ショア鯛ラバセッティング方法「誘導式鯛ラバにリーダーとワンタッチでルアー交換できるようにする方法」

ショアから鯛ラバを使い根魚など多くの魚種が

簡単に狙える記事を書いてから

「ショアから鯛ラバでキジハタ(アコウ)が釣れる」もっと簡単にキジハタを釣る!

「スナップやスプリットリングでミノー等と併用して

ルアーチェンジを簡単に行うにはどうやっていますか?」

と質問が何件か着たのでお答えします。

 

自分も質問をくれた方々と同じように、

遊動式鯛ラバ・・・・リーダー直付けをしていましたが

一日中、鯛ラバを使用しているのではなく

あくまでもルアーチョイスの1選択としての

使い方が多い為に、リーダー直付けはめんどくさかった。




 

誘導式鯛ラバそのものにリーダーをセッティングしてしまおう!

用意する物

  • ショックリーダー
  • 溶接リング

 

リーダーを付けて溶接リングに結ぶだけ。

遊動式としてリーダーは30㎝程度の長さがあれば十分だと思います。

 

基本的には「アブガルシア・カチカチ玉でヒラメ・マゴチ攻略「セッテイング編」

カチカチ玉のセッティング方法で行っていますが

60gなどのショアから使うには重めの鯛ラバのみ

リーダーを二重にしてセッティング。

 

これで普段のルアーチェンジ並みのスピードと

その都度リーダーを切らないといけない直付けの煩わしさから解放されました。

 

 

鯛ラバ持ち運び方法

それとこの鯛ラバをミノーなどと同じルアーボックスで

持ち運ぶと、リーダーやネクタイスカートが

絡んでとんでもない事になります。

 

そこで使用しているのが

鯛ラバ購入時のパッケージ。

(画像はシマノのタイガーバクバクのパッケージ)

どうしてなのか詳しい理由は知りませんが

リーダーを上に出して、欲しい鯛ラバを引っ張るだけで

絡み少なく一つずつ鯛ラバを出せますよ。

 

簡単な事を釣行前に自宅ですることで

釣り場で無駄なごみも減らすことが出来るし

誰でも出来る様な事をちょっとの手間を掛けるだけで

より効率良く出来る

鯛ラバセッティング方法でした!




-ルアー
-