ルアー

あなたはすでにルアー沼に落ちて沈みかかってる

魚よりも人を魅了してやまないルアーと呼ばれる

魚を釣る道具。

古来、疑似餌と呼ばれたり、日本では漁具として300年ほど以前から用いられていたり、

食事をしていた時に湖に落としたスプーンにトラウトが食いついたことから

ルアーが魚を釣る道具として登場してきました。

魚の食性に対してそっくりな色や動きで騙したり、縄張りを荒らすようなアクションをしたリ

現在では数多くのルアーが色んなカラーで発売されています。





 

そして魚よりもそのルアーに釣られてしまい、

深い深い沼に落ちているのは我々人間なのです。

 

ルアー沼は釣りを辞めるまで抜けられない深い沼

はじめに話しておくと、ルアー沼は釣りをより楽しくし、上達もさせる

釣りにとっては必要不可欠なものだと考えています。

 

皆さんもこれまで数多くのルアーを購入し使って来たでしょう。

釣具店で目に留まった派手なカラー、自分が持ってないような形のルアー。

現在はプロアングラーが動画で実際に魚を釣るルアー、SNSでよく釣れてるルアーまで

無意識のうちに様々なルアーの宣伝を受けています。

そして実際に釣り場で1日中釣れなかったり、1投で釣れたり

それはルアーの性能だろうか?

もしもこの世に一つしかルアーが無かったら

これほどまでに色んな機能性を持ったルアーは存在しない。

 

飛距離が出るルアーは、あの潮目、あの流れ込みまで飛んだから釣れるルアー

アクションが規則正しいルアーは、同じテンポで魚の生態にアピールするから釣れるルアー

アクションが不規則なルアーはヒラを打って魚にリアクションさせるから釣れるルアー

 

色んな理由を付ける事でそのルアーに価値が生まれて行くわけです。

 

自分も良くある事ですが、魚がいなければどんなに実績があり釣れるルアーを

長時間使っても釣れません。

魚探を積んで魚の場所を的確に掴んだ状態での使用はまた別ですが

我々は見えない海の中に魚がいると思って永遠とキャストを続ける。

そして・・・

釣れなかったことにより、自分の釣りに対して疑心暗鬼が生まれ

ここからルアー沼がはじまっていく・・・・。

 

さぁ自宅に帰った。

1度や2度の釣行で釣れない程度は魚がいなかったのだと諦めがつくが

SNSで同じ地域の釣り場を見れば、他の方は魚を釣っている。

これは・・・完全に自分の使っているルアーはおかしいのではないか?

ルアーに対して疑心暗鬼が生まれ始める。

あの人が釣ってるルアーを使ってみよう。

あの人が釣ってるルアーカラーを使ってみよう。

購入し手元に届いた頃には最早、魚を釣り上げてるシーンしか思い浮かばない。

実際の釣りで使う。

しかしそこに居着いた魚もいない、回遊も無い、魚がいなかっただけであっても

釣れない・・・・何故だ?

ここは、あの地域とは水深が違うから狙うルアーのレンジが違うのか?

じゃあこのルアーのシンキングモデルを買ってみよう!

この時点で沼にハマっていると共に、

あなたのルアーフィッシングの知識、経験は既にワンランクUPしている。

レンジを変えて魚を狙うことを憶える。

そして魚を釣り上げた。

 

しかし次の週は同じルアーでは釣れない。

じゃあ今度はベイトのサイズが違うと仮定して、

このルアーのダウンサイズモデルを購入してみよう!

サイズダウンしたルアーを使ったその日、多くの魚が釣れた。

マッチザベイトを体感したのです!

さらにルアーフィッシングの知識と経験量はUPする。

 

このようにして、あなたは釣りの技術、経験がUPするのと引き換えに

ルアー購入の沼に沈んでいくことになる。

そのさらに上はタックルパワーを上げて大きなルアーを投げ、大きな魚を釣りたくなる沼もある。

 

とにかく、「ルアー沼」はルアーフィッシングにおいて必要不可欠。

多くのルアーを使うことで、

その日の潮の速さを掴んだり、

逃げ惑うベイトサイズにマッチさせたり敢えて大きなサイズを使ったり

自分の釣りが確立されてくるに従い、使うべきルアー、使いどころも見え

釣り場に持ち込むルアーも少なくなっていく。

それでも新しいルアーが出れば使ってみたくなり、またルアー沼へ沈んでいくのです。

 

ルアーは安すぎる?

