波、地形

磯釣行始める方へ、波が高い日は全ての行動前に再確認を!

投稿日:

大きな魚が釣れる秋シーズン!

磯へも多くのアングラーが訪れ

大型青物、シーバス、真鯛など狙う対象魚は多い。

 




しかし磯は危険が多い。

どんなに低い磯でも周りはゴツゴツした岩で

角が立っていたり、蛎殻や亀の手が岩に張り付き凶器と化す。

手にはグローブ、肌も露出させずに釣行すれば

全く問題ないが、それを凶器に変えてしまうのが波の力。

 

波も正面から身構えて受ける分にはそれなりに浮け流すコツを知っているが

気を抜いた瞬間にそれはやってくる。

 

自分はまだまだ磯初心者です。

波が1m超えた日はもしかすると物凄く釣れるかもしれないが

その前に立ち位置が完全に水に浸かりランディングに困るので

波が1mでは釣行中止。

 

しかしこれは自宅に置いての情報。

波が60~80㎝では釣りが可能と思い

海に向かった、その日の釣行中にそれは起きた。

 

 

磯釣行、甘く見た60㎝の波高計

 

波高計は釣行前夜から常に1時間置きにチェックし

海に到着する前も何度も確認。

 

波は下がり過程で、立ち位置も凪の日から比べて10mは下がるが

キャストは出来る。

しかしランディング場所を見つけられないまま釣りを初めてしまった。

リールを巻いてる間も波を見ながら、どこならランディングできるかな?と

常に前方の波だけを確認し、自分の後ろがどの程度

波を受けているのかをチェックしていなかった。

 

魚がヒット!大きなサイズ。

運よく?良い波が来て魚を足元まで。

波高計では下がり勾配だったチャートだったのに

波が大きくなってるような気がした。

 

リーダーを掴み魚をキャッチし5m程後方の大き目の岩に乗り

足元に置いた魚を撮影しようとした瞬間・・・・

高さは大きくないが流れが強い波を横向きに受ける。

 

波に押され岩から落ちたが両足で着地。

その時にルアーにはまだ魚が付いていたが後方に流されて

弧を描いたロッドの反発でフックが外れ、ルアーが自分目掛けて飛んでくる。

記憶を思い起こすと

その時にロッドを立っていた岩に叩き付け折れる。

磯で流される

 

お盆だったからなどと呑気な記事を書きましたが、

確実にランディングをする場所を誤った結果だし

画像を撮影しようとした場所も、どの程度波が被っているのか

未確認でした。

ここなら大丈夫だろう・・・・

大きな魚が釣れたことから冷静に波を見れなかった。

 

低い岩だったので落ちても大した事は無いが

もしも頭を打っていたら?

そのまま流されて「お盆なんかに釣りに行くから死んだんだな」と

無残な姿を晒していたかもしれない。

 

実際に海に行けば、波高計は目安でしかなく

セットで来る波は波高計の倍以上の高さになったり

凪の日でも発生するヨタ波にご注意

波の強さも計算で予測できる物はない。

 

出来るのは波から絶対に目を離さない事と

常に波に対して恐怖を感じ続ける事も重要ですね。

気を抜いた瞬間にやつらは襲ってくる。

この日海に到着して30分もせずロッドが折れて、強制終了でしたが

ロッドが折れなかったらそのまま続行して

更に高くなった波で今度は怪我をしていたかもしれない。

ロッドの破損は痛い出費ですが、良い経験をしたとして

これからも磯に立ち続けたいと思います。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/11

釣具ランキング~2019/08/11

本日は20万人が押し寄せる三国花火です! 会場は有名一級スポット「雄島」にかなり近いエリア。 明日は魚が釣れるか?楽しみですね~・・・。   それにしても今年、磯マルはワラワラ沸いてるし、沖の方ではヒラマサが大爆釣だそうで 9月が楽しみですね~!   釣具ランキング~2019/08/11   No.1 ジャンプライズ ポポペン   No.2 ポジドライブガレージ スウィングウォブラー   No.3 シマノ コルトスナイパーSS   No.4 シマ ...

ReadMore

魚の生態

2019/8/10

最強の男VS最強の魚!

今回は爆笑必死のファイト動画です。 ファイトする魚は、『ゴリアテ』 日本ではタマカイと呼ばれている魚ですが、度々モンスターの様なサイズが釣り上げられています。 アベレージサイズが約2m、最大記録で3mとも400㎏ともいわれる魚で 人を襲った記録としては残ってないそうですが、 オセアニアの一部には「タマカイはダイバーを丸飲みにしてしまう」と恐れられている。   最強の男VS最強の魚 今回のタマカイ(ゴリアテ)とファイトする3人は アームレスリングチャンピオン、ウェイトリフティングチャンピオン、フィ ...

ReadMore

-波、地形
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.