個人的な思い

釣りの未来を変える「AI(人工知能)とICT(情報通信技術)」

釣り場を探す際には

    • 魚が入ってくる水深
    • ベイトの有無
    • 釣りが出来る安全な足場

など

色んな条件を満たした場所を

グーグルMAPなどで検討を付けて探すわけですが

未来の釣りにはそんな事は必要なしになっていくのでしょう。

 




 

魚を獲る事や養殖に資金が動き出す

 

国が、AI(人工知能)ICT(情報通信技術)を活用した

魚介類の選別・加工システム開発に乗り出す。

YAHOOニュース

漁で捕獲した魚は漁港にて

魚種やサイズ、脂の乗りなどの分類作業は

人手にて行われていますが

省人化されていく。

 

 

NTTドコモはNECと提携し、

月内にも水産養殖業者の生産効率を高めるサービスの提供に乗り出す。

養殖のいけすや水槽の稚魚の数を

スマートフォンの画像認識技術を使って正確に把握し、

最適なエサの量の算出や精度の高い販売計画策定に生かす。

3年後に100社への導入を目指す。

ドコモは携帯電話販売以外の事業を強化している。

農林水産省はICTによる農林水産業の効率化を支援しており、

ドコモも“もうかる水産業”の実現をサポートする。

ドコモとNEC、“もうかる水産業”で提携。スマホで養殖管理

 

大手企業が自動車業界を取り巻き

AIの完成を加速化させていますが

釣り業界にも今後AI技術は活用されていくでしょう!

リール内部に詳細なデータが送り込まれ、

ヒットしたサイズ・魚種を瞬時に判断し

最適なドラグ設定を導く・・・・・・・。

将来のステラやイグジストにはきっとこんなテクノロジーも組み込まれているかも?

 

それとずっと思い続けている事ですが、

ICT(情報通信技術)を利用して

日本中のベイトの動きを予測。

何月何日頃は巨大なベイトが接岸するやこの海域に溜まっているなどを

AIが予測。

ひと目で判断できるアプリを開発すれば

多くのアングラーが潮汐や波高をアプリで観る感覚で

チェックすると思う。

 

誰か開発しませんか?アイデアありますよ。

 

まずは漁業から最新の技術は使われていくことになるであろう

「魚がいる場所を予想する」事。

経験から裏付けされた知識や知恵が

AIやICTによって必要ではなくなっていく時代が来るのは

良い事でもあるが、悲しい事でもありますね。

 




 

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2020/2/25

釣具ランキング~2020/02/25

フィッシングショーでお会いした方々と沢山の情報交換もし、 充実した日となりました。 釣れる時期がおかしい、沖でしか釣れない、など もうすぐに春シーズンが始まりますが、暖かいから釣れる時期も早くなるのか? そう簡単にはいかない春シーズンとなりそうな予感ですが それはそれでまた楽しいのが釣りです。   1匹の価値をドンドン重くしていき、たくさん釣り場へ通い苦労して釣りあげた1匹は 「この年、ぜんぜん釣れなかったんだけどやっと釣れた1匹なんだよね~」と 友達や家族に自慢してあげてください(笑) &nb ...

ReadMore

ルアー

2020/2/24

ぶっ飛び君75HS、このクラス最高飛距離のダウンサイジングモデル

ジャンプライズから誰でもミスなく飛距離を出すことが出来るルアー 「ぶっ飛び君シリーズ」に新たなサイズモデルが登場しました。 飛距離が飛ぶだけではないぶっ飛び君シリーズのNEWモデルは ルアーアイが2か所付、アングラーの使用したい状況に合わせ2つの使い方が可能。 詳しく見ていきましょう!   ぶっ飛び君75HSのスペックや使い方は?貫通ワイヤーで対青物にも使える。 ぶっ飛び君75HSスペック 全長:75㎜ 重量:15.5g アクション:ハイピッチワイドロール+水平スライドダート リング:オリジナル ...

ReadMore

ルアー

2020/2/22

ルアーカラーおススメなのは本当はあの色!

今までこのサイトの中でもルアーカラーに関しては多くの事をご紹介し 自分でも実践し、研究結果として公表されていることなどもお伝えしてきました。 当サイト内でもルアーカラーの記事は44件。 TFO1.COM ルアーカラー記事   ルアーカラーなんて関係ない。 その一言は色んな意味を含んでいて、 ルアーは巻いて動かすのだから色に反応するのではない、波動に反応する。 こう考えれば説明が付く。 アピールカラーと呼ばれる色は動いていない状況でも人の目には派手さでアピールする。 魚にはどうなのだろうか? &n ...

ReadMore

その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

-個人的な思い
-

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.