ルアー

春・秋のショアジギングおすすめメタルジグ

2018年8月23日

春や秋は多くの地域で人も過ごしやすいのと同じように

魚の活性も1年で絶頂になる魚が多い。

 

そして食欲の秋は魚も同じで

夏からベイトとしている小魚などもサイズが大きくなり

冬に備えて食欲も最高潮に!

魚が回遊するポイントさえ間違えなければ

大型青物などをヒットさせるチャンスでもあります。

そしてルアーの中でも早い展開で釣りを出来る

「ショアジギング」のシーズンでもあり

ショアジギングオススメのジグをご紹介しましょう!




 

春・秋のショアジギング、おすすめメタルジグ

 

ショアジギング、と呼ばれていても

プラグを使うルアーでもショアジギングですが、

例えば仕事前の1~2時間程度だけや

朝マズメや夕マズメだけなど、

早い展開での釣りをするのに適しているのが

メタルジグ。

不意に湧いたナブラに届く飛距離が必要で

ロッドアクションを付けなくてもアクションする

メタルジグなども登場しています。

 

春・秋のショアジギングおすすめメタルジグ

 

シマノ コルトスナイパー イワシロケット

シマノH.P

30gでありながら平均100mの飛距離を出す

シマノコルトスナイパーシリーズ 「イワシロケット」

シーバスロッドでも30gは安定して飛距離を出すことが出来るので

本格的なショアジギングロッドを持っていない方にも

おススメできるメタルジグです。

30gと40gがあり。

シマノ コルトスナイパーイワシロケット一覧

 

 

アングラーズリパブリック ザ・スメルト


アングラーズリパブリック ザ スメルト

元々スメルトは発売されていましたが

「ザ・スメルト」として新たに発売!

センターバランスで食わせの間、細身のシルエットは

マイクロベイトの様な小さな小魚を捕食している青物に対しても有効で

一つのジグで色んなアクションをさせることの出来るおススメのメタルジグです。

20g~60gまであり。

 

 

パズデザイン 海晴・弾丸

パズデザイン 海晴・弾丸

ベイトサイズがどうしても小さい時や

サイズが大きいメタルジグでは魚の反応がない時がある。

そんな時に小型メタルジグながら飛距離は抜群、

小型のベイトを食べているから小さな魚とは限らず

大型魚の場合も往々にしてあるが「海晴・弾丸」は

元々、マグロやカツオなどのパワーファイトする魚との設計で作られているため

フックも大型フック(28g=#1/0 35g#2/0)を搭載出来て

アクションは激しくなく、あえてバタつきを抑えたS字アクションで

バイトを誘います。

28g・35gがあり。

 

 

メジャークラフト ジグパラ

メジャークラフト ジグパラ

YouTubeでヒロセマン(広瀬達樹氏)が

ジグパラで多くの魚を釣り上げ、

Amazonでは釣り具ランキング1位、ベストセラーとして

Amazonメジャークラフト ジグパラ

大人気のジグパラ。

30g~60gまであり。

 

 

ジャッカル ビッグバッカージグ

ジャッカル ビッグバッカージグ

ご存知「釣りよかでしょう。」のメンバーが

青物を狙う際によく使っている

ビッグバッカージグ!

ジャッカル製ルアーは大人気で品薄商品が多いが

このビッグバッカージグは比較的量産できるからだろうか?

在庫は豊富にある。

10g~60gまであり。

 

 

ルミカ エクストラーダ メタルジャッカー

エクストラーダ メタルジャッカー

こちらは音と光で誘うちょっと面白いメタルジグ。

多くの人が釣り場に並ぶショアジギングシーズンですが

ハイアピールの音と光でもしかしたら

「貴方だけ爆釣!」なんて事もあるかもしれない!

音で誘う?光で誘う?簡単に使い分けが出来る2Wayメタルジグ「Xtradaメタルジャッカー」

20g~40gまであり。

 

 

ドラッグメタルキャストスパースリムZ

Duo ドラッグメタルキャストスパースリムZ

比重の軽い亜鉛合金を使用したメタルジグ。

フォールスピードもゆっくりで、

通常の速いフォールのメタルジグなどよりも

「食わせの間」を作り易く低活性の青物でもしっかりと

バイトへと導く!

20g~60gあり

 

 

タナジグ あいや~ジグ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あいや〜ジグ 30g 8(小イカ)【ゆうパケット】
価格:1188円(税込、送料別) (2018/9/10時点)

タナジグ あいや~ジグ

福井県で夏の間だけ解放される遊漁域の

『玄達瀬』で爆釣旋風を巻き起こした

オフショア用メタルジグでしたが、ショア用として

30g~も発売されました。

三角形上の三面ホロが効果的なアピールで反射し

ユラユラと触れながらフォールする。

30g~80gまであり

 

 

ショアジギングで釣果を出す一番の方法

秋に限らずですが、春なども青物など

ショアジギングで釣れる魚はベイトを追い回している

魚たち。

ベイトの付き場を探す事が手っ取り早く釣果を出す方法ですが

日本海側の場合、

春は南の方から北の方へ回遊します。

秋は北の方から南の方へ回遊します。

自分の通うフィールドの北や南の釣果を頭に入れて置くことが

とっても重要で、それプラス

オフショアでの釣果もチェックすることで

人よりも早く釣れる時期に釣れる場所に入ることが可能です!

