エギング

エギング新兵器!えっ?ジャンプライズから新作プラグタイプエギ?

以前ご紹介していた、ジャンプライズ井上友樹氏が自分で釣りを楽しむ為に使用していた

「ジャンプライズ製ハードプラグ」

何を狙っていたかというとアオリイカ。

3年前にブログで少しだけ公開し、その後一切表に出す事なく地道に開発を続けてきた新ルアー。

ついに初公開です。

私はアオリイカが以前から大好きです。

ここ数年はほとんど記事にこそしませんが、本業の合間を見ては毎年様々な実験を繰り返していました。

アオリイカ=エギング。

各社から様々なエギが発売されていますが基本、形も性能も近いです。

確かにエギは釣れる。接近戦はエギが最強でしょう。

私もアオリーQで育ってきた世代ですから今までたくさんの大型アオリイカをエギで釣ってきました。

ですが、エギでは攻略が難しいシチュエーションも多々あります。

そんな中、プラグであれば攻略が可能なのでは?と思い開発に着手したのが2015年6月でした。

エギだけではなく、違うスタイルの釣りもあってはいいのではないか?と考えるようになり、

ハードプラグでアオリイカを狙うようになりました。

既に2キロオーバーも複数仕留めています。

私は水深のある磯からのアオリイカ、藻だらけで遠投が必須なシャローのアオリイカが大好きです。

自分のスタイルに合わせて開発を進行してきたわけです。

この釣りは基本はエギと同じワンピッチで攻略。フォールの間の取り方だけ感覚が少し異なります。

スラッグを出す事で斜め前方へ横っ飛びスライドします。

一般的にエギは前方への移動距離を抑え、横に飛ばせる設計の方が良いと言われる事が多いですが、

磯やシャロー帯では横ではなくスライド入射角を少し前方へ振り水を強く押すスライドの方が大型のアオリイカを寄せる力があると私は思っています。

あとは重要なのが飛距離です。

上の写真のサンプル形状は初期段階のプロトで今は更に5段階程進化しています。

飛距離を出すための内部構造、形状設定は私の最も得意とする分野ですので限界まで絞り込んでいます。

もう少し実績が積み上がり、動画も公開した後、反響があれば発売も考えています。

そうなった場合、金型を二つ起こし、布巻きタイプとホログラムタイプの両方を用意しようと思っています。

経験では布巻きよりもホログラムのギラギラ反射の方が遠くから寄ってくる事が多いと思うんですけどね。

趣味の分野にはなりますが、プラグで狙うアオリイカ。

めちゃめちゃ楽しいですよ(笑)

https://www.instagram.com/jumprize_inoue_official/





 

ジャンプライズ・エギングはハードプラグでアオリイカを狙う

Instagramで公開していた画像を見るとウェイトは3種類。

17g/21/25g の3パターン。

予想では通常アオリイカを狙うエギでは届かない相当な飛距離が出ると思われる。

確かに、サーフエギングや立ち位置から深場まで60.70m先に届けば釣れるだろうなぁと思うフィールドは数多い。

昨今のエギング人口の盛り上がり方から見ても、釣り場は混雑し真正面にしかキャストできない時も多い。

そんな中で沖にキャストしてアオリイカにアピール出来るジャンプライズ製エギング用ハードプラグが発売されれば

一人勝ち?なんてことも出来るかもしれませんね。

何より飛距離が出ることは釣りをしていて楽しいしエギだけでしかアオリイカを狙わないスタイル+違ったアピールも出来る事で

よりエギングの幅も広がるでしょう!

 

まだ発売するかどうか未定だそうですが、今後もテストをし反響が大きければ発売との事で気になる方はいいね!しちゃいましょう。

 

ジャンプライズ 製品一覧




釣具ランキング

2020/8/2

釣具ランキング~2020/08/02

長い長い梅雨が明けました。 毎年、梅雨の時期になると日本のどこかで水害が起きて 地域が発展することに必要な大河が突然牙を向く。 釣りをしている事で訪れたことは無いがプロアングラーの動画で観たりした 河川の名前もニュースなどで耳にするが、釣りを楽しめる河川が濁流となり大地を削り 家も人も文化も飲み込んでいく。 水はただ高い所から低い所に流れていくだけですが 人の思い出や大切な物、人の命までをも海に還してしまう。 水の怖さを知る事で、普段水辺で遊ぶ我々釣り人は水に感謝しないといけないと あらためて感じた長い梅 ...

ReadMore

釣行記

2020/8/2

凪トップシーバス祭り開催!

2020/08/02 04:30~0:7:30 中潮 風:微風 波:凪   釣りに向かう前に、釣具店の店長さんと「シーバスもソロソロですね~」と 話していた。 釣り場に着くと、強烈なイカメタル船の集魚灯でかなり海は明るい。 ライト無しで釣り場に辿り着いたほど。 しかし、04:00終了だったのか? 釣りを始める頃に突然消灯。 辺りが闇に包まれる。   1投目から磯マルだとは思うが、ララペン125に強烈な重みが乗る。 デカい!エラ洗いしないし、かなりの重量感で脇から腰にロッドを回そうとする ...

ReadMore

ルアー

2020/7/27

シマノルアー「フラッシュブースト全ラインナップ!」

シマノから発売されているルアーはここ数年大きく変化しています。 NEWモデルはもちろん、既存モデルもカラーと機能性が大きく変化している。   「キョウリンカラー」と「フラッシュブースト」 この2つの登場により、多くの既存シマノルアーがリニューアルされてきていますので 今回はシマノルアーの新たな機能「フラッシュブースト」をご紹介いたします。   シマノルアー「フラッシュブースト搭載モデル」全ラインナップ 最も早くフラッシュブースト機能が搭載されたのは、 オフショアキャスティングでマグロや ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/26

釣具ランキング~2020/07/26

4連休どう過ごされましたでしょうか? 個人的には釣りに行けた、釣りが出来たのは1日だけ。 土曜と日曜(早朝)は釣り場まで行きましたが、大雨または暴風で車から降りた瞬間に 自宅へUターン。 釣りは出来たかもしれないが、仕事の予定もあったのでまた来週でいいやと帰宅。 ベイトも良いサイズのカタクチイワシが溜まってるし海は良い状況ですね。   しかし、福井県内でまた新型コロナウイルス感染が出るなど、 落ち着きを取り戻していた田舎の暮らしはまた色々と厳しい状況に変わっていきそうです。 県外への往来を行かざ ...

ReadMore

魚の生態

2020/7/25

ヒラマサに殺されるかもしれない・・・

サメに襲われるのは分かるが、ヒラマサに水中深く引きずりこまれて 死ぬ可能性があるなんて・・・恐ろしい世界もありますね。   水中での魚の様子を見たい時に、ダイバーや魚突きをされてる方の動画を観ます。 巨大なヒラマサは単独行動で回遊するとよく言われますが、 魚影の濃い地域は壮大な群れで回遊してるのが分るし、 それなりにショアから泳いでいける距離でも群れでいるみたいですね! 動画の中では、前日と翌日に同じヒラマサと出会うなど、回遊ルートさえ分かれば 時合いを狙えば数日間は狙える。   ヒラ ...

ReadMore

-エギング
-,

© 2020 The firstone