釣り遠征の一番大きな宿泊費用「車中泊とホテル宿泊徹底比較!」

2018/12/01

釣り遠征に掛かる費用は大きい。

釣具だけでも相当な金額が掛かるのに

遠征費用と迄なると更なる出費は痛い。

そこで九頭竜川にサクラマス遠征で来られる方を例に

釣り遠征費用「車中泊とホテル泊」を比べてみました!





毎年2月1日から~5月31日まで(全面解禁は2月16日より)

サクラマスの聖地九頭竜川に多くの釣り人が訪れます。

 

県外から来られる方が多く、

旅費を抑えるために車中泊をされる方が多くいますが

車中泊は

  • 釣具を洗えない
  • 狭くて快適に寝れない
  • シャワーを浴びれない
  • 車の燃料代が高い

快適性とは程遠くプライバシーは車の中で守られるとしても

不審者などに疑われたり、不審者に狙われたりと

メリットは宿泊費が安く済む。

ただそれだけです。

 

ホテル・旅館宿泊は

  • 冷えた体に暖かいお風呂に入れる
  • 食事もゆっくり取れる
  • 釣具も洗える
  • wi-fiなどを使い情報収集が容易

メリットが多いが宿泊費がかかる。

 

サクラマスを釣り上げることが出来れば良い思い出になりますが

釣れなきゃ遠征に来た思い出も車中泊厳しかった~と

それだけで終わってしまうかもしれない。

では、ホテルや旅館に泊まった場合、車中泊に比べて

どの程度の価格差があるのか?

調べてみました。

釣り遠征 車中泊とホテル泊比較

まず、車で来ることが前提での比較です。

 

釣り遠征で車中泊にかかる費用

車の燃料代

九頭竜川に来られる方の多くが

夕方頃到着し、朝の4~5時頃から活動する。

寝る際はエンジンを付けてアイドリング状態。

1分間に消費するガソリン量

普通車(1800cc)=15cc

約12時間=約12ℓ×ガソリン1ℓ=135円(2018年11月末現在)

一晩の車中泊燃料費=1620円

暖房をつけずエンジンを切る方は

寝袋や窓の防寒対策もしていると思いますが

それなりに初期投資も掛かります。

車中泊釣行必須!!車中泊専用マットで釣果UP!

話題の車中泊グッズなら車中泊専門店におまかせ! 

 

飲食費

夜食と朝食の飲食費で安く抑えても

1,000円~1,500円は最低掛かるでしょう。

 

入浴費

連泊する場合は当然お風呂にも入りたいし

寒さで凍えた体を温めるにも必須ですね。

約800円

 

大体の金額ですが約3,000円~4,000円近くの

車中泊費が掛かっています。

 

食費をもっと削ったりする人もいると思いますが

それでもお金は掛かるわけです。

 

釣り遠征のホテル宿泊にかかる費用

ホテル宿泊費

九頭竜川沿線にはビジネスホテルが何件かあります。

夕食ありプランで6,000円~7,000円(最安値プラン)

ホテルルートイン福井大和田

チサンイン福井

HOTEL cooju fukui(ホテル クージュ福井)

宿泊日が一か月前に決まっていれば

早割り予約プランなど更にお安く宿泊することも可能だったり

大浴場があるホテルなどもあるので

寒さと疲れをゆっくりと癒すことも可能です。

 

それよりも皆さん、

車中泊とホテル泊に

もっと大きな価格差があると思ったのではないでしょうか?

 

実際に

最も安く車中泊をした場合と

ホテル宿泊した場合とでは、2倍の価格差があるわけですが

1泊何万円のホテルに泊まらないのですから

実質3,000円程度の違いだけです。

車中泊でも豪勢に飲み食いをすると

ホテル泊とほとんど変わらない遠征費用となったりもする。

 

ホテルで熱いお風呂にも入り、ベッドでゆっくり体を休め

次の日釣りをしても帰宅する体力迄残しておけることが

ホテル泊をする一番のメリットだと思います。

釣りは自宅へ無事帰宅するまでが釣りです。

 

ぜひ九頭竜サクラマス釣りに県外からお越しになられる方は

体力的にも余裕が持てるホテル宿泊も検討してみては

いかがでしょうか?




-九頭竜川
-, ,