魚の生態

魚図鑑が売れている!天皇陛下も研究者として執筆している「日本魚類図鑑」

我々の小さい頃は、どこの家に行っても

「昆虫図鑑」「魚図鑑」「花図鑑」

小学校1年生になる頃に親が買ってくれたのだろうか?

 

小さい頃は暇があれば、虫か魚の図鑑を読み漁っていた。

しかし今の子供達は塾やその他の習い事も多く

ゆっくりと暇がある子供はドンドン少なくなっている。

またゲームなど

自分から何かを学ぼうと調べたりするよりも

決められてしまった内容で遊ぶことに慣れていて

自発的な興味を湧くことすら少なくなっている気がします。

 

そこで今、図鑑の中で売れに売れている魚の図鑑をご紹介します。

もしも子供さんが魚に興味を持っているならとてもお勧めです!

 

 

魚を詳しく調べたいなら「小学館の図鑑Z 日本魚類館」

 

現代で図鑑は売れない部類に入る本でしょう。

ネットで調べればすぐに色んな世界の物が検索出来て

それなりの知識を得る事などすぐに出来る。

子供でも親のスマートフォンやタブレットを

借りて勝手に検索始める時代。

 

しかしそれが頭に入り記憶として残るかどうか?

その場限りの知識を得る事は可能でも記憶に残る物としては

難しいでしょう!

そこで必要なのはいつも同じページ同じ、同じ文章を読む事、

それが可能なのが図鑑だったりする。

 

小学館の図鑑Z 日本魚類館

小学館

 

日本を代表する魚の形態や生態、最新の研究結果も紹介され

魚とは何なのか?

どうしてこの地域に生息してこの形態をしているのか?など

とても深く知ることが出来ます!

ネットと違うのは図鑑の場合はいつも同じことが書いてある。

ネットで検索すると毎回違う答えが見つかるが

それでは頭に入らない・・・・。

多くを知ることは出来ても、覚える事にはならない。

そんな違いからも図鑑は子供達の記憶に残すとても大事な物でもある。

 

そして小学館の図鑑Z 日本魚類館

大人が読んでも引き込まれるような、マニアックな内容の事も書いてあったり

飽きない内容で標本写真や研究者の解説文がより面白さを増す。




天皇陛下も執筆に関わっている小学館の図鑑Z 日本魚類館

 

専門的な図鑑は初版5千部が1年で増刷できれば

成功ともされてるそうですが、この図鑑は

発売2週間で重版が決定!

そして執筆には天皇陛下も研究者として執筆。

 

本屋さんでも売り場に大きく紹介され売れに売れているそうです!

Amazon魚類学ランキング」でも、もちろん1位!

発売数日間は

一般書を含めたAmazonランキングでもベスト5に入るなど

大注目された図鑑でもあります。

 

知らない魚を調べるよりも、もっと魚に興味を持ちたい!

この魚の事を知ってるつもりだったけど

こんな生態もあったんだ!

そんな気分にさせてくれる大人も楽しめる魚図鑑ですよ。

 

小学館の図鑑Z 日本魚類館: ~精緻な写真と詳しい解説~
中坊 徹次
小学館
売り上げランキング: 715

 

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/10/1

釣りブログで稼ぐ!儲ける方法教えます!

皆さん、こんにちわ。 お久しぶりといいますか、釣行は気が向けば書いていましたが 本業が忙しい為にこのサイトは放置気味に。 しかし! このサイトは放置してるにも拘らず未だに収益が10万円を超えています。 全盛期の釣り関連福袋などを紹介していた時代はAmazon・楽天アフィリ・A8NET・グーグルアドセンス含めて ※600万~数千万(1月や4月は特に美味しい)の売り上げを上げていました。 ※売上でアフィリ料率はまちまちです   一時期は企業として釣りキュレーションサイトを運営する飽和状態となりました ...

ReadMore

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

-魚の生態
-

© 2022 The firstone