 

 

このメタルジグしか釣れない!なんてことはない

釣り場では、魚の活性、潮の流れ、考量など

ベイトがいるいないに関わらず状況は刻々と変わります。

さっきまでこのメタルジグで釣れてなかったけど

急に反応が良くなることもあれば、

朝一は好反応だったメタルジグが陽が上がってからは

全く反応が無くなったり日によっても様々です。

 

なるべく多くのメタルジグを釣り場に持ち込んで

色んな時間帯に使ってみた方が魚との出会いは多くなります。

後は、メディアなどでの

「〇〇〇で釣れている」情報は

次の日には全く当てにならない情報だったりもしますが、

釣れていた日の2週間後・・・・

つまり同じ潮回りの時に行ってみる為に活用するには

良い情報だったりしますよ!

何故か?は・・・分かりますよね!




その他

2020/2/20

釣りメーカーの海外版動画がカッコいい!

多くの釣具メーカーも個人同様にYouTubeチャンネルを開設し 数年前とは動画の内容も大きく変化してきましたね。 以前は、「釣りだけをする実釣動画」でしたが、 現在はプロアングラーの実釣&その後の食事や釣り車の紹介など、 メーカーの許容範囲?の中ではあるが、物だけの紹介よりも 人間臭さが受ける日本のYouTubeに合わせるようになってきています。 それでも制約なしになんでも投稿できる個人YouTubeチャンネルには敵いませんが 逆に動画一本に多くの資金をかけたり、 大手メーカーなどは単純に、「カッコいい」 ...

ReadMore

イベント

2020/2/19

「D.Y.F.C」釣りの知識も道具もなくても子供と釣りを楽しもう!

釣具メーカー「ダイワ」が活動を続ける 『D.Y.F.C(DAIWA YOUNG FISHING CLUB )』をご存知ですか? 会員クラブですが、小学生から中学生まで誰でも会員になる事が可能です。(19歳まで在籍可) 会員になるとフィッシングスクールに参加できたりその他イベントにも参加出来たりします。 お父さんや、お母さん家族で釣りが出来る方がいなくても子供さんがダイワプロテスターに 子どもさんのレベルに合わせたレクチャーを受けることが出来ます。   D.Y.F.Cスクールはリール・ロッド・ライ ...

ReadMore

釣具ランキング

2020/2/17

釣具ランキング~2020/02/17

福井県内の河川でサクラマスが不調なのはどうしてなのでしょう? 県外のSNS仲間から、「今年、九頭竜行こうか迷ってるんだけどどうですか?」と メッセージ頂いたりもしますが、 「この時期に入っても、サーフや河口周辺でよくシーバスが釣れてます。 シーバスが釣れなくなったら遡上が始まるのかどうかは分かりませんが、 どう考えてもこの時期にシーバスがイワシを追いかけて良く釣れるなんて 異常としか思えないので、シーバスが沖に落ちていくタイミングでどうですか?」と 答えておきました。 それとあまり公開されないけど、サーフ ...

ReadMore

ウェーディング装備

2020/2/17

フルマラソンで2時間を切りを達成したあの「ナイキ アルファフライ」シューズは釣りに使えるのか?

道具の進化は我々の想像を超えている。 釣具も、年々大きな魚のサイズが過去に釣り上げられたタックルよりも 軽く、小さなタックルで釣り上げられるような時代へと変化している。 釣りのような対魚、を相手にする不確定要素が多く含まれる強さは 同じタックルで同じ魚と比較は難しいが、 スポーツの中でもタイム(時間)が競われ計測されている様な競技には道具の進化は時に議論の的になる。   その道具の進化で話題となったのが 東京オリンピック代表選手の4人のうち3人が履いていた ピンク色の厚底シューズ「ナイキ ズーム ...

ReadMore

偏光サングラス

2020/2/11

話題の136偏光サングラスを凍らせてみた!

テスターをさせて頂いている『136glass』の偏光サングラス。 フィッシングショーOSAKA2020で、ブースが常に満員状態で行列が出来るほど 話題となっていましたが ガラスレンズ世界最軽量の軽さ 樹脂レンズとは比べ物にならない、永遠に続く透明度の高いレンズ クリアなレンズならではの暗い時間帯でも明るく見える レンズが劣化しない手づくりの特許技術「3SLレンズ」 136テスターのメンバーもかけた瞬間・・・釣り場でかけたその時から 今までの偏光サングラスとの違いの大きさに全員が驚きました!   ...

ReadMore

-ルアー
-, ,

Copyright© The firstone , 2020 All Rights Reserved.