シマノからサーフでヒラメを狙う圧倒的な飛距離を出すワームリグ「メタルドライブ」登場!

ルアーには大きく分けて3つの種類がある。

  • プラグ(プラスチック製品が主)
  • メタル(鉛やタングステンなど金属)
  • ワーム(ゴム製品)

と材質がそれぞれ違い、

適材適所どれも魚に対してアピールの仕方が違うが

魚に視覚でも波動でも、最も魚に近いと言われる

ワーム製品。

 

今回シマノが発売するワームとジグヘッドは

飛距離メインのルアーとして面白い製品です。

 




 

「メタルドライブ」スペックや使い方、発売日、価格は?

まずはメタルドライブのスペックからご紹介しましょう!

 

[シマノ メタルドライブ]

 

自重:32g

今回発売のメタルドライブは自重32gですが

品番を見ると「OO-332R」とあるので

もしかしたらこれよりも軽いメタルドライブも発売あるかもしれませんね。

(深読みしすぎかな?)

 

 

メタルドライブのメインスペックは

なんといっても飛距離。

ワーム製品はキャスト時にワームが空気抵抗となり

失速する製品も多いが、

メタルドライブは、ルアーアイ上部にワームが自由に移動できる

スペースがあり、キャスト時にメタル部分が先に飛んでいき

それを引っ張るような形でワームが着水間際に

元の位置に戻るという面白いリグとなっている。

これをシマノでは「アーチドライブシステム」と名付けたそうです!

 

アーチドライブの平均飛距離は80mオーバー!

 

一般的なサーフタックルでの平均飛距離も

安定して80mオーバーで、

誰が投げても飛ぶルアーといえるでしょう!

しかしMLロッドではちょっと厳しいと思います。

細身のルアーでは無いので振り抜かないと出ない飛距離だと。

Mクラスより上のロッドが適していると思いますが、

8月に発売される新しい

「ネッサ リミテッド」ではさらに飛距離を出せるでしょうね!

「NESSA LIMITED(ネッサ リミテッド)」サーフヒラメ至高のロッド!

 

 

 

小型ルアーは大きなフックを使用すると

フックが本体に絡んでしまい、キャストしても綺麗に泳がず

仕方なしに回収する場面も多いのですが、

そんなトラブルを防ぐために

メタルドライブは本体にフックを装着することが出来ます。

これ便利ですよね!

 

メタルドライブ価格

 

メタルドライブの価格は1,500円(税別)

シマノ 熱砂メタルドライブ
メタルドライブを購入時、シャッドも装着された状態での販売ですが

シャッド単品での購入も可能で

3本入りで970円(税別)

少し高いと思われるかもしれませんが

ワームシャッドは味とにおい成分配合で

耐久性も良い素材で作られています。

カラーは全10色からの発売。

 

 

シマノ メタルドライブ32gをご紹介しましたが

正直、シマノがこの様な形で発売するとは思っていませんでした。

個人的な意見となってしまいますが、

サーフヒラメアングラーに対する

メーカー間の競合は凄まじいものがあり、

当然大手メーカーは他社と同じような類似品を発売するには

いけないわけで、どうしてもこの様な奇抜なアイデアの商品と

なってしまったのでしょう。

確かにサーフで飛距離が出るジグヘッド・ワームリグは

有効だし、この製品もテストを重ねよく釣れる商品としての実績を元に

発売だとは思いますが、自然の魚を釣るルアー・・・・

もっとシンプルで良いのでは?と

シマノ熱砂シリーズだけではなく

サーフヒラメアングラーに対する多くのメーカーが

違う方向に行かないことを望みます。

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-サーフルアー
-, , , ,