魚の生態

ニジマスって日本の魚なの?トラウトなの?サーモンなの?

「ニジマスって日本の魚なの?」

あなたはなんと答えますか?

 

 

ニジマスは日本の魚じゃない外来種だった!

釣りをする方達や料理をされる方はご存知だと思いますが

ニジマスは

1877年(明治10年)に明治時代の水産官僚『関沢明清』が

アメリカで養殖技術を学び、卵が持ち帰られた。

日本にニジマスが生息するようになったのは

人為的に移入されたのです。




 

ニジマスは世界の侵略的外来種ワーストと100日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている

名前だけ聞くと恐ろしい生物のようですが

外来種の中でも特に生態系や人間活動への

影響が大きい生物のリストであり、在来種の生息に悪影響を与える為で

ブラックバス等と同じ外来種なのですが

食料資源として「美味しい・養殖がやり易い(病気に強い)」為なのか

同じ立ち位置とは思えない扱いをされている・・・。

 

 

ニジマスは生活する場で呼び名が変わる

日本でマスと呼ばれる魚は

サクラマス・サツキマス・カラフトマス・ニジマスと

「鱒」と総称されて呼ばれることが多く、

鱒と呼ばれる魚はニジマスもそうですが

  • 川で生活する個体=陸封型
  • 湖沼で生活する個体=降湖型
  • 海で生活する個体=降海型

3つの生活型に分かれ、成長した姿はそれぞれが違います。

 

陸封型のニジマスを『レインボートラウト』

海へ出た降海型ニジマスは

ニジマスにある東部の黒点が少なく銀化し

『スチールヘッド』と呼ばれ

川で生活する個体とは見た目から違いが出て

サイズも大型になります。

注)実は日本のニジマスはスチールヘッドとの見極めが難しい。

海に降海したニジマスを一般的にはスチールヘッドと呼ぶ場合が多い。

wikipedia

 

新種の鱒が日本にどんどん増えている!

食用資源としてニジマスは大変重要な魚で

養殖は盛んですが、

近年日本全国の都道府県で養殖が激化しています!

 

福井県

ニジマスを海で育てる「福井サーモン」

 

長野県

ニジマスとブラウントラウトを交配した「信州サーモン」

 

山梨県

1㎏以上に育てる「甲斐サーモン」

群馬「ギンヒカリ」

愛知県「絹姫サーモン」

新潟県「魚沼美雪マス」

など、養殖技術に各地域が変化を付けて

ご当地サーモンが次々と誕生している!

 

そして回転寿司や弁当などではサーモンとして

実はニジマスが代用魚として我々は食べているのが現状です。

ニジマスを海で養殖するから「サーモントラウト」と名称まで変えられ

実際は鮭弁当では無く「ニジマス弁当」なわけです。

魚介類の名称のガイドラインでは全く問題ないそうで

数年前に話題になりました。

 

今までサーモンを輸入に頼っていた日本の食糧事情を考えると

海で漁獲される魚は減りつつあり、

ニジマス養殖が日本の水産資源を救う時が来ているのでしょうね!

 

結局ニジマスはトラウト?トラウトサーモン?サーモン?

曖昧過ぎる呼び方も統一して欲しい!




釣行記

2022/10/1

釣りブログで稼ぐ!儲ける方法教えます!

皆さん、こんにちわ。 お久しぶりといいますか、釣行は気が向けば書いていましたが 本業が忙しい為にこのサイトは放置気味に。 しかし! このサイトは放置してるにも拘らず未だに収益が10万円を超えています。 全盛期の釣り関連福袋などを紹介していた時代はAmazon・楽天アフィリ・A8NET・グーグルアドセンス含めて ※600万~数千万(1月や4月は特に美味しい)の売り上げを上げていました。 ※売上でアフィリ料率はまちまちです   一時期は企業として釣りキュレーションサイトを運営する飽和状態となりました ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone