ルアー

2017年秋シーズン、ヒラメ・ヒットルアー!

久し振りに統計を取ってみました。

SNS、ブログ等でルアー名を公開している画像、

オリジナルカラー以外で

通常販売されている物に限る中で

統計を取ってみました。

 

2017年ヒラメ釣れてるルアー

 

今から大きなサイズが釣れるヒラメですが

既にあちこちで大型ヒラメ、座布団ヒラメが乱舞しています!

 

今回は合計102匹からヒラメが釣れたルアーの統計を

取りましたが、2016年に大流行したあのルアーはどうなっているのでしょうか?

 

更に入り乱れる!!2017年ヒラメヒットルアー

 

2017年春ごろから、昨年あれだけヒラメヒットルアーだった

シマノ・スピンビームが鳴りを潜め

代わりにどんなルアーが活躍しているのでしょうか?

 

  • ミノー 15匹
  • シンキングペンシル 20匹
  • ワーム 30匹
  • メタルジグ 25匹
  • バイブレーション 12匹

 




ヒラメミノー

シマノ・サイレントアサシン

デュオ・ファルクラム/アクシオン

この2種がヒラメミノーでは強いですね!

 

サイレントアサシンに関してはサイズ、F・S問わず、

シーバス、ヒラマサ、青物全般、圧倒的釣果数だと思います。

それだけシリーズが充実しているのもありますが

割と日本全国どこでも簡単に手に入る事もあるのかもしれませんね!

エクスセンス サイレントアサシン シリーズ

ファルクラム/アクシオンに関しては、タダ巻しているだけで

深いレンジを引いてこれるお手軽さもあるし、

静と動のローテーションを組めることも人気か!?

デュオ ファルクラム・アクシオンシリーズ

 

ヒラメシンキングペンシル

ジャンプライズ・ぶっ飛び君95S

シマノ・ドリフトスイマーⅡ 100HS

実はここに最近発売されたあのルアーが大きく関与している。

 

ぶっ飛び君95Sに関しては何も言いますまい。

この安定した飛距離を出すルアーをサーフで使わない手は無い!

ジャンプライズ・ぶっ飛び君95S

そして話題の

シマノ・熱砂ドリフトスイマーⅡ100HS

ぶっ飛び君と同じように安定した飛距離。

100㎜ 30gとサーフロッドで一番使いやすいダブルインパクト!

貫通ワイヤー使用も嬉しい。

さらに価格の安さ!

1,400円台で購入できますね。

そりゃ使う人も増えるでしょう!

シマノ・熱砂ドリフトスイマーⅡ 100HS

ヒラメワーム

デュオ・ビーチウォーカーハウルシリーズ

ワームは一時期よりも落ち着いた流れですが

ヘッドとシャッドを別メーカーでカスタマイズして使うなど

一番自由度と言う意味では面白いのがワームですね!

しかし、ワームに拘りを持つ方も多く

ワームしか使わない人も居れば、ワームを一切使わない人も居たり

好き嫌いが大きく分かれるルアーでもありますね。

地域でよく使われているワームも違ったりで色々と興味深いが

全体的にヒラメ狙いのワームとしてはハウルが強すぎますね。

デュオ・ビーチウォーカーハウルシリーズ

ヒラメメタルジグ

デュオ・ビーチウォーカーフリッパー

シマノ・スピンビーム

スピンビームが相変わらず釣果を出しているが

それを上回る形で出てきたのがフリッパー。

 

メタルジグでは無いがジグミノーカテゴリーに入る

ジャンプライズ 飛びキング105HS 

 

同じルアーで釣る事に飽きた人やあれだけ多くの釣果が出れば

使わない人も出てくる。

何が大きく違うのか?あまり変わらない。

違いがあるカギは・・・・リトリーブスピード。

どちらが釣れるとかそういう事ではなく

巻く速度で使い分けをしている方が多いですね。

デュオ ビーチウォーカー・フリッパー

シマノ スピンビーム

 

 

 

今年からまたひとつ飛びぬけてきたのが

ジャクソン・飛びすぎダニエル

見た目バイブレーションの様にも見えるが

「プレートジグ」と呼ぶそうです。

これまたよく飛ぶ。

使い方は上の2種と同様、基本的にはタダ巻。

メタルジグとバイブレーションの良い所どりで

今後人気が出るルアーは、

このようなあったようで無かったルアーなのかな?と

思ったりします。

ジャクソン・飛びすぎダニエル

2017ヒラメヒットルアー、なんか色々似てない?

 

気付いた方も多いと思いますが、

人気になるルアーは、何かに似てる・・・・

これだけ多くのルアーが発売されているのを考えても

似てる部分があるのは仕方の無い事ですが

スイムがウォブンロール、ローリングで云々よりも

ヒラメルアーは単純明快な

「飛ぶ」「レンジをキープ出来る」「30g程度の重さ」

これが良く釣れる=誰でも使いやすい

こんなルアーがヒラメにも人間にもアピールしている現状ですね。





にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2020/9/20

1か月ぶりの釣り。

2020/09/20 14:00~17:30 風:微風 波:90cm 約1か月ぶりの釣り。 昨日も自宅で仕事をしていたため、朝マズメ起きる体力が無い。 この時期はいつもそうだ。 寝ないで行くには朝陽が昇る時間が遅すぎるので、釣りに行くバランスが崩れる。 波情報を見ると、1m・・・・。 ダメでもドライブ気分で海に向かう。 漁港や磯には釣り人の姿が多い。 エギングを楽しんでる人も居れば、家族でアジを釣ってるのかな? やっぱり大自然で楽しめる釣りは良い。 マスクをしなくても楽しめるレジャーは少なく、釣りは小さい ...

ReadMore

エギング

2020/9/19

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「アクション出来ないなら巻くだけで釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

-ルアー
-, , , , ,

© 2020 The firstone