その他 ウェーディング装備

釣り場で起こった危ない話・溺れた人を助けに飛び込まない!

投稿日:2016年5月27日 更新日:

釣りに使用するタックル類には危険なものがたくさん。

フックなど凶器その物 。 活け〆に使うナイフなどを所持している人もたくさんいるでしょう。

その他にも重いジグや重りを全力でキャストすれば 人に当たれば凶器になってしまう。

釣り場で危険な目に合った事をブログ、SNS等などからまとめてみました。

○ フックが顔や体に突き刺さる

7cc5d59ae27ef1595152996a1d001173_s

これは一番多く、自分でやったことならまだしも、人のキャストしたフックが刺さるなど

事件になります。 まだ皮膚などに刺さる程度なら何とかなるが、眼などに刺さった人の

話もあって本気で怖いです。 もしもの場合にフックをバーブレスにする人達も多いと聞きます。

とにかく初心者、危険なキャストしている人の近くには近寄らない。

また自分もキャストする時は必ず後方確認、人が近くに居る時はキャストするよ~ と

一声かけるだけでも良いと思います。

uroko1




ハチや蛇、熊の被害

時期によりますが、渓流釣りの方は熊に襲撃されて逃げまくった等多いです。

ハチなど日常茶飯事ですが、マムシなどの毒蛇に噛まれたりすると車から遠く離れた場所

では命取りになる危険性も有りますね! しっかりとした知識を持って虫やヘビ、熊などに対処しましょう

特に1人で釣行される方は必ず連絡できる手段を持ちましょう。

電波が届かないような場所へ行くなら必ず2人以上でが基本です!

http://www.asahi.com/articles/ASHB54VLPHB5IIPE01P.html

リンクは今年射殺された熊だが・・・・こんなの出てきたら終わりだろw

8072a6532656543602e89109b649e5ce_s

ライジャケ着てなくて溺れて亡くなる

もうこれは1人で釣りに行ってライフジャケット未着用なら自己責任。

誰かが「釣り行こう!」 とライフジャケット所持してない人を誘って溺れて亡くなるなら

誘った人のせいです!

ライフジャケットを過信するわけではありません。着用していれば落水時100%助かるわけではない。

まずは波や風が強い日の釣行に初心者を連れて行かない!

同行するなら、釣り方を教えるのではなく

「危険な立ち位置をまず教える」

こういう事が出来ないなら釣りしなくて良いと思う。

漁港なら釣り竿1本あれば安全に釣りできるでしょ? と思うのが初心者で

しっかり見ていてあげないと、どんどん危険な場所に入って行ったりする。

海の濡れた海藻のツルツルさを知らない人は意外に多い!

それと溺れた人がいたら無闇に飛び込まないこと。あなたも溺れます。

大声で周りに知らせ、持ってきている浮力になるようなものをまずは海にありったけ投げ入れる。

(ペットボトル、バッカンは蓋を閉めて、靴、バッグ類)

その上で飛び込むなりロープ類を投げ入れるなりの手順を踏まないと

溺れる相手の所にたどり着いてもパニックに陥っている人を助けるのは

ライフセイバー等の資格を持った人でないと素人では難しいのが現状です。

飛び込む場合は貴方も死ぬ覚悟で飛び込む!のが現実です。

473538c1420555a6061def33c20879fe_s

119番、118番へ通報してから救助隊が到着するまで約8分間と言われていますが

その間とにかく落ちた人から目を離さない、大声で周りの人に気づいてもらい救助を

呼んでもらう。 自分のシマノ製ライフジャケットには笛が付いていますので

これを吹くことは無いと思ってますが万が一には笛で知らせる。

こんな話も前にあったのを記憶しているが、浮き輪に乗って遊んでいた学生が

海で沖の方に流されて、それに気づいたアングラーがルアーをキャストしてルアーを

引っ掛けて助けたという話・・・・・・・・・・

馬鹿げてるかもしれませんが、ジギングタックルなどで釣りをしている人はもしかしたら

人を引っ張ることは難しくても、沖に流されるのはなんとか食い止めれることがあるかもしれない。

でも必ず流されている人を見つけたら 119番もしくは118番(海の緊急通報)へ連絡してから

助ける手立てを考えて上げてください!

