リール

NEWステラ発売となるのか?

投稿日:

あと半月ほどで、2017年が終わりますが

出るのか?出ないのか?で話題になる

シマノ製リールの最高峰に位置する『ステラ

 

シマノ ステラSW

シマノH.Pには未だにステラSWの

ティーザーサイトが公開され続け、この動画内で

ピックアップトラックを引っ張っていたシーンが

印象的でしたが、2018年にステラは発売となるのか?




 

4年周期で発売されているシマノ「ステラ」ですが

2017年に発売されたシマノ製リールの多くが

廉価版だったり上位互換バージョンだったりで

全く新しいアイデアで造られたリールは登場していない。

シマノ サステイン

シマノ ツインパワーXD

サステインの様な名前は新しいモデルも登場したが

テクノロジーはこれまで上位機種に使われていたものと

代わりは無く、価格を抑えた良い商品だとは思いますが。

 

NEWステラの発表時期はいつ?

 

この時期、ジャパンフィッシングショーへ向けて

シマノ・ダイワ共にNEWタックルの発売を予告しますが

14ステラの時は1月に発売が予告され

3月に発売でした。

 

まだ何の足音も聞こえませんが、

ステラが発売されると、その下に位置する

シマノ製リールの全てのテクノロジーが底上げされると言いますか

例えば実売価格2万円台で発売されているサステイン、

3万円台で発売されているツインパワー・・・・・

使用していますが、メンテナンスは必要となる時が来るのは

当然だとしても

数年経過して、何のトラブルも無い。

 

強風・高波などのかっくな環境下においても

バックラッシュなどのライントラブルなど

多分一度も無い・・・・・

というか「バックラッシュ」なんて言葉久し振りに使った。

今やスピニングリールがバックラッシュなど

有り得ないような時代です。

 

巻いてどの程度滑らかなのか?

ファイト時のドラグ滑り出しの自然さ、

圧倒的な剛性、

軽さ、

フラッグシップに求められる

最高峰のテクノロジーを搭載した「ステラ」・・

2018年も喜びが満ちて来そうで楽しみですね!

 
シマノ ステラ
 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣具ランキング

2019/7/22

釣具ランキング~2019/07/22

最近、釣り場で幽霊が出るとかお化けが出るとかさっぱり聞かなくなった。 目に見えない物はあまり怖いとか思ったりしないけど 誰もいないのに声が聞こえたり、何となくそんな”気”がしたりって事はあったけど 大人になって年を取るとそんな気を感じることも弱くなっていくのかもしれない。   いや、そんなことない。 今でも釣れる時は魚の匂いがかなりの確率で匂ったり、 何なのか分からないけど、目に見えない物を感じる事は多い。 子供達は夏休みが始まったころかな。 今年の夏は雨が多くて梅雨が長かったけどそろそろ、梅雨 ...

ReadMore

ロッド

2019/7/21

ショアジギング最初の1本に!「コルトスナイパーSS」

シマノから発売されているショアジギングにおいて大型魚とも対比できるコルトスナイパーシリーズ。 ハイエンドモデルは「コルトスナイパーエクスチューン」 3ピース(3本継ぎ)モデル「コルトスナイパー」 ミドルモデル「コルトスナイパーSS」 エントリーモデルは「コルトスナイパーBB」   今回ご紹介するコルトスナイパーは エントリーモデルとハイエンドモデルの中間に位置するモデルとして発売される 『コルトスナイパーSS』   ショアジギング用ロッドコルトスナイパーSSのスペック   ま ...

ReadMore

釣行記

2019/7/20

今年トップゲーム初、水柱!

2019/07/20  4:30~7:00 大潮 風:爆風 波:0.5m   台風の進む速度が想定していたより遅い為に 海へ行けるチャンスが! 海に到着すると、釣り人なんて一人もいないし樹々が大きく揺れて風が吹いている。 釣り場のそばに行く前からもう魚の匂いがする・・。   到着してまだ視界がやっと開けてきたかどうかの2投目! 派手な水柱が上がるがルアーには触れてない。 そして細かいアクションに変えるとまた派手な水柱が上がり ロッドに重みが乗る。 自分はトップウォータープラグは9割シン ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/19

これは世界で一番かわいいイカかも! 深海にはディズニーキャラクターが沢山いるのか!?

犬や猫など哺乳類に属する動物は人間には可愛い対象に見えても 魚介類の顔を見て可愛いと思う事は少ないかもしれないが 今回ご紹介するイカは、世界で一番かわいいイカかもしれない!     世界の海にはまだまだ未調査の地域が多く、見つかっていないだけで我々人間が知らない生物は数多く生息していると思われています。 この生物は、水深1385mにて撮影されたイカの仲間に分類される 『piglet squid (Helicocranchia sp.)』 そうピグレット(子豚!)イカと名付けられています ...

ReadMore

魚の生態

2019/7/18

マイクロプラスチック、海のゴミに関して釣り人の発言にもっと注目して!

やっと日本も本腰を入れてきたマイクロプラスチック問題。 2019年6月に日本が議長国となって開催されたG20にてこの問題がメディアなどでも大きく取り上げられ やっと一般市民にも伝わり始めたかな?といった感じでしょうか? 政治利用であれなんであれ、大きな資金が投入されることになるでしょう。 しかし動き出すのが遅い・・本当に遅い。 企業は続々とストローやプラスチック容器の使用を禁止したり、 米国では既に州単位で使用の完全禁止を始めている地域もあるのに対して日本では・・・ まぁ単純に、国民の関心の無いことに政策 ...

ReadMore

-リール
-,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.