カメラ

自動追尾してくれるカメラ!釣行に一人で行ってもカメラマンが付きます

投稿日:2015年11月17日 更新日:

1人でのソロ釣行。 釣れて画像を保存しようとしても全て1人で。

カメラを取り出し、釣れた画像を撮るのは良いが釣ってる最中にラン&ガンしても

そこにカメラマンが居るかのようにカメラ自信が貴方を認識して自動追尾してくれます。

SOLOSHOT - film yourself

使い方も簡単。

撮影したいものを認識させるリモコンを着けるだけ。

sol

これであなたを被写体として自動追尾して離れればズームするし一定の距離感を保って

撮影することが出来ます!




録画スタートもリモコンで離れた位置からでもOK!

ボッチ釣行が、まるでプロアングラーの撮影風景の様にカメラマン付きに早変わりです!!

対応距離は3m~610m  連続稼働時間は4時間。

これ自体がカメラなのではなくて、カメラやビデオカメラはウェアラブルカメラでも、

普段お子さんの様子を撮影したりしてるハンディカメラでOK。

それをこの SOLOSHOT と接続する。

こちらの動画が分かりやすいので観てください!

Robots Filming Robots At RC Race Track - Filmed With SOLOSHOT2

これであなたもプロアングラーのようにカメラマン付きで釣りが出来ます!

 

これは面白い画像が撮れますよ~!

カメラに興味のある方や、動画をUPしている方にオススメです!

にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/7/22

釣具ランキング~2019/07/22

最近、釣り場で幽霊が出るとかお化けが出るとかさっぱり聞かなくなった。 目に見えない物はあまり怖いとか思ったりしないけど 誰もいないのに声が聞こえたり、何となくそんな”気”がしたりって事はあったけど 大人になって年を取るとそんな気を感じることも弱くなっていくのかもしれない。   いや、そんなことない。 今でも釣れる時は魚の匂いがかなりの確率で匂ったり、 何なのか分からないけど、目に見えない物を感じる事は多い。 子供達は夏休みが始まったころかな。 今年の夏は雨が多くて梅雨が長かったけどそろそろ、梅雨 ...

ReadMore

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

-カメラ
-

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.