釣行記「お盆後半戦」

お盆前と比べると、涼しくなったを通り越し

朝晩は日中との気温差が大きく肌寒いと思えるほどに。

 

海の方は車中泊している方も多かったお盆前半戦に比べて

人も少なくなり、台風が接近していたりで

海の方も荒れていた。

 

後半戦初日は、仕事も始まっていたので土曜日。

波が高かったので朝陽が昇ってから海へ。





 

途中通り過ぎる漁港では大家族がアジ釣りをしていた。

お盆らしい光景で、初めて釣りをした時のことを思い出したり

親戚のうちに何十人も大人が集まって

呑めや歌えの宴会が繰り広げられていた事も思い出したが

自分達の世代には、近い身内しか集まらなくなり

寂しい反面、時代の流れなのか・・・とも。

 

釣り場に到着すると、こんな早い時期から

「エギング」を楽しんでる人が多い。

釣り上げられたアオリイカ新子はまだまだリリースサイズ。

やっている人達も、どれくらいのサイズなのか確認に来ているのだとは思うが・・・

流石にまだ早過ぎだと思う。

 

波飛沫が上がり

波は1m以上、ゴミが多いが

なんとか潮が流れる時間帯にキャストする。

ベイトも荒波の中変わらず群れていたが

数は少なくなったような気がした・・・・

当然狙うはヒラマサ!だが

何の反応もない。

潮がだれてゴミが多くなると

ボトムを狙ってキジハタが釣れる。

このポイントはキジハタが良く釣れるために

色んな狙い方を試すことが出来たので

かなりの確率で釣れるが、それはそれでまた面白くないのが釣り。

 

トップに戻して、ヒラマサを狙うが回遊は無し。

次の日は朝早くに釣り場に付くが、風邪をひいたのか?

頭痛がした為にロッドを降ろさずにとんぼ帰り。

 

今年のお盆はヒラマサと出会えたし、タックルを損傷した去年とは違い

何も起きずに無事釣りを楽しめたお盆でした。

これから9月に入ると青物の回遊も期待できるし

楽しみなシーズン本番が始まりますね!


 




 

-釣行記
-,