ジャンプライズ・飛びキング105HS遂に発売日決定!

2017/12/09

今年発売を一番待ち望んでいた

『ジャンプライズ・飛びキング105HS』

2017年12月8日に発売されます!




ジャンプライズ・飛びキング105HSスペック

井上友樹のジャンプライズ日記

全長:105㎜

自重:44g

価格:1,900円

カラー:全13色

 

ジャンプライズルアー開発者の井上友樹氏が

妄想から始まった『飛びキング105HS』

妄想で終わらずに、性能・実績共に妄想通りに完成したとの事。

 

ジャンプライズテスター陣、井上友樹氏本人による

釣果の方も半年ほど前からSNS等で多くUPされていた為に

発売が待ち遠しかったが遂に発売されますね。

 

 

 

 

 

 

ジャンプライズ・飛びキング使い方・使うフィールドは?

 

メインフィールドとなるのはサーフ。

サーフでメタルジグを使う場面は個人的に10%もありません。

釣行中使っても数キャストのみ。

ミノーやシンキングペンシルが悪天候で

どうしても使えない

波高、暴風時だけで使う場面は殆どなかった。

やはり鉛やタングステンが材質なっているメタルジグよりも

ミノーはボディ内に空気の層がある分

水を掴んで泳ぐ。

 

水を掴まないルアーは流れの強い河川で使うと良く分かるのですが

すぐに水面から飛び出してしまったり、

巻いていても、棒のような物が真っすぐに巻いているだけに

なってしまい反応が無いのです。

これが水を掴まないと表現される。

メタルジグはそもそもが水を掴んで泳ぐ設定では無いし

近年、泳ぐメタルジグもあるがミノーと比べるとまだまだ差は大きい。

アクションレスポンスの差は圧倒的にミノー系ルアーに

軍配が上がる。

 

飛びキング105HSは

メタルジグ並みの飛距離と

ボトム感知能力はメタルジグ並みに優れ

アクションレスポンスはミノー同様!

サーフや磯が荒れた状況であっても使えるルアーの

選択肢がまた一つ増える事になる。

 

ウェイトが44gと少しサーフで使用するルアーとしては

重い部類に入りますが、

昨今のルアーウェイトヘビー化により、

サーフでMLシーバスロッドを使用する人は減り

50g程度までのウェイトを振り抜けるロッドであれば

かっ飛び棒よりも投げやすいでしょう!

 

初回生産分で手に入らなければ次は2月となってしまうそうで

予約開始してますのでお早めに!

ジャンプライズ・飛びキング105HS予約受付中



にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でthe firstoneをフォローしよう!

-ルアー
-, , ,