ルアー

コスケ170F、アイマの2018秋NEWルアーはランカーハントのビッグベイト!

imaルアー2つの代表作

『サスケ』『コモモ』シリーズ。

2つのルアーの良い所どりルアーとして

2016年9月に発売された

『コスケ110F』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アムズデザイン コスケ 110F ima kosuke 110F
価格:1890円(税込、送料別) (2018/9/12時点)

 

 

半年後の2017年4月に発売された

ダウンサイジングモデル

『コスケ85F』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アムズデザイン コスケ 85F ima kosuke 85F
価格:1605円(税込、送料別) (2018/9/12時点)

 

そして2018年10月10日に発売されるのが

170mmのビッグサイズミノー

『コスケ170F』




Kosuke170F(コスケ170F)のスペックや特徴

 

スペック

  • サイズ:170mm
  • 自重:39g
  • タイプ:フローティング
  • 潜行レンジ:30~80㎝
  • フック:#3

カラー全10色

 

大型ベイトパターンの風雲児170mm kosuke
■170mmのビックサイズで大型ベイトをイミテート
■39gという重さと安定した飛行姿勢が生み出す高いキャスタビリティー
■ローリング主体の艶めかしいアクション

ビッグサイズkosukeでシーズンイン!

秋も深まると、河川や河口ではボラ・コノシロや落ち鮎、

外洋では大型のマイワシ・ハタハタが回遊する。

この大型ベイトパターンに特化させて開発されたのがkosuke 170Fである。

170mmというビッグサイズと39gのヘビーウエイトから繰り出されるキャスタビリティに、

kosukeシリーズの特徴であるローリングアクションを兼ね備えたミノーだ。

タックルはミディアムクラス以上、攻め方はただ巻きは勿論のこと、

落ち鮎パターンで有効なドリフト、

日中のコノシロパターンで用いるトゥイッチやジャークなど

多彩な使い方に対応している。

この秋から初冬にかけての大型ベイトパターンには

kosuke 170Fが欠かせない。

ima H.P

 

 

コスケシリーズは使いやすいルアー

フィッシュイーターはどんな判断で

ベイトが自分の体より大きいか小さいのかを測っているのでしょうか?

取りあえず食らい付いて口に入るかどうか?

または目の大きさなどである自分とのサイズを測って

襲っているのか?

たまに釣り上げたシーバスや青物、ヒラメなどの口から

食べていたと思われるベイトを吐き出すことがあるが

意外にも大きなサイズを食べている。

 

「9㎝サイズのルアーは

どのフィールドに置いてもベイトサイズとマッチする」

とよく言われるが

秋はベイトサイズも大きくなりコスケ170Fは

秋から冬にかけて・・・・・

コノシロや落ち鮎、マイワシやハタハタとマッチする

17㎝での発売です!

今更『コスケシリーズ』の釣果を語る必要も無い位

河川・磯・サーフで

imaテスター陣が動画内でも多くの魚を釣り上げた

実績No.1ルアー!

 

コスケシリーズはロール主体のアクションが特筆する点ですが

水流の押しに関係なくコンタクトを手元に伝えてくれて

決して暴れず流れの中でも激しすぎない特徴がありました。

それをしっかりと継承しサイズUPとなったモデルとなりそうですね!

 

飛距離はルアーサイズが大きい分重さの割には飛ばない。

110Fは17gで、安定して60mオーバーの飛距離。

170Fは39gあるのでどれくらい飛ぶのか?

実は大きすぎるルアーはあまり飛ばない。

しっかりと射出角度を決めないとバタバタと空中で暴れて失速する。

水噛みも良い、アピール力は強い

すごく使いやすいルアーなので

使いやすいルアー=長時間使えるルアー=釣れるルアーの図式が完成する!

 

発売は2018年10月10日

お楽しみに!

楽天 ima kosukeシリーズ




釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

© 2022 The firstone