ロッド

シマノ対ダイワ「セフィアVSエメラルダス・エギングロッド対決」

シマノ・ダイワ共に、エギングタックルは

同時期に発売されています。

2017年も同時期に発売!

あなたは

シマノロッド?

ダイワロッド?

どちらを選びますか?

 

 

どんどん軽くなる圧倒的な軽さ!

 

エギングロッドはどこまで軽くなっていくのでしょうか?

年々メーカーの進化は続き、100gを切らなければ

今のエギングシーンでは"軽いとは呼べない"程になってます。

 

まずは2017年6月発売の

シマノセフィアci4+のスペックと

2017年7月発売の

ダイワエメラルダスMXのスペックを見て行きましょう。

 

 

シマノセフィアci4+

Shimano.H.P

 

 

ダイワエメラルダスMX

DAIWA.H.P

 

シマノセフィアci4⁺、ダイワエメラルダスMX共に

ほぼ全てのアイテムで100gを切る自重。

シマノは前作も100gを切っていましたが・・・・。

どこまで軽くなるのか分からないが

1日中ロッドアクションが必要なエギングにおいて

少しでも軽いことは メリットしかありませんね!

 

ではシマノ・ダイワどんな特性があるのでしょうか?

 

 

シマノセフィアci4⁺ ムチのようにしなるがブレの収束は早い!

 

今回のシマノセフィアci4⁺は

シマノ・エギングロッド、ハイエンドモデルの

セフィアエクスチューンの下位機種 

となるが、搭載されている機能は

エクスチューンと同じ機能が多く搭載されています。

セフィアci4⁺に搭載されてない一番の違いは

エクスチューンに搭載されているモノコックグリップ

ぐらいですね!

 

まぁその辺りはエクスチューンはハイエンドモデルですから

当然ですね。

 

 

注目はムチの様にしなるS803L・S806L

この2機種にはソフチューブトップが使用されています。

 

ソリッドティップのしなやかさと

チューブラーの高感度を兼ね備える。

しかしベリーからバット部には硬さがあり

ティップが柔らかいとキャスト後にブレが生じ

それが飛距離の減退要因にもなったりするが

そこはシマノテクノロジー!

「スパイラルX、ハイパワーXとXガイドにより

ブレずにピタッと止まる!」と

シマノインストラクターの湯川マサタカ氏絶賛です。

 




基本性能を磨き直した新生エメラルダスMX

ダイワ・エメラルダスMX

ブランクにはハイクラスにも使用している

軽量・高弾性・高反発カーボン「HVFナノプラス」に加え、

ネジレ防止の最適構造である「X45」で補強。

力強いキャストやジャークを繰り返すエギングにおいて

ブランクがブレない爽快な使用感を実現。

ダイワ・エメラルダスMXもハイエンドモデルに使用されている

HVFナノプラスカーボンが使用され

ロッドのネジレを防ぐX45が採用されている。

こちらもキャストやジャーク時にブランクがブレない

使用感を実現!

ダイワ・エメラルダスMXは86MH・89Mを

除きすべて90g台と価格は抑えられているが

前作よりも15g近く軽くなっている。

ハイエンドモデルと同テクノロジーが使用されて

エギングを何年か経験し、次のタックルを求めている人は

この価格でハイエンドモデル並みの王道ロッドを

手にするチャンスではないでしょうか!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ エメラルダス MX(アウトガイドモデル) 86ML・E
価格:21546円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)

 

 

ハイエンドモデル並みのスペックで価格は抑えられた下位互換

 

シマノ・セフィアci4⁺、ダイワエメラルダスMXどちらも

軽さとしなやかさ、剛性を兼ね備え

道具の進化は恐ろしいスピードで進んでいることを

両メーカー共にアピールしています。

 

ハイエンドロッドではありませんが、2017年は

下位互換タックルが実に豊富で、下位機種でありながら

ハイエンド並みの性能を持ち価格は抑えられての

登場となるタックルが多い。

 

アングラーとしては喜ばしい限りですが

ハイエンドには流石!メーカーのテクノロジーが

全て注ぎ込まれているのも事実。

その領域に踏み込むための第一歩として

シマノ・セフィアci4⁺とダイワ・エメラルダスMX

を使っていくのが賢い選択だと思います。

 

年々釣り場は少なくなり、しかしエギング人口は

増え続けイカも渋くなる一方ですが

自分の得意とするシーン、タックル選定で

エギングを楽しむ最高のロッドの登場ですね!




