時代背景と釣り場にポイ捨てされるゴミの変化

ポイ捨てと呼べるような大きさでは無いが

九頭竜川へ釣りに行くと巨大な不法投棄ゴミが

目に付く時があります。

もしかして増水した時に上流から流れてきたものかもしれませんが

どう考えても堤防から投げ捨てたと思える位置に落ちている物まで・・・

 

過去に九頭竜川のどの場所に不法投棄されたゴミが落ちていたか?


国土交通省近畿地方整備局 福井河川国道事務所
 

現在は金属物の不法投棄は少ない。

今は価格が落ち着いていますが、数年前には

鉄・金属の価格が高騰しお金になるからその頃から

少なくなった。




その他にも有料でしか引き取らなかったタイヤ類もリサイクル化が進み

無料で引き取るお店が出てきた頃から減ったゴミですね。

最近多いゴミは、ソファーや布製品。

布団類などが眼に付いたりします。クッションとか枕もそうですね。


(今回使用している画像は実際に九頭竜川で不法投棄されたゴミの画像ではありませんので)

落ちている不法投棄されたゴミの種類と年代で

その当時どういった情勢だったかが垣間見えるゴミの種類。

相変わらず、川付近でカップラーメンを作って食べたゴミや

車で食べたと思われる弁当類のゴミは減りませんが・・・・

数年後にはそのゴミが燃料にでも成ればゴミも減るのでしょうけどね。

未だ私は九頭竜川でルアーパッケージのゴミを見たことが無いのですが

その辺りは流石!九頭竜サクラマスアングラー。




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

-九頭竜川
-,