ルアー

シマノ青物トップウォータープラグ「オシアペンシル 別注平政」

投稿日:

シマノから発売している多くのルアーカラーが2019年より登場した

『狂鱗カラー(キョウリン)』に変わります。

そして今回ご紹介する青物トップウォータープラグの『オシアペンシル 別注ヒラマサ』も

狂鱗カラーが発売されました。

(ヒラマサクリア・スケサンマに関しては既存と同じ)

 

名前に”平政”と付けられているこのルアーを深く掘り下げていきましょう。




 

青物用ダイビングペンシル「別注平政」

別注ヒラマサは水面をアピールするトップウォータープラグでその中でも

ダイビングペンシルと呼ばれるカテゴリーに入るルアーです。

多分、磯・船のトップゲームをする方の中で持っていない方はいないかもしれない有名ルアーですが

そもそもがダイビングペンシルの種類は多く出ているわけではないし、

ハンドメイド&高額ルアーとしての販売が多いトップウォータープラグの中では

最も安くどこの釣具店・WEBでも手に入りやすいなどの理由から所持している方が多い。

 

ダイビングペンシル「別注平政」の青物を誘うアクション

シマノH.PではS字ダイブ系アクションと表現されていますが

多くのダイビングペンシルがそれです。

別注ヒラマサを使う一番の理由は、ミスダイブがとても少ない!

ダイビングペンシルはタダ巻きでも使えない事は無いが、ダイブした後の水面に顔を出す浮力やスイムに勢いを出すために

ロッドを大きく、時には細かく動かしながらラインスラッグを作りながら使います。

凪の日は特別複雑な事をしなくても多くのダイビングペンシルでしっかりとダイブしてアクションしますが

波が高く荒れた日は波の高低を見ながらそれに合わせてロッド操作とラインスラッグを操る為に

どうしてもミスダイブ・・・・水面をスケーティングしてしまいダイブしなかったり、

思う様な浮き上がりをしなかったりを連発したりしてしまう時があります。

もちろんそれは人の感じる事なので、ミスダイブの方が魚にとっては興味を示すアクションだったりすることもありますが

しっかりダイブさせて浮力で浮かび上がった瞬間のバイトが多く、その””がミスダイブした時は作れなく

魚がフックに乗らなかったりするミスバイトに多く繋がります。

必ずしもミスダイブしない綺麗なダイビングアクションじゃなければヒットにつながらないのではありませんが

魚がチェイスしたときにミスダイブを連発してしまいUターンして魚が消えてしまった経験もあるでしょう。

 

別注ヒラマサはそのミスダイブがとても少なく、誰が使っても綺麗にダイビングしてくれる

青物トップウォーターゲームを始める際にも必ず購入をした方が良いルアーとも言えますね!

経験を積めば、凪の日は敢えて、綺麗なダイビングアクションよりもアンバランスなトリッキーな動きをする

ダイビングペンシルが良いと思ったりもしますが

まずはしっかりとロッドとライン操作をすれば確実にアクションしてくれる

『別注平政』はおススメですよ!

 

シマノ 別注ヒラマサ スペック

サイズ:145mm/160mm/190mm/220mm

  自重:46g     / 57g     / 70g     / 114g

145/160サイズには#2/0のトリプルフック付き

190には#3/0

220には#4/0

カラーは全6色

※スケピンクはラインナップから外れたようです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ オシアペンシル別注平政 130F XU-T13S 004 ヒラマサクリア
価格:1901円(税込、送料別) (2019/3/31時点)

楽天で購入

 

 

 




エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.