[TFO釣行記]サーフからモンスターマゴチゲット!「Part2」

2016/06/25

誰もいなくなったサーフで、今年あと10日間ほどの

2016九頭竜サクラマスに行こうか迷うが、何となく

まだマゴチが居るような気がした・・・・

また流れ藻が

20160521_105220.jpg

かなり大きなホンダワラの塊、これに掛けたら一発でラインブレークなので

避けるようにキャスト。

「ダイワ・ネオラバー」のスカート部分はかなり長くこの部分にバイト!!

「キュイーン」とゴムが伸びてプッツン切れたのがロッドを通じて伝わる。

確か3本だったと思うが1本が根本から切れていた。

マゴチだろうか?フグ?にしては強い引き。




マゴチは陽が上がって水温上昇がチャンス

今日は数日前と比べると気温もあまり上がらないが陽が登ると暑いくらい。

そろそろ・・・・・

フォールから着底後、またスカート部のラバーが伸びる感じが・・・・・

「早く合わせ過ぎたか?」、と思ったが

追い食いしてきて「ゴン!!!!」

ドラグガチガチでロッドがしなる。

パワーに負け片手でロッド持ちしてカメラのスイッチを押す余裕さえ無い。

ロッドパワーで持ち上げるが、またゴンゴン首振りながら抵抗し

水深深く潜ろうとする。

次は左に走りだす、と少し大きな波が来たのでこの波で

持ち上げるがまだ姿を表さない。

「マゴチじゃない?? シーバス??」かなとも思ったが

なんとか上がってきたのは・・・・・

20160521_120425.jpg

20160521_120653.jpg

20160521_120857.jpg

モンスターか!?

厚みはそれほどではないが、顔はデカイ!!

20160521_120412.jpg

気持ちの良い引きを味あわせてくれたデカさでした。

この時期、大きいマゴチの接岸はあまり望めないかと思っていたが

しっかり接岸してました。

ダイワ・ネオラバーでマゴチ

「ダイワ・ネオラバー」使いやすいルアーですね、

30gもあるがMLロッド使用されてる人は21gで

ボトム着底後、ティップで2回程跳ねあげる

しっかりとボトムを取ってまた2,3回跳ね上げる。

この使い方でマゴチは十分狙えます。

マゴチはルアーのスイム速度よりも兎に角レンジ、

ヒラメのように下から食い上げてくることは

活性が高い時でなければほぼ無いと思ったほうが良いです。

ヒラメ狙うにはこのやり方だと少しスロー過ぎると思いますが。

 

今日も素晴らしい魚に出会えた。

釣りをしない女性に、この画像を見せたらマゴチを知らなくて

20160521_120915.jpg

「え?透明の魚?」と砂と同化して見えたようで可笑しかった。
にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-サーフ釣行, フラットフィッシュ, 釣行記
-, , , , , , ,