モバイルバッテリーが投げ売りされてる!法改正2月1日よりPSEマーク無しは販売出来ないため為!

いつだって何を使うにしてもモバイルバッテリーは外出時の持ち物として忘れたら不便が待つ時代になっています。

スマートフォンやタブレット、ノートPCまで使う用途は多い。

そのモバイルバッテリーがここ数日投げ売り価格で販売されているので調べてみました。

 

PSEマークが無いモバイルバッテリーは2月1日以降販売できないので在庫投げ売り!

実は1年ほど前から経済産業省により決まっていた事ですが、

ポータブルリチウムイオン蓄電池(モバイルバッテリー)が電気用品安全法の規制対象となります

 

相次ぐモバイルバッテリーの火災を受けて

国が定めた安全基準のPSEマークを取得していない製品は2月1日から販売できません。

これを受けてAmazonや楽天、大手家電量販店でもPSEマークの無い製品が半額以下の価格で投げ売りされてる商品が多数。

PSEマークが無い製品に関して2月1日以降販売すらできなくなるために投げ売りとなっている現状です。

PSEマークなしは、危険!には変わり在りませんが、必ず火災になるわけではないので

自己責任でお願いいたします。

私は火事の心配したくないのでPSEマーク入りを使いますけどね。

有名メーカーでも品番によってはPSEマークなしもあったりしますが

今現在PSEマーク付き製品でも大幅セールしてますね!

 

 

楽天 モバイルバッテリー一覧

Amazon モバイルバッテリー一覧

-釣りに使える便利グッズ
-,