エギング

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。

その昔、Twitterのアンケート機能で

”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?”

  • 1.0~10匹    70%
  • 2.  30~100匹    20%
  • 3.  100~200匹  10%

こんな感じの結果が出て、

釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが

年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので

1釣行2匹程度で満足しているそうです。

 

どの程度の釣果で満足するか、釣り人一人一人で違ったとしても

エギングを上手くなりたい向上心のあるエギング始めたばかりの方だけ読んで頂ければ幸いです。

 
エギング便利グッズ イカラビーナ
 

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![アオリイカ釣果を上げるコツ]

釣れない理由を簡単にご紹介してから深く掘り下げて行きます。

  1. アオリイカ接岸数が少ない場所で釣ろうとしている
  2. 晴天日中にしか釣りに行かない
  3. ボトム着底が分からない
  4. エギの特性を理解していない

SNSで地元の有名ポイントでの釣果が相当数上がっているのに

釣れないと嘆いていた友人O君。

自分はO君の釣りテクニックは見たことも無いが、道具にも釣りが上手くなる事にも興味が無いそうで

昔、お裾分けしたアオリイカが美味しくて食べるためにだけ釣りたいそうだ。

あまり人多い所は嫌だな・・と言うので、

じゃあ難しいけどドシャロー(浅い場所)のポイントを教えてあげた。

自分はその場所へは今年行っていないが、過去多く釣果を出した場所です。

 

O君からLINEが入る。

O君「全然釣れないんだけど~」

ONE「こんな陽が上がったカンカン照りにはハードルは上がるよ。

それに人が少ない場所=上級者でもそれなりに難しいよ」

O君は奥さんが夜勤専門の看護師さんなので、

奥さんが休日の昼間しか釣りに行けないことを忘れていた。

さすがに釣行数の少ないO君にはドシャローは厳しすぎたか。と反省し

今度は足場も比較的安全な、

福井県内の某有名漁港の外海の出入り口に当たるポイントへ行ってもらう。

 

O君からLINEが入る。

O君「なんか川みたいに潮が流れててボトム着いてるかどうかわかんなくて釣れなかった」

ONE「漁港内側にも投げてみた?」

O君「いや、綺麗な潮が流れるとこ釣れるって書いてあったから外海ばかり投げてた。

あそこ深いね~何十秒もエギが落ちてたよ」

ONE「え?5~6mくらいしか水深ないよ・・・・・

それは潮でエギが流されてただけだよ!」

多分、彼はエギがボトム着底することを分かっていない。

 

この2つの例からどうして初心者の域を脱することが出来ないのか?

分かりますよね。

O君はそもそもエギングを上手くなりたいとも思っていないのですが

釣れない良い例なんですよね。

 

水中を想像できていない。

エギングに限らず、何となく魚やイカが釣れてしまった場合

ビギナーズラックなどと呼ばれることもあるが

エギングが上手くならない人は

水中でエギがどの辺りに落ちているのか?

どんな時にアオリイカがエギを抱くのか?

使用しているエギの特性を理解しない

想像に対して擦り合わせが出来ないから、

取りあえずしばらく沈下させたらロッドを激しくアクションさせる。

フォールの重要性&なぜアクションさせるのか?も分からずに

激しくロッドを動かすテクニックを永遠にやり続けアオリイカは警戒心から

エギに対して興味を失う。

 

秋アオリイカは激しくアクションさせなくても、十分釣れます。

色んなエギングテクニックがありますが、

まずはボトム着底を覚えて、

”ボトムを取れないのであればエギの重さを変える”

激しいアクションは必要なく最低限の回数で。

ロッドテクニックよりも大事な事は沢山あり、○○シャクリなどネーミングまで付けられているものもありますが

アオリイカの釣果を上げ続ける人を見ていると、

最低限のアクションしかしません。

 

テクニックとは・・・

風の強い日や波がある日、ボトムを確実に取れることもテクニック。

ライントラブルを起こさない事もテクニック。

根掛かりを外すこともテクニック。

エギングテクニックはアクションだけと思っている初心者の方は

まずはボトムをしっかり取ることからテクニックを覚えて

ぜひ秋シーズンの新子アオリイカは

10匹から30匹辺りを釣れるようステップアップしてエギングを楽しんでください!

ダイワ エギ一覧

 

釣りに使える便利グッズ

2020/10/31

シマノ2021年魚拓カレンダー受付開始!

今年も残すところ、あと2か月。 釣れても釣れなくても、記録更新してもしなくても 満足できる釣りが出来れば、また来年健康に釣りが楽しめればそれで良いのです。 すでに釣りシーズンを終えた方もいれば、真冬でも釣りに行く方もいるでしょう! そして釣りのモチベーションを上げる「シマノ魚拓カレンダー」が今年も受付を開始しました。 2021年の表紙は眼張魚(メバル) 1月:真鯛【マダイ】 2月:平鱸【ヒラスズキ】 3月:鮃【ヒラメ】 4月:へら鮒【ヘラブナ】 5月:伊佐木【イサキ】 6月:鮎【アユ】 7月:白鱚【シロギ ...

ReadMore

釣りに使える便利グッズ

2020/10/29

子どもと釣りを始める最低限の道具と知識!

今年になってから、釣り場に向かう途中の漁港や堤防などで 釣りを楽しむ多くの家族を見るようになりました。 釣り場に向かう時に立ち寄る漁港では、 おじいちゃんと小さなお孫さんと毎週会うので話すようになり 「孫が釣り好きで~毎週来るけど、家でゲームばかりしてるよりは良いかな?と思ってね」   そうです! 釣りを覚えることで、 肌で感じる大自然の季節の移り変わり 生き物の命 目標に向かっての試行錯誤(魚をどうすれば釣ることが出来るのか?) など、多くのことを考え感じ取り自分から実践するようになります。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/28

釣具ランキング~2020/10/28

ここ最近、釣りに行けてませんが もしかすると自分と同じように仕事が絶え間なく続き 釣りに行く時間が取れない人も多いのかも? 2020年の春は「無」何をするにも出来るような出来ない様な ZOOMでオンライン会議など、”結局は行かなくて済むような話”には効率的だが オンラインでは大事な商談が、決まっても一方的な仕事の成果になり 顔は見えても心まで見えないからなのか?中途半端な結果に終わっているものが多い。   人をだましてくる人もいます。 顔ではへらへら、「いや~仕事順調で儲かって笑いが止まらないん ...

ReadMore

個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

-エギング
-,

© 2020 The firstone