リール

初心者でもフラッグシップモデルリールを使うと釣りが上手くなるのか?

釣りを始めたばかりの人が、釣具店やWEB検索で初めに釣り道具を購入する際

知人や釣具店が、まずはエントリーモデルを勧めて購入する。

勧める側も相手が相当なお金持ちでもない限りフラッグシップモデルを勧めるなんてことはしないと思う。

シマノ アリビオ

ダイワ リバティクラブ

まずは取りあえずの釣りが出来る道具を揃えてあげることが先決だから。

そして少し月日は流れ、釣りにハマった知人は釣り場で見た他の人の道具や釣り仲間の道具を見る機会が増え

また相談を受ける。

「リール買い換えたいと思うんだけど」

次に紹介するのはエントリークラスより少し上のランクのリールでしょう。

シマノ ストラディック

ダイワ カルディア




 

ここからリール沼に陥る

あなたはもう既にリール沼に足を踏み込んでるかも?

動画で観た気になるプロアングラーは自分と違うメーカーのリールを使っている。

違うメーカーのリールも良さそうだ!

もう少しランクが上のリールを・・・・・

シマノ ツインパワーXD

ダイワ セルテート

そして数年後フラッグシップに辿り着くまでにいくつものリールを使う。

それもまた良しではあるが、

もっと早くにフラッグシップを買っておけばリール欲も収まるし、リールにつぎ込んだ金額も半分で抑えられたかもしれない。

 

カメラ業界に有名な「レンズ沼」と呼ばれる言葉がある。

一眼レフカメラを購入後、次に手が出しやすい価格で誰にでも簡単に一眼レフカメラらしい撮影が出来るレンズを

メーカーは販売している。

それらを「撒き餌レンズ」なんて呼び方もする。

Canon EF50mm F1.8 STM

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

手が届きやすい価格でまずは新しい替えレンズの購入を誘う。

そしてそのレンズで撮れた写真の素晴らしさに、

もっと高いレンズで撮ればどんなに素晴らしい写真が撮れるだろうか?

一眼レフカメラを扱うテクニックや知識などそこには存在しない。

レンズさえ良いものを使えば誰でもが良い写真を撮れると勘違いに陥る。

確かに、近年ソニーが頭一つ飛び抜けてキャノンとニコンは完全に後追い状態になってしまった

価格を抑えて素晴らしいミラーレスフルサイズカメラ。

瞳AF(オートファインダー)など素晴らしく、今まで一眼レフカメラでは自分の経験を元にしたカメラ設定を、全てカメラがオートでやってくれる。

キャノン・ニコン一眼レフカメラ使用の方を

ミラーレスの世界に魅了して大きな変化が起きています!

しかし画角や光の当て方などは人が行うもので、やはりプロと素人の写真は違うわけですが

素人仲間で見せ合いをしている程度では十分な素晴らしい写真が撮れます。

 

リールは初心者でも上級者でも使い方は巻くだけ

リールに話を戻そう。

リールは基本的な動作だけ覚えてしまえば細かいテクニックを除き、ベールを返して巻くだけです。

巻いている際に感じる感度で潮の流れや小さなベイトの当たり、水中に沈むストラクチャーまで想像することが出来るが

基本は巻くだけです。

エントリーモデルとフラッグシップモデルの違いは?と聞かれても多くの方が

フラッグシップモデルは頑丈で感度が良いしライントラブルが起きない。

そんな程度です。

ライントラブルは現在のエントリーモデルでもそれほど起きません。

キャストする側の問題や使用しているルアーの問題の方が大きくてトラブルになるわけで。

頑丈・・・水辺で使うので当然。

感度・・・これは初心者でも変わったと一番感じる部分だと思います。

実際、子供にエントリーモデルから、フラッグシップモデルを使わせたら釣り数回経験しかないのに

「なにこれ!ルアーの動き凄い分かる!」と

こちらからどう変わるかなど言っていないのに

「パパ、ズルい!これは釣れるわ!」と別にリールが良いから釣果に結びつくわけでもないのに

そう言われてはお父さん、エントリーモデルで釣り上げるしかないと思い

子供はワカメしか引っかからなかったが、お父さん頑張って何故かメタルジグで「カレイ」を釣って面目は保った・・・・。

釣り初心者でも良いリールを使うと、潮の流れやルアーを巻く抵抗の違いなどから「感度」を覚えることが出来る。

そしてそこで覚えた感度はエントリーモデルを使って感度は悪くなったとしても

感じることが出来るようになる。

それが釣りのテクニックでもありこの先釣果に結びついていく。

初心者の方でも臆せずにフラッグシップモデルリールの使用をお勧めします!

