リール

2021シマノNEW釣具ラインナップ紹介!

2021年シマノから発売される釣具が公開されました。

いろんな思いや意見もありますが、個人的に思うことは・・・

「釣具の進化はすごいスピードで進んでいる」です。

今回発表された製品は

1~2年前に発売されている機能性を搭載しているものばかりではありますが

価格面を含めた”進化”です。

5万円も出せば、シマノリールの最高峰の機能を持ったリールが使えるわけですよ!

2021ツインパワーSW 予約

デザインや所有欲を満たすためには、ステラSW。

サブリールや、一つのリールにそこまで価格を出せない方にはツインパワーSW。

デザインは毎回新たなカラーになる度に、否定的な意見も当然出ますが

個人的には

「釣具のデザインは黒か金しかないみたいな、リール類総じて単調な色から

違ったデザインカラーがあっても良いのでは?」と

大手メーカーの余裕すらを感じるように受け取っています。

では2021年発売の個人的に気になる製品を絞ってご紹介しましょう!

 

2021シマノNEW釣具ラインナップ

2021シマノロッド

2021シーズン、ショア用の気になるロッドとしては

マイナーチェンジが多く、新しいモデルとしてのロッドは登場していません。

 

[コルトスナイパーBB] シマノ公式H.P

コルトスナイパーの装飾などを省いてロッドとしての性能だけで価格を抑えた

コルトスナイパーBBの定価は20,600円~23,400円で

80%で販売でも16,000円~19,000円程度で

ショアジギングを始めたい方や、釣行回数が少ない方、ショアジギングロッドとして

この価格で購入できるのは嬉しいですね。

 

[コルトスナイパーSS] シマノ公式H.P

なんとコルトスナイパーSSからは振り出しモデルが登場!

2ピースモデルの10ftだと、157,0cmだが、

振り出しモデルはなんと、117.6㎝。

たかが40㎝かもしれないが、されど40㎝。

磯へショアジギングで通うアングラーにとって釣り場に着くまでの道は険しい。

長いものを持ち片手が完全に使えないということは危険度が上がる。

それを少しでも短くなることでバランスを取りやすくなり機動性UPとなる振り出しモデル。

釣りの内容が変わるロッドではなく、釣り場に立つまでのことを考え

使用者が増えれば面白いかもしれないが、ざぶざぶ波がかかる磯でのショアジギングで

メンテナンスや耐久性はどうなのか?注目していきたい。

 

2021シマノリール

2021年のシマノリールは人気機種のツインパワーシリーズから

ツインパワーSWとツインパワーXDの2機種が登場!

 

[2021ツインパワーSW]

シマノリールフラッグシップモデル「ステラSW」と

同機能を有し、すでに予約サイトでは実売価格4万円~6万円で

2021ツインパワーSW 予約

14000番手までのタックルバランスであれば

「大体の魚に通用しますよ!」とシマノテクノロジーの進化と余裕を見せつけられているようで

素晴らしいリールが登場したと思う。

SWシリーズでも巻きの軽さなど”重くて上等!”な時代は過ぎ去り

ファイト中も自重の重いルアーを使用していても巻きの軽さは「軽いとやっぱ楽だよね!」

巻きの軽さを実現したインフィニティドライブは

SWシリーズの概念を超えましたからね。

シマノリールの一番の問題点ラインローラーの弱さは従来比10倍以上と

改善されたようなのですが今後に大注目です!

 

[2021ツインパワーXD] シマノ公式H.P

ボディはツインパワー、

ローターはヴァンキッシュ、

スプール材質はステラSWと同じものが組み合わさっているツインパワーXD。

自分の周りではステラSWに次ぐ使用者の多さだったりしますが、

酷使するとギアが空回りするトラブルも出ていたが、その辺りも解消されているでしょう。

旧モデルよりもさらに軽くなり、サーフ・磯と兼用できるリールとしても良いし

初心者から始めた釣り人の2台目のリールとして

自分はこのツインパワーXDを耐久面や価格ともにオススメ出来るリールです。

 

その他にはエクスセンス、久しぶりに名前を聞いたアルテグラもフルモデルチェンジ。

シマノ公式H.P リールページ

 

2021シマノルアー

ルアーに関しては狂鱗(キョウリンカラー)とフラッシュブーストで

マイナーチェンジのルアーがほとんど。というか

今後すべて狂鱗、フラッシュブースト搭載にしていくのか?と思う程

釣果の実績も出ているし他メーカールアーとの

”真似できない大きなオリジナリティ”となりましたね。

もう何種類るのか分からないサイレントアサシンシリーズはマトリクスがあるので

ご参考に!

