スロージギング始めてみよう!「スローな動きで誘うショアスロー」

2017/10/05

自分はあまりメタルジグを使った釣りをしませんが

子供が「釣りをしたい!」とご希望で釣りデビューをさせる事に!

ライフジャケットなどの装備は購入し、ロッド・リールは自分の物で

使い回しできるが

どんなルアーで釣ってみたい?と聞くと

「小さい魚に似せてる方が釣れるんじゃないの?」とメタルジグを

指差すのでマッチザベイト!をいきなり意識しているのか?と

感心する親バカですが、子供なので飛距離がそれなりに出る

メタルジグから使わせてみようと思ってます。

 

ショアジギングで使うテクニック、シャクリと巻き!

 

投げて巻けば釣れる時は何でも釣れるだろうが、やはりアピールが大きい

ルアーアクションをさせた方が魚のスイッチは入る。

しかしショアジギングで行う、

ワンピッチジャークやジャカジャカ巻きと呼ばれるアクションは

子供の腕力には厳しいと思うので、そこで今流行の

ショアスローをさせてみたいと思っている。

 

スピニングスロー、ショアスロー、ワンピッチジャーク

呼び方は色々あるし、細かく言うとキリがないし

(体の負担を少なくさせる為の釣り方ではない事をご了承いただきたい。)

要はフォールでアピールさせる釣り方が子供にも一番負担が少ないのでは?と

思い、子供と一緒に動画でイメージトレーニング。




 

ブルーブルー・フォルテン・シーライド

ブルーブルー・フォルテン・シーライド一覧

ショアスローの原点はやはりこの釣り方で特に

フラットフィッシュや根魚などボトムに居る魚には

一番有効的ではないかと思います。

ジグを激しくアクションさせる様な動きでもなく

コツのパターンを掴めば子供でもそれなりの時間続けられるアクション。

スピニングスローの一番のポイント

「リフトしてからテンションを抜く」これが子供に出来るかどうか分からないが。

 

 

ジグが落ちるフォールでバイトを誘うショアスロー

 

ショアスローを前面に押し出した釣りを勧める

アングラーズリパブリック

フラットフィッシュから青物、根魚まで

3種類の、フォールスピード・フォールアクションが違う

ウェイトバランスのジグを展開中!

スローブラッドキャストシリーズ一覧

こちらもジグをアクションさせるというよりは

ティップで跳ね上げたジグのフォールが3種類ともに違い

あまり難しいロッド操作は必要としない。

 

 

シマノもショアスローに進出

そしてシマノもショアスローに!

コルトスナイパーフォールと呼ぶメタルジグもあるが

今回発売されるシマノ・コルトスナイパーワンダーフォールは

ショアスローに特化されたメタルジグとなっている。

従来のコルトスナイパーフォールの方がフォールスピードは遅いのだが

フォール姿勢は規則的な落ち方をするのに比べ

ワンダーフォールは不規則な落ち方をし、

より細かくフラッシングしながら細かくバイブレーションしながら

アピールしてくれます。

 

30g~60gまで展開中!

コルトスナイパー・ワンダーフォール一覧

 

アジから太刀魚まで何でも狙える。

3つのフォールアクションが魅力的なメタルジグをご紹介しましたが

子供の体力でもロッド操作を激しくしなくても良い事と

激しくないのにアピール抜群の理に適う3つのショアスローメタルジグのご紹介でした!

簡単なショアスローやり方




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, , , , , ,