個人的にはプラ製ルアーは安すぎると思っています。

1個2,000円も出せば大抵のシーバスルアーは買えるし、

ショアジギングやオフショアで使う大きなサイズのルアーも3,000円~4,000円で買えます。

手軽に買える価格だからこそ、簡単にルアー沼に入っていくし

資金がなくなるまで辞めれないようなリール沼とはまた違う感覚です。

昨今、問題となるワームなどのルアーは安いために釣り場でポイ捨てされるなど

単純にルアーも価格が上がれば、もっと大切に使われていくでしょう。

少しの傷などは補修して使うことも可能だし、塗装が剥がれてしまっても

また自分でオリジナルカラーで貼るなり塗るなり楽しめたりもする。

販売数が落ちても、価格の値上げで補うことは可能だと思うし、

ルアーを粗末にポイ捨てしたりする人も減ると思う。

 

根掛かりなども、すぐにラインを引っ張って切らないで救出する方法は沢山あり

ラインが切れてしまえば後にゴミとなるルアーが、一つでも水辺から少なくなれば

環境にとっても魚にとっても良いことずくめですから、

たった2,000円で買えるルアーであっても大事に使って欲しいと思います。

あ、ルアー沼は多分釣りを辞めるまで浮いたり沈んだりを繰り返しながら

抜けることは出来ない、

ルアーフィッシングを楽しむうえでほぼ全員がハマる、面白い沼でもある事を

ご紹介しました。

もちろん自分もルアー沼にドハマり中ですよ!

TFO1おすすめルアーたち

 




 

 

 

 

釣行記

2020/9/20

1か月ぶりの釣り。

2020/09/20 14:00~17:30 風:微風 波:90cm 約1か月ぶりの釣り。 昨日も自宅で仕事をしていたため、朝マズメ起きる体力が無い。 この時期はいつもそうだ。 寝ないで行くには朝陽が昇る時間が遅すぎるので、釣りに行くバランスが崩れる。 波情報を見ると、1m・・・・。 ダメでもドライブ気分で海に向かう。 漁港や磯には釣り人の姿が多い。 エギングを楽しんでる人も居れば、家族でアジを釣ってるのかな? やっぱり大自然で楽しめる釣りは良い。 マスクをしなくても楽しめるレジャーは少なく、釣りは小さい ...

ReadMore

エギング

2020/9/22

そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」

イカはエギ追いかけて来るのに見切られて釣れないな~ 誰しもそんな時はあるが、イカも魚同様に捕食しやすいレンジが存在する。 秋シーズン特有の数釣りを楽しむためにもっとも楽な方法は 釣り仲間と”誘う役・エギを抱かせる役と二人で組む”ことですが 一人でも数釣りを楽しむ方法をご紹介しましょう!   そのエギングテクニックでは釣れませんよ!「巻くだけでアオリイカは釣れる」 数釣りが出来る方は、フィールド・天候・時間を問わずに 釣果を上げれる方です。 特に秋シーズンはどのポイントもエギングを楽しむ方が多く、 ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/9/19

釣具ランキング~2020/09/19 エギング人口は増え続ける

しばらく釣りで海を訪れてはいませんが、 仕事で海岸沿いを通ると、 テトラの上や漁港などにエギングを楽しんでいる釣り人の姿がチラホラと。 ロッド・リール・ライフジャケット・フィッシングシューズなど 最低限の装備だけ積んで、車から降りたすぐ側でエギングを楽しめるのも 秋シーズンの良い所ですね! 手軽さ・食べて美味しい、道具も軽い事など女性や子どもさんまで楽しめるエギングは 釣りを始める切っ掛けにもなり、こんな世の中だからこそ 大自然の屋外で楽しめるレジャーとして今後もエギングを楽しむ方は増え続けて行くでしょう ...

ReadMore

エギング

2020/9/17

そのエギングテクニックでは釣れませんよ![初心者がアオリイカ釣果を上げるコツ]

9月に入れば朝から夜まで釣り場には多くのエギングを楽しむ方が。 その昔、Twitterのアンケート機能で ”1シーズン平均何匹のアオリイカを釣りますか?” 1.0~10匹    70% 2.  30~100匹    20% 3.  100~200匹  10% こんな感じの結果が出て、 釣行回数や、釣り歴などデータは無しのいい加減極まりないアンケートでしたが 年に5~6回程度エギングに行く知り合いも、シーズン10匹程度と話していたので 1釣行2匹程度で満足しているそうです。   どの程度の釣果で満 ...

ReadMore

県内外情報

2020/9/20

福井県へGo Toトラベルキャンペーンを利用してお得な旅を!

連日のようにワイドショーやTVメディアでは 新型コロナウイルスの感染者数の話題、 感染者数が少なければそれに関連した政府のコロナ関連政策の揚げ足取り。 今話題の「Go To キャンペーン」 7月27日から8月20日までのべ420万人が利用したと国土交通省から発表があり、 施設でGoToを利用された方で感染が出ているのは一人だけとも 西村経済再生相の話もありました。 メディアなどでは面白おかしくGoTo利用したから感染したような報道ばかりですが 施設での感染者数はたった一人です。   国や県の非常 ...

ReadMore

-ルアー
-

© 2020 The firstone