 

釣り人が多くなるこの時期に緊急事態に遭遇することも多くなります。

我々アングラーは通い慣れてる場所であれば、

「どこから救助してあげるのがベストか?」

なども考えておくと良いですね!

溺れる人を見ても直ぐに飛び込まないこと!!まずは浮力になる物を投げ入れる。

それか、子供と一緒に釣行される時は予め、浮輪等も用意していくのが良いです。

まさか自分の身の回りで起こると思わないのが事故ですからね。

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2019/5/19

2019シーズン、初ヒラマサ!

2019/05/19    4:30~8:30 風:無風のち爆風 波:凪   磯はガラガラ閑古鳥。 ブリが上がってるのは沖磯渡船。 まぁ釣れてないとなると地磯はこんなものですが、 釣れてないなら、なんとか釣ってやろう! そんな思いとは裏腹に昨日は、爆風に悩まされ、朝マズメは寝坊で逃し そんな感じでは釣れませんよね。 夜暗いうちから磯へ向かう。 ライトを使わなくても磯を歩けるほどの満月。 綺麗と見とれている場合ではなく着いて早々キャスト開始。 すぐに明るくなり、海の状況、鳥の飛び方が今年一の良い状 ...

ReadMore

釣行記

2019/5/18

[釣行記]エサで釣れないのにルアーで釣れるか!

2019/05/18 6:30~10:00 大潮 風:爆風 波:凪 金曜の夕方頃から眠くて眠くて、これは夜寝たら朝起きれないな・・ 起きたら4:30! 急いで準備をして海に向かう。 磯に上陸すると、ボート渡船で渡って来ていた先行者が突然現れ 岸から全く見えなかったのだが、あちらも泳いできた自分にビックリしていて 非常に心の広い方で、「横開いてるから良いですよ!」とお言葉に甘えて 隣で開始!   トップからまずはスタートする。 ルアーが水面に落ちるとジャボン!と大きな音が聞こえ波もほとんどなく 時 ...

ReadMore

その他

2019/5/17

釣り中の海中転落事故でも生存率が2倍になる複数人釣行!

今年も自身、サイトへ訪問して頂いているアングラーの全ての方が 事故の無いよう願っていますが、ふとした瞬間に海中転落は起きます。 突発的に起きる魚とのファイトや根掛かりを外す行為の最中など 予想だにしない事が突然起きます。 ロッドを手にする事でまず、足元に対しての注意力が欠如する。 ロッドやラインを気にするあまり体感のバランスが悪くなる。 足場が不安定なテトラ帯や高い岩の上から転落した際に水の中に落ちても 陸地であっても、どちらも軽いパニック状態となります。 幸か不幸か、自分も高い位置からの転落は在りません ...

ReadMore

ルアー

2019/5/16

ベイトからルアーにターゲットを切り替えさせる!

久し振りに、ダイバーとして活動するヤスが自宅に来ていたので 前回同様、魚の生態、 釣りを辞めてしまってから彼の止まってしまっている釣具のテクノロジー迄 色んな話をしました。 青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!   彼は10年ほど前に釣りは辞めてしまっていたのですが、 まぁ我々と同じように一つの物にハマるととことん追求しかなり無茶もします。 福井県の大型青物スポットの玄達瀬の近くに知人と行き、 どのダイビングペンシルが有効なのか?船の上からルアーをアクションさせて 自分は海中から ...

ReadMore

魚の生態

2019/5/15

青物(ヒラマサやブリ)の生態をダイバーに聞いて来た!

今年、福井県でとことん不発の青物。 唯一釣れてるのは、沖磯だけと・・悲しい結果で 釣り場もガラガラ、それはそれで構わないがショアジギングを楽しんでいる方は かなり少ないですね。釣れるとまた増えるのだが。   自分の昔からの知人にスキューバーダイビングを楽しんでいる者がいる。 そして今はやらないが昔は釣りも楽しんでいたので、 釣りにも詳しく、 彼は沖縄の海で酸素ボンベをカンカン叩いて魚を集めていたら 3mほどのサメの群れに襲われ、素手で撃退した過去を持つ無類の海好き?です。 地元に帰って来ていると ...

ReadMore

-その他, ウェーディング装備
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.