釣り車が故障する前に砂を「Dyson(ダイソン ハンディークリーナー)で吸い取れ!」

ある時から、車のインジケーター(警告灯)に

半ドアのランプが点くように。

ある時は

釣りからの帰り道

インジケーターには何も点いていないのに

信号待ちで隣に並んだオジサンから何か声を掛けられる。

窓を開けて聞いてみると

「後ろの扉、半ドア~!」

もう一度インジケーターを見るが何も点いていないが

慌てて降りてビックリ!

ハッチバックがプカプカしている。

 

車屋さんに持ち込むもセンサーなどには異常なし。

しかし原因は分かった。

「砂」

扉の開閉部に砂が溜まり、センサースイッチ部に

砂が噛むと誤作動を起こしたりしていた。

 

車屋さんに、

「サーファーの人も車壊す原因は砂だよ~」と

言われた。

ホームセンターで購入した7,000円程度のハンディクリーナーで

掃除はしていたが、吸引力が弱い。

埃程度は吸い込むかもしれないがやはり砂はダメなのか。

そこで登場したのが

最も吸引力の強いハンディークリーナーと謳われる

『ダイソン ハンディークリーナー』だ!

 

 



 

「ダイソン ハンディークリーナー」はハンディークリーナーに求める性能のすべてを満たす

まず当然の様にコードレスであるのは勿論ですが

7,000円で購入したハンディークリーナーは

初めそれなりにフルパワーを出すが

2,3分経過すると明らかにモーター音が弱くなり

吸い込みも悪くなる。

「ダイソン ハンディークリーナー」は約30分間ずっと吸引力が落ちない。

(モーターヘッドを使用すると20分間程度)

フルパワーだと5~6分。

 

モーター音は

多分使用したことない方には想像以上に静かだと思います。

これ本当に吸ってる?と思う程。

深夜に使用することは殆どない為に気にもしませんが、

静まり返った深夜で無ければ住宅街で使ったとしても

苦情にならないレベルですよ!

 

他には

「ダイソン ハンディークリーナー」はモデルによって

なんと、カーチャージャーで充電できる!

私の使うV7シリーズは

「triggerpro」「Car+Boat」シリーズが

カーチャージャー可能モデル。

充電は約4時間程度でフル充電に持って行けます。

 

車に置きっぱなしでも使う前に車で充電しておいて

ごみ捨て様のビニール袋だけ1枚あれば

掃除、充電、ゴミ捨てと全て車内で成立してしまう。

付属ノズルも豊富で

個人的には隙間ノズル、ミニソフトブラシをメインに使っています。

 

安くなってきたとはいえ、

価格はV7シリーズのオーソドックスモデルで

3万円程度

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイソン サイクロン式ハンディクリーナー V7 Trigger アイアン/フューシャ HH11MH [HH11MH]【RNH】
価格:30240円(税込、送料別) (2018/11/13時点)

 

楽天で購入

 

 

カーチャージャーも可能、ブラシなど

オプション品が充実したハイエンドモデルは

45,000円程度と高価ではある。

 

 

しかし砂が侵入し故障した車の修理費用は

35,000円。

最初からダイソンハンディークリーナーで

掃除しておけば車の修理費用で購入できた。

さすがに、住宅1棟分のメインクリーナーとしては

バッテリーが持たずに物足りないが

ワンルームマンションや車内、小さな倉庫だけの掃除機としては

No.1におススメする掃除機です。

 

特に海で釣りやサーフィン、マリンスポーツを楽しむ方は

車の中に一台置いておくと

車内に砂が侵入しても

「ダイソン ハンディークリーナー」で

帰宅してからささっと5分ほどで掃除してしまえば

あっという間に車内から砂は消えますよ~!

 
楽天 Dyson V7シリーズ一覧
 




-釣りに使える便利グッズ
-