シマノ ステラ

ダイワ イグジスト




釣具ランキング

2020/8/2

釣具ランキング~2020/08/02

長い長い梅雨が明けました。 毎年、梅雨の時期になると日本のどこかで水害が起きて 地域が発展することに必要な大河が突然牙を向く。 釣りをしている事で訪れたことは無いがプロアングラーの動画で観たりした 河川の名前もニュースなどで耳にするが、釣りを楽しめる河川が濁流となり大地を削り 家も人も文化も飲み込んでいく。 水はただ高い所から低い所に流れていくだけですが 人の思い出や大切な物、人の命までをも海に還してしまう。 水の怖さを知る事で、普段水辺で遊ぶ我々釣り人は水に感謝しないといけないと あらためて感じた長い梅 ...

ReadMore

釣行記

2020/8/2

凪トップシーバス祭り開催!

2020/08/02 04:30~0:7:30 中潮 風:微風 波:凪   釣りに向かう前に、釣具店の店長さんと「シーバスもソロソロですね~」と 話していた。 釣り場に着くと、強烈なイカメタル船の集魚灯でかなり海は明るい。 ライト無しで釣り場に辿り着いたほど。 しかし、04:00終了だったのか? 釣りを始める頃に突然消灯。 辺りが闇に包まれる。   1投目から磯マルだとは思うが、ララペン125に強烈な重みが乗る。 デカい!エラ洗いしないし、かなりの重量感で脇から腰にロッドを回そうとする ...

ReadMore

ルアー

2020/7/27

シマノルアー「フラッシュブースト全ラインナップ!」

シマノから発売されているルアーはここ数年大きく変化しています。 NEWモデルはもちろん、既存モデルもカラーと機能性が大きく変化している。   「キョウリンカラー」と「フラッシュブースト」 この2つの登場により、多くの既存シマノルアーがリニューアルされてきていますので 今回はシマノルアーの新たな機能「フラッシュブースト」をご紹介いたします。   シマノルアー「フラッシュブースト搭載モデル」全ラインナップ 最も早くフラッシュブースト機能が搭載されたのは、 オフショアキャスティングでマグロや ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/26

釣具ランキング~2020/07/26

4連休どう過ごされましたでしょうか? 個人的には釣りに行けた、釣りが出来たのは1日だけ。 土曜と日曜(早朝)は釣り場まで行きましたが、大雨または暴風で車から降りた瞬間に 自宅へUターン。 釣りは出来たかもしれないが、仕事の予定もあったのでまた来週でいいやと帰宅。 ベイトも良いサイズのカタクチイワシが溜まってるし海は良い状況ですね。   しかし、福井県内でまた新型コロナウイルス感染が出るなど、 落ち着きを取り戻していた田舎の暮らしはまた色々と厳しい状況に変わっていきそうです。 県外への往来を行かざ ...

ReadMore

魚の生態

2020/7/25

ヒラマサに殺されるかもしれない・・・

サメに襲われるのは分かるが、ヒラマサに水中深く引きずりこまれて 死ぬ可能性があるなんて・・・恐ろしい世界もありますね。   水中での魚の様子を見たい時に、ダイバーや魚突きをされてる方の動画を観ます。 巨大なヒラマサは単独行動で回遊するとよく言われますが、 魚影の濃い地域は壮大な群れで回遊してるのが分るし、 それなりにショアから泳いでいける距離でも群れでいるみたいですね! 動画の中では、前日と翌日に同じヒラマサと出会うなど、回遊ルートさえ分かれば 時合いを狙えば数日間は狙える。   ヒラ ...

ReadMore

-リール
-, , ,

© 2020 The firstone