ルアー

ルアーディスプレイスタンドでメモリアルな思い出を!

人間の収集癖(コレクター)は狩猟本能だそうで、

映画『プレデター』でも人骨を集めるプレデターが

映し出されていましたね!

 

人は多かれ少なかれ何かを集めたり

記念の品を大事に持っておきたいと思うものですが

釣りにおいて

今ではスマホ等のカメラで撮影した画像こそが

釣果の証としてコレクターするものと大事にされている方は多い。

 

更にはその魚を釣ったルアーをメモリアル・ルアーとして

大事にディスプレイされてる方も多くいますね!




 

ルアーディスプレイスタンド

 

ルアーディスプレイする方法で一番お手軽なのは

専用の「ルアー ディスプレイ スタンド」を使う事が

一番手っ取り早い。

 

昔は100円で買えたけど今は200円・・・・。

簡単にきれいにルアーを良い角度で置くことが出来るので

なかなかおススメです!

 

そしてコレクションケースへ入れて完成です。

今はコレクションケースも色んな物があり

デザイン、色も豊富で

 

 

コレクションケースに隙間が出来るのが嫌で

また更にコレクショングッズが増えていく流れに・・・・

商品はまた手に入ることは出来てもメモリアルな思いがある品は

思い入れが違って、見る度にその時の

「嬉しかった気持ち、ずっと耐えてきて実った思い・・・」

自分のそれまでの軌跡を思い起こすためにも

ルアーディスプレイお勧めします!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

その他

2020/2/26

釣具メーカーアウトレットが安い!

Amazonではタイムセールよりも「Amazon釣具掘り出し物セール」の方が安い事は 今まで何度もお伝えしましたが、 それよりも安くお得に釣り具関連商品を手に入れられるかもしれないのが、 メーカー公式ホームページで開催している「アウトレット商品」 アウトレット商品を扱ってるメーカーを見てみましょう。   アウトレット品を扱ってる釣具メーカーホームページ アウトレット品は サイズが少なかったり、箱に傷があったり、モデルチェンジ前の製品だったりしますが とくべつ使用する上では問題なかったりの商品です ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/25

釣具ランキング~2020/02/25

フィッシングショーでお会いした方々と沢山の情報交換もし、 充実した日となりました。 釣れる時期がおかしい、沖でしか釣れない、など もうすぐに春シーズンが始まりますが、暖かいから釣れる時期も早くなるのか? そう簡単にはいかない春シーズンとなりそうな予感ですが それはそれでまた楽しいのが釣りです。   1匹の価値をドンドン重くしていき、たくさん釣り場へ通い苦労して釣りあげた1匹は 「この年、ぜんぜん釣れなかったんだけどやっと釣れた1匹なんだよね~」と 友達や家族に自慢してあげてください(笑) &nb ...

ReadMore

ルアー

2020/2/24

ぶっ飛び君75HS、このクラス最高飛距離のダウンサイジングモデル

ジャンプライズから誰でもミスなく飛距離を出すことが出来るルアー 「ぶっ飛び君シリーズ」に新たなサイズモデルが登場しました。 飛距離が飛ぶだけではないぶっ飛び君シリーズのNEWモデルは ルアーアイが2か所付、アングラーの使用したい状況に合わせ2つの使い方が可能。 詳しく見ていきましょう!   ぶっ飛び君75HSのスペックや使い方は?貫通ワイヤーで対青物にも使える。 ぶっ飛び君75HSスペック 全長:75㎜ 重量:15.5g アクション:ハイピッチワイドロール+水平スライドダート リング:オリジナル ...

ReadMore

ルアー

2020/2/22

ルアーカラーおススメなのは本当はあの色!

今までこのサイトの中でもルアーカラーに関しては多くの事をご紹介し 自分でも実践し、研究結果として公表されていることなどもお伝えしてきました。 当サイト内でもルアーカラーの記事は44件。 TFO1.COM ルアーカラー記事   ルアーカラーなんて関係ない。 その一言は色んな意味を含んでいて、 ルアーは巻いて動かすのだから色に反応するのではない、波動に反応する。 こう考えれば説明が付く。 アピールカラーと呼ばれる色は動いていない状況でも人の目には派手さでアピールする。 魚にはどうなのだろうか? &n ...

ReadMore

その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

-ルアー
-

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.