エクスセンス マトリクスPDF

 

一部フラッシュブースト搭載のエギなど、未だに品薄で購入しづらい状況は

来シーズンも続くでしょうね。プレミア価格まで付いてたりする。

だってアクションしなくても秋の新子シーズンだと釣れちゃうから。

シマノ セフィアクリンチ フラッシュブースト最安値

 

2021シマノ新製品その他気になる物

ロックショアウエットブーツ(ウォータードレイン・ピンフェルト)

足裏部分に水抜きがあり、濡れること前提の自分の釣りには

ぜひ使用してみたいと思うが、スパイクピン仕様がないことと

価格が高い!定価17,000円です。

 

シマノ2021新製品には技術力の高さを魅せ付けられた

自分で触れたわけでは無いが、今シーズンのシマノ新製品は

フルモデルチェンジした製品は少なく新型コロナウイルスの影響も大きく関係していると

思いますが、

低価格のモデルでもシマノブランドを体感できますよ!と製品全てレベルの底上げが

加速しているように感じました。

当然、使用していくうちに不具合なども出てくるかもしれないが・・・。

 

2021年3月にシマノは100周年を迎えます。

シマノ100周年記念ティーザーサイトが動き出した!

 

特別なカラーのステラやもしかするとシマノ初代スピニングリール

『DUX Reel』が復刻される?なんてサプライズがあるかもしれませんね。

楽しみにその時を待ちたいと思いますし、

釣り人口は益々拡大していくと思います。

釣りを始める方に、シマノ製品は素晴らしいから。とオススメ出来る

ロッド・リール・ルアーを、次の100年間も作り続けて欲しいと願います。

 

 

 

 

 

 

釣具ランキング

2021/3/2

釣具ランキング~2021/03/02

皆さんの中で釣りってなんですか? 釣り人の数だけ色んな思いがあり 美味しい魚を食べたい・家族に食べさせたいから釣りをする 魚との駆け引きを楽しむ 大自然に包まれ無になれる もっと多くの釣りを楽しむ理由があると思います。 一つ大事な事は、釣りは誰かと競うものではないってこと。 競う釣りもあります。 しかしそれはプロだったり、目的がある時だけのもので 常日頃から、SNSでサイズ争いや釣れた数争いは釣り人として・・・ 人としての常識を惑わし、一歩踏み間違えれば悪魔の囁きが近寄ってきます。 釣り禁止場所に入るよう ...

ReadMore

その他

2021/2/26

「MOFT X」全世界で大ヒットしたスマホスタンド使ってみた!

クラウドファンディングで17,000人超えと、記録的な支援者を獲得した 多機能スマホスタンド「MOFT X」 現在ではスマートフォンだけに留まらず、 タブレットスタンド、PCスタンドなど多くの関連製品も登場しています。   【期間限定値下げ】 ノートパソコンスタンド Macbook/Macbook Air/Macbook Pro/iPad/ノートPC MOFT PCスタンド 軽量 MacBook テレワーク デスク 薄型 ms001 価格:2180円(税込、送料無料) (2021/2/26時点) ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/19

釣具ランキング~2021/02/19

一気に10度以上の日が続いたかと思うと、突然の雪。 そして週末の最高気温は19度と人の感覚を狂わせるような寒暖の差。 三寒四温の言葉通り、少しずつ春に向かうのだが 気温だけ先走って魚はいつもの通りの時期からしか接岸しないことがほとんど。   「いつも釣れ始めるころなのに今年は遅れてる」 この言葉はそのシーズン魚が釣れないと過去のデータが表す。 それくらい釣れ始める時期は重要で、今年の春はどうなのか?楽しみですね!   釣具ランキング~2021/02/19 No.1 シマノ セフィアクリ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2021/2/18

『スマホ車載ホルダー』メカ好きには堪らないスマホ車載充電器ホルダー

車の中でスマートフォンをどのように利用していますか? 音楽を聴いたり、ナビとして利用したり自分だけの空間として お仕事の休憩時間に情報を見たりゲームなどで気分転換したりなど 車の中でスマートフォンを楽しむ方法はたくさんありますね。 ※ながら運転、走行中の携帯電話やカーナビといった操作は道路交通法違反です。   どれだけバッテリーが大容量となっても、 スマホ本体の機能性も新しいモデルが出る度にUPし、バッテリー充電は欠かせない。   100Vコンセントが無くても、 モバイルバッテリー 車 ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/2/9

釣具ランキング~2021/02/09

福井県内河川で開幕したサクラマス釣り。 今日まで釣果がまったく確認されておらず、サクラマスは遡上していない模様です。 それでも川を見れば何人かは必ずルアーを流している。 行けば釣れるよりも、”通わないと釣れない本来の厳しい釣りに戻っただけ”と 毎年釣果を上げる方々は意外に冷静だったりもするが、 地元の方と県外から遠征してくる方ではモチベーションも違い 「行くからには釣って帰る!」と日の出から日の入りまでロッドを振り続ける。 何年か前に出会った、「10年通って初めて釣れました」 スマホに映ったサクラマスの写 ...

ReadMore

-リール
-, , , , ,

© 2021 The firstone