シマノ青物トップウォータープラグ「オシアペンシル 別注平政」

シマノから発売している多くのルアーカラーが2019年より登場した

『狂鱗カラー(キョウリン)』に変わります。

そして今回ご紹介する青物トップウォータープラグの『オシアペンシル 別注ヒラマサ』も

狂鱗カラーが発売されました。

(ヒラマサクリア・スケサンマに関しては既存と同じ)

 

名前に”平政”と付けられているこのルアーを深く掘り下げていきましょう。




 

青物用ダイビングペンシル「別注平政」

別注ヒラマサは水面をアピールするトップウォータープラグでその中でも

ダイビングペンシルと呼ばれるカテゴリーに入るルアーです。

多分、磯・船のトップゲームをする方の中で持っていない方はいないかもしれない有名ルアーですが

そもそもがダイビングペンシルの種類は多く出ているわけではないし、

ハンドメイド&高額ルアーとしての販売が多いトップウォータープラグの中では

最も安くどこの釣具店・WEBでも手に入りやすいなどの理由から所持している方が多い。

 

ダイビングペンシル「別注平政」の青物を誘うアクション

シマノH.PではS字ダイブ系アクションと表現されていますが

多くのダイビングペンシルがそれです。

別注ヒラマサを使う一番の理由は、ミスダイブがとても少ない!

ダイビングペンシルはタダ巻きでも使えない事は無いが、ダイブした後の水面に顔を出す浮力やスイムに勢いを出すために

ロッドを大きく、時には細かく動かしながらラインスラッグを作りながら使います。

凪の日は特別複雑な事をしなくても多くのダイビングペンシルでしっかりとダイブしてアクションしますが

波が高く荒れた日は波の高低を見ながらそれに合わせてロッド操作とラインスラッグを操る為に

どうしてもミスダイブ・・・・水面をスケーティングしてしまいダイブしなかったり、

思う様な浮き上がりをしなかったりを連発したりしてしまう時があります。

もちろんそれは人の感じる事なので、ミスダイブの方が魚にとっては興味を示すアクションだったりすることもありますが

しっかりダイブさせて浮力で浮かび上がった瞬間のバイトが多く、その””がミスダイブした時は作れなく

魚がフックに乗らなかったりするミスバイトに多く繋がります。

必ずしもミスダイブしない綺麗なダイビングアクションじゃなければヒットにつながらないのではありませんが

魚がチェイスしたときにミスダイブを連発してしまいUターンして魚が消えてしまった経験もあるでしょう。

 

別注ヒラマサはそのミスダイブがとても少なく、誰が使っても綺麗にダイビングしてくれる

青物トップウォーターゲームを始める際にも必ず購入をした方が良いルアーとも言えますね!

経験を積めば、凪の日は敢えて、綺麗なダイビングアクションよりもアンバランスなトリッキーな動きをする

ダイビングペンシルが良いと思ったりもしますが

まずはしっかりとロッドとライン操作をすれば確実にアクションしてくれる

『別注平政』はおススメですよ!

 

シマノ 別注ヒラマサ スペック

サイズ:145mm/160mm/190mm/220mm

  自重:46g     / 57g     / 70g     / 114g

145/160サイズには#2/0のトリプルフック付き

190には#3/0

220には#4/0

カラーは全6色

※スケピンクはラインナップから外れたようです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマノ オシアペンシル別注平政 130F XU-T13S 004 ヒラマサクリア
価格:1901円(税込、送料別) (2019/3/31時点)

楽天で購入

 

 

 




-ルアー
-, ,