個人的な思い

久しぶりに海のゴミについて考える

かなり久しぶりに文章をこのサイトで書きます。

毎年夏になると海のゴミ問題がクローズアップされていますが、

やはりメディアの力は大きくて、

今年はいつもより海洋ゴミに関して人気タレントが漂着ごみの多い地域を訪れたり

クローズアップされている気がします。

我々釣りを楽しむ釣り人は釣り経験が長くなるほどに

ゴミに慣れていきます。

人間とは恐ろしいものです。

釣り場でのごみ問題に関してSNSなどでも取り上げている人は

釣り経験が長い人よりも、釣り歴の浅い人が多いのが事実です。

その理由は

自分も子供と海水浴場を離れたサーフへ貝殻を拾いに行ったときや

カメラマンとしてモデルさんを撮影でサーフへ行った時など

子どもやモデルさんの第一声は・・・・海綺麗ではなく

なんてゴミだらけで汚いの!」でした。

自分はいつものゴミだらけのサーフに慣れてしまって

何も感じなかった。

逆に初めて、整備されゴミ拾いが行われている観光地や海水浴場しか

見たことのない人にとっては受け入れがたい漂着ごみの山に

絶句してしまう・・・・

これが釣り人の中でもいつも見ている人と釣りを始めた人との大きな違いでもある。

釣りの経験が長ければ、ルアーロストやラインを切ってしまったことなど

多々あり、ゴミを出していないとは言えなくなってしまうことも

メーカー・個人ともに罪悪感となり声を大にしては言えなくなってしまう事もある。

 

海にあるゴミは、人類の全てのゴミが流れ着いている

これもかなり前に記事として書いたが、

漂着ごみの多くは海外から流れ着いた漁業の漁具だったり

生活用品のプラスチックごみです。

しかし、海流が日本へ向けて流れただけで

日本のゴミもまた違う国へ流れて着き漂着ごみとして

「日本のくそヤロウども」と思われているのが現状なので

お互い様なのです。

新型コロナウイルスも一部の国で抑えたところで、全世界で抑えなければ終息といえないのと

同じようなことですね。

 

そして海のゴミは釣り人が出すゴミ、漁業関係のゴミ、漂着ごみの他に

街から流れてくるゴミも多数です。

空前のアウトドアブームともいわれ、キャンプをする人が増えれば

ポイ捨てゴミも増える。

BBQが流行ればゴミを放置し川に流れ、海へ辿り着く。

水は山から街を通り海に流れ着く。

 

その道中でポイ捨てされたゴミの多くは河川でも取り除かれてはいるが、

大雨が降ったりすると一気に海へ流れていきます。

人が出す、すべてのポイ捨て・放置ゴミは海へと流れつく。

 

海の漂着ごみとして大きくクローズアップされるのは

色んな利害関係を除けば、人はみんな海が好きだから。

恋人やご夫婦、友達や家族と海の想い出を持っている人は非常に多いでしょう。

海には人を癒す力があるし、釣りを始め多くのマリンスポーツを楽しみ

人生の糧としている人達も多い。

海を眺めるだけが好きな人も多い。

しかし、そこにすべての人間が出すゴミが流れ着いているのを目の辺りにしたら

どうしますか?

あなたの眺めに行く海が綺麗なのはきっと観光地やお店などが近くにあり

ゴミ掃除を有志の方や観光地の方々がマメにゴミ掃除を行っているからです!

ゴミは拾わなければなくなりません。

海のゴミだけでなく、山や川に遊びに行ったとき、

街の中でもゴミはゴミ箱に入らなければすべて海に辿り着いてゴミとなっていることを

覚えておいてください。

あなたの子供たち、お孫さん、数十年後には海で泳ぐことが出来ないほど

ゴミに覆われた海となってしまうのを止めるのは今を生きている私たちなのですよ!

 

毎年、お盆の期間は釣りをせず海に行きゴミ拾いを行っています。

ゴミ拾いをしているとその光景を見て周りの方が手伝ってくれたり

ありがとうと感謝されることもありました。

ゴミ拾いが出来ない人なんていないし、ゴミを出さない工夫も容易に出来ます。

誰かがゴミについて発信し続けていかなければ、

海のゴミや釣り人が出すゴミも減らないでしょう。

ルアーをロストし、ラインも切れてしまったのであれば

その分の倍のゴミを持ち帰りましょう!

それが釣り人の海で遊ぶものとしてのマナーではないでしょうか?

 

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-個人的な思い

© 2022 The firstone