテクノロジーですが

相反し両立が困難な関係性だった

樹脂の弾性率と破壊靱性について、

靱性を維持しながら弾性率を向上させるという効果を

実現させた革新的技術!と当時ニュースなどでも取り上げられて

バトミントン・テニス・ゴルフ・バイク等

この技術を使用して作られている製品は多くありますが

ナノアロイ®の唯一のデメリットは高価なことくらい。

 

ナノアロイ®をシマノテクノロジーでスパイラルXコアとして

ロッドにシマノ独自の設計・製造方法により、

曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。

シーバスロッドが乱立する現在、

メーカーは軽さを求める傾向ですが、

難しい話は終わりとして

エクスセンス・インフィニティの掲げるテーマ

『強く、軽く、美しく』を実現。

 

 

エクスセンス・インフィニティ スペック

 

エクスセンスシリーズスペック

shimano H.P

 

 

とにかく軽いエクスセンス インフィニティ

 

スペックをエクスセンスシリーズと比べると

10~20g、軽いのがエクスセンス・インフィニティ

ショアジギングロッドの10g~20gは

実際にそれほど違いは出ないが、繊細さを求める

シーバスロッドであれば軽い事は正義。

高級ロッドと数千円のロッド同じ調子でも、

柔らかさは同じなのに粘りや張りが違う。

 

軽くするためにナノテクノロジーを使い

価格は高くなるけど軽くて強いロッドが出来上がった。

これがエクスセンス インフィニティ。

乱暴に語ってしまえばそういう事です。




エクスセンス インフィニティ、グリップやエンドバッジも豪華

 

フラッグシップモデルとして持つ者を高揚させてくれるのが

ビジュアルで在ったり色彩であるが

グリップには高感度を実現するカーボンモノコックを使い

フラット形状の新しい形状。

 

これは使いやすそうですよね、ファイト時や

ランディング時にロッドをベストに素早く刺せる事も

考慮した形だそうです!

エンドバッジにはインフィニティマーク

更に、折り畳み式のフックキーパーも採用。

 

何から何まで豪華なハイエンドモデルが登場しましたが

エギングロッド並みに軽くなるシーバスロッド。

テクノロジーの進化は凄まじい。

ナノアロイ®自体は最近のテクノロジーではないにしろ

シマノ&東レナノアロイ®が組み合わさり

シーバスロッドの新時代が到来しましたね。

発売は2017年9月予定

 

 





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ロッド
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.