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

個人的な思い

2020/10/23

子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ

アウトドアブームに乗って釣りを楽しむご家族の姿が 海や川、湖などでもたくさん見れて 釣りから命を学んだり、自然を学ぶなど街中では得られないことを体験する、 人生が豊かになるレジャーです。   しかし水辺には数多くの危険が潜んでいます。 近くに大人がいても、子供さんが水辺に落ちた際には亡くなる事故も多く 楽しい釣りが人生を狂わすことにもなりかねません。   子ども達に、海や川の水の怖さを教える大切さ 自分達が小さい頃は、子どもだけで釣りをすることもありました。 その当時、釣りに行くという ...

ReadMore

魚の生態

2020/10/21

青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし。

まず突然ですが、釣りには可も無く不可も無い。 ”絶対に今日は釣れる!”と過去の実績がある 潮回り ベイトの有無 波高 であったとしても釣れないときは釣れない。 だから釣りは面白い訳で、毎日行けば10匹釣れる状況だったら 多くの方が釣りを長く楽しめていないと思います。   しかし、全く釣れないと面白くないのも釣り。 多くのアングラーが週に1度か2度行けるかどうかの中で どのように青物回遊を考えれば良いのか? 自分なりに出した結論を公開します。   青物回遊や時期、釣れる場所の秘密のはなし ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/10/19

釣具ランキング~2020/10/19

休日に観光地へ行けば久しぶりに? 人混みを見て少し活性が戻ってきたような気分に。 釣りを含めたアウトドア関連商品は昨年度の売り上げと比べても 200%UPだったり、数か月前は密を避けようと意識的に植え付けられたものが 今では、アウトドアを楽しもうと意識が違うだけでも この数か月で大きく変化しました。 よく考えてみれば、日本は四季があるので季節ごとに違う景色を楽しめたり アウトドア大国なのかもしれませんね。 人が増えれば色々問題も噴出しますが、 今後釣り場も整備されたり、もっと釣りが身近なものになっていくか ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「Amazonプライムデー」釣具もたくさん登場してるよ!

2020年10月13・14日だけ開催され Amazonプライム会員のみが参加できる 毎年開催されるわけですが、釣具はほとんど興味のない品ばかり・・・ でしたが、さすが「GAFA」の一つ、Amazon。 すぐに修正してきたと言うべきか釣具も充実したプライムデーとなっています。 少しご紹介しましょう!   Amazonプライムデー釣具も良いもの沢山出てるよ! アブガルシア(Abu Garcia) タイラバ カチカチ玉 シマノ(SHIMANO) ルアー フラットフィッシュ 熱砂 ウイングビーム 80H ...

ReadMore

イベント

2020/10/13

「前澤友作」氏が本気で釣りのプロを募集中!

アングラーの皆さまに面白い内容です! 起業家、実業家、ZOZOTOWNを急成長させて話題となった 『前澤友作』氏。 彼が釣りのプロを募集しています! 前澤友作氏の釣りのプロ募集概要 募集に至った経緯 実は前澤の小さい頃の夢は漁師。 狩りをすることを仕事にする漁師に強い憧れと尊敬の念を持っています。 漁師にはなれなかったものの、 ときには地元千葉から船を出して仲間と釣りを楽しんだり、 海外でも時間を見つけては大物を狙ってトローリングしてみたり、 釣れても釣れなくてもぼーっと全てを忘れて没頭できる釣りが大好き ...

ReadMore

-ロッド
-, ,

© 2020 The firstone