釣行記

釣行記

久しぶりの釣行記。

自分の自由が利く時間は狂ったように海に足を運ぶ。

週末の睡眠時間は数時間のみだが

体調は慣れるのか、体力的には充分な状態。

 

空が白み始めると、磯へ渡り

鳥が飛び立つよりも早くキャストを始める。

まだ視界が完全に開けない海の色はダークブルー。

濃い青色をしていて、クリアなのか濁りが入っているのかは

明るくなるまでははっきりしない。

 

それよりも自身がルアーの位置や状況を少しでもつかみやすくする為に

視認性の良いチャートカラーを使うことが多い。

視力が急激に低下し以前は良く見えていたカラーでも

薄っすらとしか見えなくなった。

年齢の経過と共に衰えていくのはこういう事か・・・。

魚も大型になり老魚となると視力は衰えていくのだろうか?

そんな事を考えながらキャストを繰り返す。




 

この空が明るくなる時に訪れる時合いは

シーバス。

ダイビングさせたペンシルが浮き上がった瞬間にバイトしてきたり

水面をドッグウォークさせて2,3秒放置させた時にも

バイトが多発するが時合いは10分ほど。

この時間帯にヒットさせないとその後は一切魚からの反応は消えてしまう。

 

潮の満ち引き、そんなものは関係なく

光量だけの感覚で掴む時合い・・・・。

この日も2回のバイト後は2時間ほど一切の魚の反応は消えた。

 

陽が明るくなると、鯛ラバを使って対象魚を真鯛に切り替える。

暗い時間から狙った方が確率が高いのかもしれないが

「青物を狙いたい」気持ちも捨てきれず、

二兎を追う者は一兎をも得ず

この言葉の存在感が脳裏から離れない。

 

この時期、真鯛の魚影は沖でもどんどん少なくなるが

回遊する真鯛を目で確認しているし

この場所に真鯛は居付いているのは間違いない。

未だ決まった時間に磯際を回遊している理由は謎ですが

決まった時間になると現れる。

そして鯛ラバを使用していると好反応を示すのが

「キジハタ(アコウ)」

ボトムまで落とした鯛ラバを5,6回巻いた辺りでも

何度もヒットしたことがあるので、

場所・時期さえ間違わなければ割とイージーに釣れる魚でもある。

 

ライトロッドで釣りをしているわけではないので

根に潜られることも無いが

毎回この魚の体長に見合わない引きの重さには

驚かされる。

 

そして釣り上げた後の生命力。

リリースするので手早く写真を撮りフックを外し

タイドプールに生かしておくと直ぐに元気を取り戻し

海に返す際には掴まれるのをすごく嫌がる。

フィッシュキャッチャーを口に近づけるだけで

嫌がってそっぽを向く。

まるでこれじゃ喧嘩をしているカップルの様なもの。

話を聞いて欲しいのに聞く耳を持たない彼女に

何とか誤解を解こうとしている彼氏そのものだ。

 

8月初旬まで、毎釣行釣れて鯛ラバのヒットカラーは

ネクタイが赤色のみ。

そして釣り上げたキジハタの殆どが小さなカニを吐き出す。

グリーンカラー・オレンジ・ピンクカラーも使っているが

何故か?赤色にしか反応しないが

これも時期などによって大きく偏りそうな気はする。

 

今年は日本全国気温が異常な温度となっていますが、

水温も同じように7月15日ころから、沖合と陸近くの

水温上昇が一気に3度も上がったり激しい上昇となっている。

第八管区海上保安本部海洋情報部 平成30年7月 詳細水温図

 

本日8月7日は「立秋」で暦の上では秋に入る日ではあるが

残暑厳しい夏となりそうですね。





 

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

魚の生態

2021/6/20

釣れない人必見!「これであなたも間違いなく釣果確率が上がるよ!」

誰もが通る道! 「釣りを始めたけど中々釣れない・・・・」 SNSを見れば、みんな釣れてるのにどうして自分は釣れないのだろうか? こんなことを思うように成れば、 あなたも釣りが上手くなる第一歩です!!   釣れる条件を検索すれば多くの情報が出てきます。 ルアーの動かし方 潮回り・時間 場所 もちろん全ての状況が肝心だとは思いますが、 釣りってもっと簡単なんですよ。 では簡単に釣果確率を上げる方法をお話しします。   釣れる潮回りに釣りに行けば釣れる! 見出しで答えを書いてしまいましたが ...

ReadMore

釣行記

2021/6/18

ララペンよ!何故にそんなに釣れるの?

2021/06/18  08:00~10:30 小潮 風:時に爆風 波0.5m   半年ぶりの釣り。 タックルのチェックも一切していないし 取り合えず忘れ物がないように朝も起きてゆっくりしてから海に向かった。   陽が昇った後の海に続く道のりは仕事の車しか通らない。 観光地としては寂しい限りだけど今しばらくは仕方ないでしょうね。 海には遠くに見えるいつもの場所に一人アングラーが見える。 何も変わらない光景、いつもの海が広がる。   別に魚なんて釣れなくても良かった。 ラインな ...

ReadMore

個人的な思い

2021/6/5

久しぶりに海のゴミについて考える

かなり久しぶりに文章をこのサイトで書きます。 毎年夏になると海のゴミ問題がクローズアップされていますが、 やはりメディアの力は大きくて、 今年はいつもより海洋ゴミに関して人気タレントが漂着ごみの多い地域を訪れたり クローズアップされている気がします。 我々釣りを楽しむ釣り人は釣り経験が長くなるほどに ゴミに慣れていきます。 人間とは恐ろしいものです。 釣り場でのごみ問題に関してSNSなどでも取り上げている人は 釣り経験が長い人よりも、釣り歴の浅い人が多いのが事実です。 その理由は 自分も子供と海水浴場を離 ...

ReadMore

-釣行記
-

© 2021 The firstone