ルアー

ルアーカラーを選択するという事。

同じルアーの全10色以上ある

ルアーカラーを全色揃える一部の人を除き

多くの方は揃えても数種類でしょう。

 

どう考えてもそのカラーは

人へアピールしているだけ

魚へアピールしてるのかどうか意味不明なカラーもある。

 

魚に聞いたわけではないけど、よく似た色で代用できる

カラーをそう思います。

メーカー側も発売時から一気に10色以上を展開し

思い描くカラーが無い方が少ない。

 

 

多すぎるルアーカラーは必要なのか?

 

 

人は魚に対してアピールするカラーを選びたい。

しかしメーカーは人に対して

「このカラー釣れそうだな」とアピールするカラーを

販売してこそ、商売として成立する。

まずここに矛盾が生じ、

魚と会話できないのだから当然こんな矛盾が生じる分けで

ルアーメーカーは幾重ものテスト釣行を重ねて

カラーも釣果数が良い物を選択して販売する。

 

メーカー(人に対して販売して成立する)

購入者(魚を釣ってこそ釣れるルアーとして成立する)

魚(小魚だと勘違いし釣られてルアーフィッシングが成立する)

 

しかし釣り人とは奇妙な物で独特の世界観を持つ。

「人の多い、人と同じ釣り場では釣りたくない」

 

しかし自分の釣った釣果は知ってもらいたい。

SNSが良い例です。

 

これをルアーに当てはめると

「人と同じカラーばかりでは面白くない」

自分の選んだカラーで釣りたい!

自分で選びたいわけですね・・・・・

12色発売されているカラーの中から、

釣具店でまず選び、そして釣り場でも選ぶ。

 

選択の連続が

「釣れた!」ではなくなくて「釣った!」感覚を

大きくさせる。

メーカーも実際は3色くらいがコスト的にも当然安いだろうが

10色程度は販売せざるを得ない。

ベイトカラーだけではなく、紫外線の強弱、

水の濁り、ボトムの色などなど・・・。





ここで面白い話が。

Ted を欠かさず観ている、大好きな方はいますか?

毎回斬新な内容でテーマに付いてプレゼンテーションが繰り広げられる

この番組ですが、面白い内容があります。

選択をしやすくするには

内容は「普段、人間が一日にどれだけ多くの選択をしているのか?」

この中でのジャムを題材にした実験が面白い。

 

24種類のジャムと6種類の様々な味のジャムを

お店の入り口に並べ、

どちらの設定がより多くの人が立ち止まって試食するのか?

結果

24種類のジャムは60%の人が試食し、

6種類のジャムは40%の人が食した。

 

しかし購入した傾向は

24種類のジャムを試食した人のうちたった3%

6種類のジャムを試食した人は30%もの人が

購入した結果となっている。

結果、6種類のジャムの味見をした人の方が

約6倍も購入する傾向が高い結果に!

 

面白いじゃないですか!

24種類もあれば、多くの方の目には留まるが、

購入する確率は

6種類と少ない選択肢で選んでもらった方が

購入する。

 

ルアーカラーもコーナーにたくさんのカラーが並んでいると

きらびやかでアピールするが、

実際には少ないカラー色を販売した方が

売り上げは伸びるのかも!?知れませんね。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2020/8/2

釣具ランキング~2020/08/02

長い長い梅雨が明けました。 毎年、梅雨の時期になると日本のどこかで水害が起きて 地域が発展することに必要な大河が突然牙を向く。 釣りをしている事で訪れたことは無いがプロアングラーの動画で観たりした 河川の名前もニュースなどで耳にするが、釣りを楽しめる河川が濁流となり大地を削り 家も人も文化も飲み込んでいく。 水はただ高い所から低い所に流れていくだけですが 人の思い出や大切な物、人の命までをも海に還してしまう。 水の怖さを知る事で、普段水辺で遊ぶ我々釣り人は水に感謝しないといけないと あらためて感じた長い梅 ...

ReadMore

釣行記

2020/8/2

凪トップシーバス祭り開催!

2020/08/02 04:30~0:7:30 中潮 風:微風 波:凪   釣りに向かう前に、釣具店の店長さんと「シーバスもソロソロですね~」と 話していた。 釣り場に着くと、強烈なイカメタル船の集魚灯でかなり海は明るい。 ライト無しで釣り場に辿り着いたほど。 しかし、04:00終了だったのか? 釣りを始める頃に突然消灯。 辺りが闇に包まれる。   1投目から磯マルだとは思うが、ララペン125に強烈な重みが乗る。 デカい!エラ洗いしないし、かなりの重量感で脇から腰にロッドを回そうとする ...

ReadMore

ルアー

2020/7/27

シマノルアー「フラッシュブースト全ラインナップ!」

シマノから発売されているルアーはここ数年大きく変化しています。 NEWモデルはもちろん、既存モデルもカラーと機能性が大きく変化している。   「キョウリンカラー」と「フラッシュブースト」 この2つの登場により、多くの既存シマノルアーがリニューアルされてきていますので 今回はシマノルアーの新たな機能「フラッシュブースト」をご紹介いたします。   シマノルアー「フラッシュブースト搭載モデル」全ラインナップ 最も早くフラッシュブースト機能が搭載されたのは、 オフショアキャスティングでマグロや ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/26

釣具ランキング~2020/07/26

4連休どう過ごされましたでしょうか? 個人的には釣りに行けた、釣りが出来たのは1日だけ。 土曜と日曜(早朝)は釣り場まで行きましたが、大雨または暴風で車から降りた瞬間に 自宅へUターン。 釣りは出来たかもしれないが、仕事の予定もあったのでまた来週でいいやと帰宅。 ベイトも良いサイズのカタクチイワシが溜まってるし海は良い状況ですね。   しかし、福井県内でまた新型コロナウイルス感染が出るなど、 落ち着きを取り戻していた田舎の暮らしはまた色々と厳しい状況に変わっていきそうです。 県外への往来を行かざ ...

ReadMore

魚の生態

2020/7/25

ヒラマサに殺されるかもしれない・・・

サメに襲われるのは分かるが、ヒラマサに水中深く引きずりこまれて 死ぬ可能性があるなんて・・・恐ろしい世界もありますね。   水中での魚の様子を見たい時に、ダイバーや魚突きをされてる方の動画を観ます。 巨大なヒラマサは単独行動で回遊するとよく言われますが、 魚影の濃い地域は壮大な群れで回遊してるのが分るし、 それなりにショアから泳いでいける距離でも群れでいるみたいですね! 動画の中では、前日と翌日に同じヒラマサと出会うなど、回遊ルートさえ分かれば 時合いを狙えば数日間は狙える。   ヒラ ...

ReadMore

-ルアー
-

© 2020 The firstone