サーフルアー

シマノからサーフでヒラメを狙う圧倒的な飛距離を出すワームリグ「メタルドライブ」登場!

ルアーには大きく分けて3つの種類がある。

  • プラグ(プラスチック製品が主)
  • メタル(鉛やタングステンなど金属)
  • ワーム(ゴム製品)

と材質がそれぞれ違い、

適材適所どれも魚に対してアピールの仕方が違うが

魚に視覚でも波動でも、最も魚に近いと言われる

ワーム製品。

 

今回シマノが発売するワームとジグヘッドは

飛距離メインのルアーとして面白い製品です。

 




 

「メタルドライブ」スペックや使い方、発売日、価格は?

まずはメタルドライブのスペックからご紹介しましょう!

 

[シマノ メタルドライブ]

 

自重:32g

今回発売のメタルドライブは自重32gですが

品番を見ると「OO-332R」とあるので

もしかしたらこれよりも軽いメタルドライブも発売あるかもしれませんね。

(深読みしすぎかな?)

 

 

メタルドライブのメインスペックは

なんといっても飛距離。

ワーム製品はキャスト時にワームが空気抵抗となり

失速する製品も多いが、

メタルドライブは、ルアーアイ上部にワームが自由に移動できる

スペースがあり、キャスト時にメタル部分が先に飛んでいき

それを引っ張るような形でワームが着水間際に

元の位置に戻るという面白いリグとなっている。

これをシマノでは「アーチドライブシステム」と名付けたそうです!

 

アーチドライブの平均飛距離は80mオーバー!

 

一般的なサーフタックルでの平均飛距離も

安定して80mオーバーで、

誰が投げても飛ぶルアーといえるでしょう!

しかしMLロッドではちょっと厳しいと思います。

細身のルアーでは無いので振り抜かないと出ない飛距離だと。

Mクラスより上のロッドが適していると思いますが、

8月に発売される新しい

「ネッサ リミテッド」ではさらに飛距離を出せるでしょうね!

「NESSA LIMITED(ネッサ リミテッド)」サーフヒラメ至高のロッド!

 

 

 

小型ルアーは大きなフックを使用すると

フックが本体に絡んでしまい、キャストしても綺麗に泳がず

仕方なしに回収する場面も多いのですが、

そんなトラブルを防ぐために

メタルドライブは本体にフックを装着することが出来ます。

これ便利ですよね!

 

メタルドライブ価格

 

メタルドライブの価格は1,500円(税別)

シマノ 熱砂メタルドライブ
メタルドライブを購入時、シャッドも装着された状態での販売ですが

シャッド単品での購入も可能で

3本入りで970円(税別)

少し高いと思われるかもしれませんが

ワームシャッドは味とにおい成分配合で

耐久性も良い素材で作られています。

カラーは全10色からの発売。

 

 

シマノ メタルドライブ32gをご紹介しましたが

正直、シマノがこの様な形で発売するとは思っていませんでした。

個人的な意見となってしまいますが、

サーフヒラメアングラーに対する

メーカー間の競合は凄まじいものがあり、

当然大手メーカーは他社と同じような類似品を発売するには

いけないわけで、どうしてもこの様な奇抜なアイデアの商品と

なってしまったのでしょう。

確かにサーフで飛距離が出るジグヘッド・ワームリグは

有効だし、この製品もテストを重ねよく釣れる商品としての実績を元に

発売だとは思いますが、自然の魚を釣るルアー・・・・

もっとシンプルで良いのでは?と

シマノ熱砂シリーズだけではなく

サーフヒラメアングラーに対する多くのメーカーが

違う方向に行かないことを望みます。

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-サーフルアー
-, ,

© 2022 The firstone