ルアー

春・秋のショアジギングおすすめメタルジグ

春や秋は多くの地域で人も過ごしやすいのと同じように

魚の活性も1年で絶頂になる魚が多い。

 

そして食欲の秋は魚も同じで

夏からベイトとしている小魚などもサイズが大きくなり

冬に備えて食欲も最高潮に!

魚が回遊するポイントさえ間違えなければ

大型青物などをヒットさせるチャンスでもあります。

そしてルアーの中でも早い展開で釣りを出来る

「ショアジギング」のシーズンでもあり

ショアジギングオススメのジグをご紹介しましょう!




 

春・秋のショアジギング、おすすめメタルジグ

 

ショアジギング、と呼ばれていても

プラグを使うルアーでもショアジギングですが、

例えば仕事前の1~2時間程度だけや

朝マズメや夕マズメだけなど、

早い展開での釣りをするのに適しているのが

メタルジグ。

不意に湧いたナブラに届く飛距離が必要で

ロッドアクションを付けなくてもアクションする

メタルジグなども登場しています。

 

春・秋のショアジギングおすすめメタルジグ

 

シマノ コルトスナイパー イワシロケット

シマノH.P

30gでありながら平均100mの飛距離を出す

シマノコルトスナイパーシリーズ 「イワシロケット」

シーバスロッドでも30gは安定して飛距離を出すことが出来るので

本格的なショアジギングロッドを持っていない方にも

おススメできるメタルジグです。

30gと40gがあり。

シマノ コルトスナイパーイワシロケット一覧

 

 

アングラーズリパブリック ザ・スメルト


アングラーズリパブリック ザ スメルト

元々スメルトは発売されていましたが

「ザ・スメルト」として新たに発売!

センターバランスで食わせの間、細身のシルエットは

マイクロベイトの様な小さな小魚を捕食している青物に対しても有効で

一つのジグで色んなアクションをさせることの出来るおススメのメタルジグです。

20g~60gまであり。

 

 

パズデザイン 海晴・弾丸

パズデザイン 海晴・弾丸

ベイトサイズがどうしても小さい時や

サイズが大きいメタルジグでは魚の反応がない時がある。

そんな時に小型メタルジグながら飛距離は抜群、

小型のベイトを食べているから小さな魚とは限らず

大型魚の場合も往々にしてあるが「海晴・弾丸」は

元々、マグロやカツオなどのパワーファイトする魚との設計で作られているため

フックも大型フック(28g=#1/0 35g#2/0)を搭載出来て

アクションは激しくなく、あえてバタつきを抑えたS字アクションで

バイトを誘います。

28g・35gがあり。

 

 

メジャークラフト ジグパラ

メジャークラフト ジグパラ

YouTubeでヒロセマン(広瀬達樹氏)が

ジグパラで多くの魚を釣り上げ、

Amazonでは釣り具ランキング1位、ベストセラーとして

Amazonメジャークラフト ジグパラ

大人気のジグパラ。

30g~60gまであり。

 

 

ジャッカル ビッグバッカージグ

ジャッカル ビッグバッカージグ

ご存知「釣りよかでしょう。」のメンバーが

青物を狙う際によく使っている

ビッグバッカージグ!

ジャッカル製ルアーは大人気で品薄商品が多いが

このビッグバッカージグは比較的量産できるからだろうか?

在庫は豊富にある。

10g~60gまであり。

 

 

ルミカ エクストラーダ メタルジャッカー

エクストラーダ メタルジャッカー

こちらは音と光で誘うちょっと面白いメタルジグ。

多くの人が釣り場に並ぶショアジギングシーズンですが

ハイアピールの音と光でもしかしたら

「貴方だけ爆釣!」なんて事もあるかもしれない!

音で誘う?光で誘う?簡単に使い分けが出来る2Wayメタルジグ「Xtradaメタルジャッカー」

20g~40gまであり。

 

 

ドラッグメタルキャストスパースリムZ

Duo ドラッグメタルキャストスパースリムZ

比重の軽い亜鉛合金を使用したメタルジグ。

フォールスピードもゆっくりで、

通常の速いフォールのメタルジグなどよりも

「食わせの間」を作り易く低活性の青物でもしっかりと

バイトへと導く!

20g~60gあり

 

 

タナジグ あいや~ジグ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あいや〜ジグ 30g 8(小イカ)【ゆうパケット】
価格:1188円(税込、送料別) (2018/9/10時点)

タナジグ あいや~ジグ

福井県で夏の間だけ解放される遊漁域の

『玄達瀬』で爆釣旋風を巻き起こした

オフショア用メタルジグでしたが、ショア用として

30g~も発売されました。

三角形上の三面ホロが効果的なアピールで反射し

ユラユラと触れながらフォールする。

30g~80gまであり

 

 

ショアジギングで釣果を出す一番の方法

秋に限らずですが、春なども青物など

ショアジギングで釣れる魚はベイトを追い回している

魚たち。

ベイトの付き場を探す事が手っ取り早く釣果を出す方法ですが

日本海側の場合、

春は南の方から北の方へ回遊します。

秋は北の方から南の方へ回遊します。

自分の通うフィールドの北や南の釣果を頭に入れて置くことが

とっても重要で、それプラス

オフショアでの釣果もチェックすることで

人よりも早く釣れる時期に釣れる場所に入ることが可能です!

