サクラマスルアー

サクラマスルアー「ダイワ ワイズミノー櫻鱒スペシャル 九零FS」

今回ご紹介するルアーはその名にサクラマスと入っている

『ダイワ ワイズミノー櫻鱒スペシャル九零FS』をご紹介します。

九頭竜サクラマスでもボトム攻略には持って来いのルアーとなってますよ。




「ダイワ ワイズミノー櫻鱒スペシャル 九零FS」スペックやカラー

スペック

ワイズミノー櫻鱒スペシャル九零FS

  • サイズ:90㎜
  • 自重:15g
  • フックサイズ:ST-36BC #6トレブル

カラー全10色の展開ですが、

今回福井県でダイワモニターとして活動している当サイトでもお馴染みの

「橋本隆志」氏

九頭竜川モンスターシーバス!「一線」

橋本氏プロデュースカラーが上州屋オリジナルカラーとして発売されました!

九頭竜土管ピンク

ホームグラウンドである九頭龍川でのミノーイングによるサクラマス狙いにおいて、主流となるのがミッドダイバー系やディープダイバー系のミノー。

多くの人がそんなMD系やDD系を投げる中、他と違う攻め方が出来るワイズミノー櫻鱒スペシャルのヘビーシンキングが有利になる状況が多々あり、

前者では攻めきれないサクラマスに有効的な事は実証済み。

そんなワイズミノー櫻鱒スペシャルに去年新しく三色が追加されたのですが、その中でもライムグリーンというカラーが個人的に威力を発揮してくれました。

そこで今回発売される「ドカンピンク」というカラーに関してのコンセプトのですが 、

①自分の主軸となるワイズミノーのライムグリーンからのローテーションを前提としてカラーを考えさせてもらいました。

②ライムグリーンなどのゴールドベースのホロによるフラッシングの質と別の質のフラッシングでアピールさせたかったので

ボディーはシルバーアルミメッキ調(日に翳すとマジックミラーの様に透けるホロを採用しステルス効果とアルミのフラッシングで明滅効果を発揮)で作って頂きました。

これは実際シーバスフィッシングのデイゲームでも有効な時があり、ホロ系のフラッシングに反応が薄い時、メッキ系のパカンパカン!としたフラッシングに口を使ってくれた経験が多い事から

有効では無いかと提案させて頂きました。

③バックカラーは実績の高いピンク系をチョイスさせて頂きました。

(ヘッドには視認性の高い蛍光ピンクを使い、バックの中央からテールは透過ピンクで仕上げて、上部からの光をボディー内部に取り込む様にしております。)

④ローライト時でもしっかりアピールさせたく、トラウトに有効と言われるグローをベリーからテールサイドにはみ出して装飾させてあります。

サイドの紫外線と反応する蛍光ピンクのパーマークでアピールに拍車をかける仕様にさせて頂いております。

こういったコンセプトでアピール重視のカラーリングです。

先行者の後を流す時など、ルアーローテーションに加えて頂ければ幸いです。

是非、宜しくお願い致します。

Benefits of water

ここで一つ、ワイズミノー面白い使い方。

アップへキャストしラインを送り込みながらボトムへコンコンとノックさせます。

ここぞ!というポイントでラインにテンションをかける!

その瞬間にドン!!

これが上州屋Tさんから聞いたワイズミノーの効果的な使い方だそうです。

是非一度お試しください。

上州屋取扱店

上州屋 ワイズミノー九零桜鱒SP 九頭竜土管ピンク取り扱い店舗




釣行記

2020/9/20

1か月ぶりの釣り。

2020/09/20 14:00~17:30 風:微風 波:90cm 約1か月ぶりの釣り。 昨日も自宅で仕事をしていたため、朝マズメ起きる体力が無い。 この時期はいつもそうだ。 寝ないで行くには朝陽が昇る時間が遅すぎるので、釣りに行くバランスが崩れる。 波情報を見ると、1m・・・・。 ダメでもドライブ気分で海に向かう。 漁港や磯には釣り人の姿が多い。 エギングを楽しんでる人も居れば、家族でアジを釣ってるのかな? やっぱり大自然で楽しめる釣りは良い。 マスクをしなくても楽しめるレジャーは少なく、釣りは小さい ...

ReadMore

エギング

2020/9/22

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ方が多く、 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

-サクラマスルアー
-, , ,

© 2020 The firstone