ルアー

トップウォーターに魅了されるわけ!

投稿日:2017年4月14日 更新日:

魚の活性が上がって来ている。

人の活性は魚のそれよりさらに上がる。

さらに釣りを面白くさせるのが

トップウォータールアーを使った釣り。

なぜトップの釣りに魅了される人が多いのか?

 

トップウォーターは大迫力&魚の活性を上げる

 

トップに反応する魚は小魚を食べるフィッシュイーター!

弱肉強食の世界が目の前で繰り広げられるのを見ることが出来る。

 

トップウォータールアーはどんな動きをしているか肉眼で観れる。

ロッドを伝わる波動やリールを巻くハンドルからルアーの動きを

想像するのではなく、肉眼で見える為に何をやってるか分かる簡潔さがある。

 

逃げ惑うベイトを演出させることが出来る為、魚が反応しやすく

捕食スイッチをONにさせることが出来る。

 

こんな感じから、春シーズンや秋シーズンにトップしか使わない縛りで、

ショアからの青物釣りを楽しむ方もいます。

 

ブラックバスやチヌ用は少し小さなサイズのトップウォータールアーを

使用することが多いが、青物シーズンはシラスから始まり、10cm以上の

カタクチイワシまでベイトが変わる為に、

大きなトップウォータールアーで青物を誘えます。

 

更に夏になればトビウオなどの20㎝や30㎝もあろうかと

ベイトサイズも大型化しヒラマサなどをダイビングペンシルで狙う

夏マサシーズンは大迫力!

 




オススメ、青物トップウォータールアー

 

ジャンプライズ・ポポペン95F

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ ポポペン 95F (ソルトルアー プラグ)
価格:2073円(税込、送料別) (2018/2/21時点)

95mmサイズだがボディ自体ボリュームがあり

もっと大きなルアーを使ってるような気分になる。

大きな動きで青物を誘う。

飛距離は文句なしのこのサイズ群で圧倒的な飛距離。

キャスト疲れせずミスキャストも少なく、ノンストレスで

永遠とキャスト出来ます。

ポポペン95Fインプレ

 

 

ima サイレント・ソルトスキマー

青物にはアピールが大きい物をよく使え。

ヒラメハンターのMオジサンの言葉です。

 

よくシラスパターンは釣れないと多くの方が悩む時期でも

「シラスと同じ10mmや20mmのルアーなど無いのに

ベイトサイズにルアーを合わせるマッチザベイトと言われても

どうしようもない。

それならより大きなルアーでアピールし、魚の活性自体を上げた方が

よっぽど釣れる。」

飛距離は文句無し、よく飛びペンシルの中ではアピール控えめと

書いてあるが弱っているベイトを演出するのには十分で

ストップを入れる時間を長くするとプカプカ息継ぎしてるような

弱ったアピールをします!

 

 

デュエル・シルバードッグ90

こちらも飛距離は文句無し、泳ぎはこの3つの中で一番可愛い。

ドッグの名のもと弱めのアクションでは頭を水面に出し

細かなアクションをするが強めの押しを入れると、

ダイビングアクションしますがダイビングしているアクション距離は

短い為に、小場所でも大場所でも使いやすく、価格が安いのも魅力的。

ポポペン95F、1個に対しシルバードッグ90は2個買える価格です!

デュエル・シルバードッグ90インプレ

 

 

トップウォータープラグで大型青物を狙うには

シマノ コルトスナイパー・ロックシリーズ

ダイビングペンシルがおススメです。

破断しない強度、飛距離、安定したダイブスイムと派手さはないが

ロックシリーズと銘打ってるだけあって良いルアーばかりです。

 

近年はライトショアジギングロッドでも扱える

30gや40g台のダイビングペンシルも発売されており

磯でシーバスロッドを使う人は少ないが

サーフでダイビングペンシルを使って周りのアングラーよりも

アピール力の大きさで自分の方へ魚を寄せる方法もある。

実はサーフでダイビングペンシルは激スレしたりもするけど

かなり効果的です!

 

ダイビングペンシルのアクションに関して、

ヒラマサなどは意外にも人にはミスダイブしたかのように思った時でもバイトしてくることは経験上多くあります。

そこまでシビアなアクションをさせなくてもダイブした後にしっかりとストップさせる動作をすれば

ヒットさせることはそれほど難しい釣り方ではありません。

磯では80オーバー5㎏を超えてくると、タックルバランスや魚がバイトしてくる位置によっては

根ズレしたりラインブレイク可能性がとても大きくヒットさせた後のファイトも重要にはなります。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ ララペン125F 【メール便OK】
価格:2592円(税込、送料別) (2017/9/27時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タックルハウス コンタクト ブリットペンシル CBP120
価格:2235円(税込、送料別) (2019/7/6時点)

楽天で購入

 

 

 

ルアーの選択肢の一つに

トップの釣りは、自分で操作するルアーが見ることが出来る為に

拘りを持ってやる方も多いが、上で紹介した

トップウォータープラグに関しては誰でもどんなロッドでも

簡単にアクション付ける事が可能で、

ロッド操作で喰わせるアクション出来ないから釣れない等、

魚を崇拝したようかの様な考えを

お持ちじゃなくても気軽に使用できるルアーです。

 

トップウォータープラグを使う

「誘い出し」はミノーやジグなどと比べて

どのルアーよりも

アピール力に優れ、魚の本能を呼び覚ます

リアクションバイトを誘うことが出来る!