 

 

このメタルジグしか釣れない!なんてことはない

釣り場では、魚の活性、潮の流れ、考量など

ベイトがいるいないに関わらず状況は刻々と変わります。

さっきまでこのメタルジグで釣れてなかったけど

急に反応が良くなることもあれば、

朝一は好反応だったメタルジグが陽が上がってからは

全く反応が無くなったり日によっても様々です。

 

なるべく多くのメタルジグを釣り場に持ち込んで

色んな時間帯に使ってみた方が魚との出会いは多くなります。

後は、メディアなどでの

「〇〇〇で釣れている」情報は

次の日には全く当てにならない情報だったりもしますが、

釣れていた日の2週間後・・・・

つまり同じ潮回りの時に行ってみる為に活用するには

良い情報だったりしますよ!

何故か?は・・・分かりますよね!




釣具ランキング

2020/8/2

釣具ランキング~2020/08/02

長い長い梅雨が明けました。 毎年、梅雨の時期になると日本のどこかで水害が起きて 地域が発展することに必要な大河が突然牙を向く。 釣りをしている事で訪れたことは無いがプロアングラーの動画で観たりした 河川の名前もニュースなどで耳にするが、釣りを楽しめる河川が濁流となり大地を削り 家も人も文化も飲み込んでいく。 水はただ高い所から低い所に流れていくだけですが 人の思い出や大切な物、人の命までをも海に還してしまう。 水の怖さを知る事で、普段水辺で遊ぶ我々釣り人は水に感謝しないといけないと あらためて感じた長い梅 ...

ReadMore

釣行記

2020/8/2

凪トップシーバス祭り開催!

2020/08/02 04:30~0:7:30 中潮 風:微風 波:凪   釣りに向かう前に、釣具店の店長さんと「シーバスもソロソロですね~」と 話していた。 釣り場に着くと、強烈なイカメタル船の集魚灯でかなり海は明るい。 ライト無しで釣り場に辿り着いたほど。 しかし、04:00終了だったのか? 釣りを始める頃に突然消灯。 辺りが闇に包まれる。   1投目から磯マルだとは思うが、ララペン125に強烈な重みが乗る。 デカい!エラ洗いしないし、かなりの重量感で脇から腰にロッドを回そうとする ...

ReadMore

ルアー

2020/7/27

シマノルアー「フラッシュブースト全ラインナップ!」

シマノから発売されているルアーはここ数年大きく変化しています。 NEWモデルはもちろん、既存モデルもカラーと機能性が大きく変化している。   「キョウリンカラー」と「フラッシュブースト」 この2つの登場により、多くの既存シマノルアーがリニューアルされてきていますので 今回はシマノルアーの新たな機能「フラッシュブースト」をご紹介いたします。   シマノルアー「フラッシュブースト搭載モデル」全ラインナップ 最も早くフラッシュブースト機能が搭載されたのは、 オフショアキャスティングでマグロや ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/7/26

釣具ランキング~2020/07/26

4連休どう過ごされましたでしょうか? 個人的には釣りに行けた、釣りが出来たのは1日だけ。 土曜と日曜(早朝)は釣り場まで行きましたが、大雨または暴風で車から降りた瞬間に 自宅へUターン。 釣りは出来たかもしれないが、仕事の予定もあったのでまた来週でいいやと帰宅。 ベイトも良いサイズのカタクチイワシが溜まってるし海は良い状況ですね。   しかし、福井県内でまた新型コロナウイルス感染が出るなど、 落ち着きを取り戻していた田舎の暮らしはまた色々と厳しい状況に変わっていきそうです。 県外への往来を行かざ ...

ReadMore

魚の生態

2020/7/25

ヒラマサに殺されるかもしれない・・・

サメに襲われるのは分かるが、ヒラマサに水中深く引きずりこまれて 死ぬ可能性があるなんて・・・恐ろしい世界もありますね。   水中での魚の様子を見たい時に、ダイバーや魚突きをされてる方の動画を観ます。 巨大なヒラマサは単独行動で回遊するとよく言われますが、 魚影の濃い地域は壮大な群れで回遊してるのが分るし、 それなりにショアから泳いでいける距離でも群れでいるみたいですね! 動画の中では、前日と翌日に同じヒラマサと出会うなど、回遊ルートさえ分かれば 時合いを狙えば数日間は狙える。   ヒラ ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

© 2020 The firstone