ロッド

シマノ対ダイワ「セフィアVSエメラルダス・エギングロッド対決」

投稿日:2017年6月16日 更新日:

シマノ・ダイワ共に、エギングタックルは

同時期に発売されています。

2017年も同時期に発売!

あなたは

シマノロッド?

ダイワロッド?

どちらを選びますか?

 

 

どんどん軽くなる圧倒的な軽さ!

 

エギングロッドはどこまで軽くなっていくのでしょうか?

年々メーカーの進化は続き、100gを切らなければ

今のエギングシーンでは"軽いとは呼べない"程になってます。

 

まずは2017年6月発売の

シマノセフィアci4+のスペックと

2017年7月発売の

ダイワエメラルダスMXのスペックを見て行きましょう。

 

 

シマノセフィアci4+

Shimano.H.P

 

 

ダイワエメラルダスMX

DAIWA.H.P

 

シマノセフィアci4⁺、ダイワエメラルダスMX共に

ほぼ全てのアイテムで100gを切る自重。

シマノは前作も100gを切っていましたが・・・・。

どこまで軽くなるのか分からないが

1日中ロッドアクションが必要なエギングにおいて

少しでも軽いことは メリットしかありませんね!

 

ではシマノ・ダイワどんな特性があるのでしょうか?

 

 

シマノセフィアci4⁺ ムチのようにしなるがブレの収束は早い!

 

今回のシマノセフィアci4⁺は

シマノ・エギングロッド、ハイエンドモデルの

セフィアエクスチューンの下位機種 

となるが、搭載されている機能は

エクスチューンと同じ機能が多く搭載されています。

セフィアci4⁺に搭載されてない一番の違いは

エクスチューンに搭載されているモノコックグリップ

ぐらいですね!

 

まぁその辺りはエクスチューンはハイエンドモデルですから

当然ですね。

 

 

注目はムチの様にしなるS803L・S806L

この2機種にはソフチューブトップが使用されています。

 

ソリッドティップのしなやかさと

チューブラーの高感度を兼ね備える。

しかしベリーからバット部には硬さがあり

ティップが柔らかいとキャスト後にブレが生じ

それが飛距離の減退要因にもなったりするが

そこはシマノテクノロジー!

「スパイラルX、ハイパワーXとXガイドにより

ブレずにピタッと止まる!」と

シマノインストラクターの湯川マサタカ氏絶賛です。

 




基本性能を磨き直した新生エメラルダスMX

ダイワ・エメラルダスMX

ブランクにはハイクラスにも使用している

軽量・高弾性・高反発カーボン「HVFナノプラス」に加え、

ネジレ防止の最適構造である「X45」で補強。

力強いキャストやジャークを繰り返すエギングにおいて

ブランクがブレない爽快な使用感を実現。

ダイワ・エメラルダスMXもハイエンドモデルに使用されている

HVFナノプラスカーボンが使用され

ロッドのネジレを防ぐX45が採用されている。

こちらもキャストやジャーク時にブランクがブレない

使用感を実現!

ダイワ・エメラルダスMXは86MH・89Mを

除きすべて90g台と価格は抑えられているが

前作よりも15g近く軽くなっている。

ハイエンドモデルと同テクノロジーが使用されて

エギングを何年か経験し、次のタックルを求めている人は

この価格でハイエンドモデル並みの王道ロッドを

手にするチャンスではないでしょうか!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ エメラルダス MX(アウトガイドモデル) 86ML・E
価格:21546円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

 

 

ハイエンドモデル並みのスペックで価格は抑えられた下位互換

 

シマノ・セフィアci4⁺、ダイワエメラルダスMXどちらも

軽さとしなやかさ、剛性を兼ね備え

道具の進化は恐ろしいスピードで進んでいることを

両メーカー共にアピールしています。

 

ハイエンドロッドではありませんが、2017年は

下位互換タックルが実に豊富で、下位機種でありながら

ハイエンド並みの性能を持ち価格は抑えられての

登場となるタックルが多い。

 

アングラーとしては喜ばしい限りですが

ハイエンドには流石!メーカーのテクノロジーが

全て注ぎ込まれているのも事実。

その領域に踏み込むための第一歩として

シマノ・セフィアci4⁺とダイワ・エメラルダスMX

を使っていくのが賢い選択だと思います。

 

年々釣り場は少なくなり、しかしエギング人口は

増え続けイカも渋くなる一方ですが

自分の得意とするシーン、タックル選定で

エギングを楽しむ最高のロッドの登場ですね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/8/26

釣具ランキング~2019/08/26

今週、北陸地方の天気予報は雨だらけ。 少し涼しくなるかな?と思ったけど一時的なもので、 まだまだ最低気温は20度を超えている。 これから雨が多くなり、水温が少しずつ低下してくると 海の方は秋シーズンが開幕します!   ベイトはカタクチイワシ。 カタクチイワシは年に何度も産卵します。 春のカタクチイワシは成長もゆっくりで、ある一定のサイズになるとすぐに沖へ出てしまう。 しかし秋のカタクチイワシは一度接岸すると2週間程度はその近辺を回遊し 大型魚はそれを当然のように狙って接岸してきます! 秋はルアー ...

ReadMore

no image

釣行記

2019/8/25

20分釣行!

2019/08/25 お盆の間もずっと休みなく働いていたので、久しぶりの休み。 午前中は色々やりたい事を済まして、波が落ちてくる15時頃から海へ。   途中でスマホを忘れてる事に気付いたけど、すぐに帰ろうと思っていたので そのまま海へ着いたが、波は一瞬落ちたけどまだ強烈なうねりが・・・ 辺り一面、藻だらけで10投だけで終了。 毎年、お盆は釣りに行かないが特に今年は忙しくて夏の釣り満足に出来なかった。 これから始まる秋シーズン、釣りに行く時間をなんとか生み出したい! 今年の夏は始まるのが遅くて、あ ...

ReadMore

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

-ロッド
-, ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.