地域によってはシャロー域に大型青物が入り

メタルジグなど底付近でバイトさせるとすぐに根ズレして

バラしてしまう様な場所であってもトップでヒットさせると

根ズレ回避にもなります。

 

私などは単純に、水面をチェイスすることに興奮を覚えたり

ボトムがダメなら思い切ってトップで狙ってみようと

ルアーの選択肢の一つとして使ってますが、

根回りやスリットが入り、根掛かりを気にしなければいけない、

ルアーロストの恐れがある場所でも回避できるのは

トップウォータープラグのメリットなので

是非青物シーズンに

トップウォータープラグで楽しんでもらいたいと思います!

今現在登場しているほとんどのトップウォータールアーは

簡単な操作でしっかりとダイブするものが多いので

難しくないですよ、




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

エギング

2019/8/23

ショアジギングタックルでエギングやってみた!

普段磯に行く際は、ヒラマサを捕ることが出来る「ショアジギングタックル」 これ一本で全てを行っています。 テンリュウ・パワーマスターショアジギングロッドインプレ エギングタックルの様な軽さも当然ないし、重さとの勝負ですが エギをアクションさせる際のロッドアクションも 着底からの1発目は何とかテンションを保ちつつダートしたりするが、 以降はエギが軽すぎラインが巻きとられる惰性で 「フワッ」と浮き上がる様なアクションしかしない。 ほとんどリールを巻くエギング。   アクションさせる際、ロッドグリップが ...

ReadMore

エギング

2019/8/22

スタイル別に便利なおすすめエギケース&バッグ

雨が降ると水温が低下し夏シーズンはあっという間に過ぎ去っていきます。 変わりに始まるのがエギングシーズン。 9月中旬以降になるとアオリイカ新子シーズンスタートです。 今年も各メーカーからエギがたくさん新発売されますが、 エギを収納する便利なエギングケースをご紹介します!   便利なエギ収納ケース ランガンに便利なエギケース 漁港内や、磯場などのポイントを少しずつ移動しながらアオリイカを狙うスタイルの方には 機動性を損なわない軽く小さなエギケースをお勧めしたい。   [シマノ セフィアエ ...

ReadMore

寄稿

2019/8/21

ルアーフィッシング上達の近道は?「釣れるフィールドを探せ!」

皆さんお気に入りのルアーは何種類くらいありますか? 上からトップ、ミドル、ボトムと実際には3個あれば十分ですが カラー選択も含めると1度の釣行に10~20個程度、持参していることでしょう。 その中でも実際にすべてを使っている方は相当な戦略を練っている方だと思う反面、 バイトが無く自己満足なカラー選択で迷ってるくらいであれば パッとフィールドを変えて移動した方が魚に出会えます。   「このカラーでどうしても釣りたい!」等の拘りを持って釣りを楽しむのであれば それはそれで面白いと思いますが よく釣り ...

ReadMore

釣具ランキング

2019/8/19

釣り具ランキング~2019/08/19

ルアーフィッシング黎明期から釣りをやっている「Mオジサン」と 久しぶりに話をしました。 まず第一声が、「いや~最近のルアーは凄い飛距離が出るね、どれも同じだけど」 飛距離を求めるとスイムは犠牲となり、どれもジグミノー。 ヘビーシンキングペンシル等と名称は違えど、アイからラインで引っ張る事に違いは無く 重さゆえに、テールを振るだけのルアーはどれも同じに見えるそうです。 結局魚の活性が良ければ、どんなルアーでもバイトしてくることに変わりはなく 魚のいる場所まで届かせるのか? 浮遊感でより小魚(ベイト)に似せる ...

ReadMore

釣行記

2019/8/12

磯マル乱舞!ここは釣堀か!!

2019/08/11 AM4:30~6:30 風:無  波:1m   暗いうちから磯へ。 波が高くて磯の先端にまで行けず、辺りには波が砕けて出来る霧の様な白い空気が漂う。 まだ暗いが1投目からヒット! ラインがフッと軽くなる感覚でエラ洗いしているのが分かる。 波が足元で炸裂し、ラインがギギギギっと岩に擦れているが真っ暗なので何もわからない。 なんとか磯際付近まで寄せたけど波が高すぎてかなり危険と思っていたら 魚が岩の間に挟まりロック!! 降りようかと思ったが、「行くな!」と声が聞こえた気がした。 ...

ReadMore

-ルアー
-, , , , , ,

Copyright© The firstone , 2019 All Rights Reserved.