ルアー

シマノ青物トップウォータープラグ「オシアペンシル 別注平政」

シマノから発売している多くのルアーカラーが2019年より登場した

『狂鱗カラー(キョウリン)』に変わります。

そして今回ご紹介する青物トップウォータープラグの『オシアペンシル 別注ヒラマサ』も

狂鱗カラーが発売されました。

(ヒラマサクリア・スケサンマに関しては既存と同じ)

 

名前に”平政”と付けられているこのルアーを深く掘り下げていきましょう。




 

青物用ダイビングペンシル「別注平政」

別注ヒラマサは水面をアピールするトップウォータープラグでその中でも

ダイビングペンシルと呼ばれるカテゴリーに入るルアーです。

多分、磯・船のトップゲームをする方の中で持っていない方はいないかもしれない有名ルアーですが

そもそもがダイビングペンシルの種類は多く出ているわけではないし、

ハンドメイド&高額ルアーとしての販売が多いトップウォータープラグの中では

最も安くどこの釣具店・WEBでも手に入りやすいなどの理由から所持している方が多い。

 

ダイビングペンシル「別注平政」の青物を誘うアクション

シマノH.PではS字ダイブ系アクションと表現されていますが

多くのダイビングペンシルがそれです。

別注ヒラマサを使う一番の理由は、ミスダイブがとても少ない!

ダイビングペンシルはタダ巻きでも使えない事は無いが、ダイブした後の水面に顔を出す浮力やスイムに勢いを出すために

ロッドを大きく、時には細かく動かしながらラインスラッグを作りながら使います。

凪の日は特別複雑な事をしなくても多くのダイビングペンシルでしっかりとダイブしてアクションしますが

波が高く荒れた日は波の高低を見ながらそれに合わせてロッド操作とラインスラッグを操る為に

どうしてもミスダイブ・・・・水面をスケーティングしてしまいダイブしなかったり、

思う様な浮き上がりをしなかったりを連発したりしてしまう時があります。

もちろんそれは人の感じる事なので、ミスダイブの方が魚にとっては興味を示すアクションだったりすることもありますが

しっかりダイブさせて浮力で浮かび上がった瞬間のバイトが多く、その””がミスダイブした時は作れなく

魚がフックに乗らなかったりするミスバイトに多く繋がります。

必ずしもミスダイブしない綺麗なダイビングアクションじゃなければヒットにつながらないのではありませんが

魚がチェイスしたときにミスダイブを連発してしまいUターンして魚が消えてしまった経験もあるでしょう。

 

別注ヒラマサはそのミスダイブがとても少なく、誰が使っても綺麗にダイビングしてくれる

青物トップウォーターゲームを始める際にも必ず購入をした方が良いルアーとも言えますね!

経験を積めば、凪の日は敢えて、綺麗なダイビングアクションよりもアンバランスなトリッキーな動きをする

ダイビングペンシルが良いと思ったりもしますが

まずはしっかりとロッドとライン操作をすれば確実にアクションしてくれる

『別注平政』はおススメですよ!

 

シマノ 別注ヒラマサ スペック

サイズ:145mm/160mm/190mm/220mm

  自重:46g     / 57g     / 70g     / 114g

145/160サイズには#2/0のトリプルフック付き

190には#3/0

220には#4/0

カラーは全6色

※スケピンクはラインナップから外れたようです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ オシアペンシル別注平政 130F XU-T13S 004 ヒラマサクリア
価格:1901円(税込、送料別) (2019/3/31時点)

楽天で購入

 

 

 




釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

© 2022 The firstone