魚の生態

魚の警戒心「大胆な個体もいれば臆病な個体も」

魚類は人類と同じく、

肌の色も違えば、体の大きさなども違い千差万別。

 

性格や育ってきた環境で個体差も大きく違う魚もいます。

 

警戒心が強いと考えられている魚であっても、

釣りをしていれば「えっ?」と思うような

大胆不敵さを垣間見たり

自身でも警戒心が強いと小さなころから聞いていた

黒鯛を釣り上げた時の状況は、

  • 弱い風波が立っていた。
  • 自分がキャストしている周辺で海水浴をしているファミリーやカップルが何人もいた。(バタ足でバタバタ泳いだり)
  • ヒットした場所周辺も数分前にはバタ足で派手に泳ぐ家族がいた
  • トップウォータールアーで釣れた

 

どう考えても警戒心が強い魚とは思えない状況であり

食に飢えていたかどうかはリリースしたので分かりませんが

風波が人の気配を消したとも思えないほど

自分の周りでは貝捕りをしたり派手に泳ぎ回る子供達もいた。

 

魚の生態が書かれている色んなデータを調べましたが、

結局自分の中でも解明されず、データも少なすぎる為に

分かってはいません。




 

警戒心の強い魚でも個体差により違いがある

 

サクラマスも警戒心が強いといわれる魚ですが、

知り合いがヒットした時は、

川は激込みで先行者が4,5名。

釣り下る途中で仲間と大声で話してる人や、

膝下程度のウェーディングなので歩くたびに水もバシャバシャと。

気配を殺し静かに釣りをしていた状況では無かったそうです。

 

そんな状況下でのヒットも何度か経験しているそうで

「サクラマスが警戒心が強い魚とは思えない」と

話しています。

 

この他の考えられる事としては、

やはりその魚が育ってきた環境でしょう!

 

先に釣り上げた黒鯛もそうですが、

普段から泳いでいる人間を見る機会が多く、

襲ってこない人間に警戒心を解いていたのかもしれない。

 

池を泳ぐ鯉なんてその典型ですよね。

ウェーバー器官と呼ばれる一部の淡水魚にしか無い器官で

ウェーバー器官を持つコイは

「飼い主の足音を覚えて判別することが出来る」なんて事も

分かっていますね!

自分が小さい頃、池に鯉釣りに通っていた時も

水温が上昇する日、水面までニゴイが多く浮かんで泳いでましたが

釣れないので小石を投げたり(そんなことしちゃだめだよ)

警戒心を与えると二度と姿を魅せなくなったりもした。

 

コイは自分が襲われない人を見ても悠々と泳いでいるのに

自分に飛んできた石には反応し警戒心を強めた。

研究結果でも何でもなく素人釣り好きな子供が思った

現場での結果でしたが、

今でもその魚の生態は間違いないとも思っています。

 

人も大きくなる過程で危険なことを憶え

同じ状況になる前に避けたり、危険を回避する。

そんな過程を魚にも同じように思い

大きな魚を釣った時に人は

「多くの危険を回避してきたその魚に勝ったような気分になる」

それも釣りの醍醐味の一つですね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/10/1

釣りブログで稼ぐ!儲ける方法教えます!

皆さん、こんにちわ。 お久しぶりといいますか、釣行は気が向けば書いていましたが 本業が忙しい為にこのサイトは放置気味に。 しかし! このサイトは放置してるにも拘らず未だに収益が10万円を超えています。 全盛期の釣り関連福袋などを紹介していた時代はAmazon・楽天アフィリ・A8NET・グーグルアドセンス含めて ※600万~数千万(1月や4月は特に美味しい)の売り上げを上げていました。 ※売上でアフィリ料率はまちまちです   一時期は企業として釣りキュレーションサイトを運営する飽和状態となりました ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-魚の生態
-,

© 2022 The firstone