魚の生態

魚の警戒心「大胆な個体もいれば臆病な個体も」

魚類は人類と同じく、

肌の色も違えば、体の大きさなども違い千差万別。

 

性格や育ってきた環境で個体差も大きく違う魚もいます。

 

警戒心が強いと考えられている魚であっても、

釣りをしていれば「えっ?」と思うような

大胆不敵さを垣間見たり

自身でも警戒心が強いと小さなころから聞いていた

黒鯛を釣り上げた時の状況は、

  • 弱い風波が立っていた。
  • 自分がキャストしている周辺で海水浴をしているファミリーやカップルが何人もいた。(バタ足でバタバタ泳いだり)
  • ヒットした場所周辺も数分前にはバタ足で派手に泳ぐ家族がいた
  • トップウォータールアーで釣れた

 

どう考えても警戒心が強い魚とは思えない状況であり

食に飢えていたかどうかはリリースしたので分かりませんが

風波が人の気配を消したとも思えないほど

自分の周りでは貝捕りをしたり派手に泳ぎ回る子供達もいた。

 

魚の生態が書かれている色んなデータを調べましたが、

結局自分の中でも解明されず、データも少なすぎる為に

分かってはいません。




 

警戒心の強い魚でも個体差により違いがある

 

サクラマスも警戒心が強いといわれる魚ですが、

知り合いがヒットした時は、

川は激込みで先行者が4,5名。

釣り下る途中で仲間と大声で話してる人や、

膝下程度のウェーディングなので歩くたびに水もバシャバシャと。

気配を殺し静かに釣りをしていた状況では無かったそうです。

 

そんな状況下でのヒットも何度か経験しているそうで

「サクラマスが警戒心が強い魚とは思えない」と

話しています。

 

この他の考えられる事としては、

やはりその魚が育ってきた環境でしょう!

 

先に釣り上げた黒鯛もそうですが、

普段から泳いでいる人間を見る機会が多く、

襲ってこない人間に警戒心を解いていたのかもしれない。

 

池を泳ぐ鯉なんてその典型ですよね。

ウェーバー器官と呼ばれる一部の淡水魚にしか無い器官で

ウェーバー器官を持つコイは

「飼い主の足音を覚えて判別することが出来る」なんて事も

分かっていますね!

自分が小さい頃、池に鯉釣りに通っていた時も

水温が上昇する日、水面までニゴイが多く浮かんで泳いでましたが

釣れないので小石を投げたり(そんなことしちゃだめだよ)

警戒心を与えると二度と姿を魅せなくなったりもした。

 

コイは自分が襲われない人を見ても悠々と泳いでいるのに

自分に飛んできた石には反応し警戒心を強めた。

研究結果でも何でもなく素人釣り好きな子供が思った

現場での結果でしたが、

今でもその魚の生態は間違いないとも思っています。

 

人も大きくなる過程で危険なことを憶え

同じ状況になる前に避けたり、危険を回避する。

そんな過程を魚にも同じように思い

大きな魚を釣った時に人は

「多くの危険を回避してきたその魚に勝ったような気分になる」

それも釣りの醍醐味の一つですね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2022 The firstone