その他

防水スマホケース[iPhone6] IP68  シマノSWシリーズにもIPX8?

昨年夏に15ツインパワーと共に、体半分以上水没した時にスマホケースも濡れてしまい

革製で裏側がスウェード素材だったものが大分汚れて黒くなってきたので新たに購入しようと。

機種変更した時に、新しかったために選ぶほど種類が出ていなくて吟味したが、

革製はアングラーにとっては汚れるのであまりお薦めはできない。ので自分用としても

探しているので釣り人目線でオススメのスマホケースを厳選してみました!

iPhone用ケース

Magpul

 

ちょっと検索しただけですぐにこれがHIT! なんと2ちゃんサイトまで発見。

偽物までたくさん出回る良い品らしいですね。

アメリカ軍が採用している銃器メーカー「MAGPUL」 見た感じからしてしっかりとスマホをホールドして

守ってくる。 素材は実際の銃器と同じ素材だそうで衝撃や傷に強いが

magpul

なんといっても汚れない。釣中に濡れた手で握っても格子状のデザインが手にしっかりくる。

カラーも充実していて全9色!

お次は・・・・・・

Ghostek Atmic

 

ケースでこのお値段。

まるでサンドイッチのようにiPhone6を挟み、

耐衝撃、防水防壁IP68取得のケースは水濡れ、砂埃を完璧にシャットアウト!

もちろんケース装着しながら操作可能です!

case2
カラーは3色メタリック調でカッコよい!

case3

どこかで見たような数値が・・・・・・・

IP68? IPX8といえば

TPSW

そう15ツインパワーSWにこの機能が!!

数値の説明は↓

このIPから始まる記号は、IEC(国際電気標準会議)で標準化されている規格でエンクロージャ(ハードウェアの筐体)による保護等級を表す。JIS(日本工業規格)の電気機械器具の外郭による保護等級とも統一されている。

上記の3つの記号の"簡単な"意味は以下のとおり。

  • IPX5…噴流に対して保護する性能を示す
  • IPX7…水に浸しても影響がないように保護する
  • IPX8…潜水状態での使用に対して保護する

これらの保護性能は一定の条件(後述)を満たした試験によって確認される。

その上で、各キャリアがカタログなどで表示している意味は以下のとおりとなる(各社ほぼ共通のため代表としてドコモの記載を引用する)。

IPX5内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
IPX7常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。
IPX8常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。

IP68 は 6は固形物、8は水に対する保護等級で、15ツインパワーSWに付いているIPX8に

IPX6という砂や埃なども保護しますよ という2つのガード性能。

やはり水没やサーフで砂の侵入を考えると

Ghostek Atmic製

送料無料 Ghostek Atomic 耐衝撃 防水 iPhone6 ケース 防水ケース iPhone 耐衝撃ケース 防水ケ...

なんだろうけど、普段使いのことを考えると

MAGPUL製も捨てがたい・・・・・・

というか15ツインパワーSWの製品情報見てたら欲しくなってきたのはリールだった・・・・。

やっぱりSW格好良いですね!

15Twin Power SW




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/8/1

夏の釣り「シオ」

2022/07/31  PM2:00~PM5:00 中潮 風:微風 波:凪   朝マズメは眠すぎて3時まで起きていたのにパソコンの前で寝落ちして逃す。 お昼からの上げを期待して行ったが、海へ着いて水に触った瞬間・・・・ 温い。 潮が動かなければかなり厳しいと思いながらも釣りを開始。   水面からは強烈な照り返し。 2回ほどうねりながらの潮目が接近してきたが、トップ・ジグ共に反応ない。 最近愛用しているジークのRサーディンロング ジーク Rサーディンロング 80g ZEAKE R-SAR ...

ReadMore

釣行記

2022/7/16

根魚王になる!

2022/07/16  中潮 風:微風  波0.6m   予報の波高はそれほどでもなかったので海に行くが、細かい波とセットで入る波で 数値以上に大きな波が押し寄せる。 今年は個人的に青物不発。 不発というほどに釣りにも行くことが出来ないでいるが、 青物を狙うには”早起きと体力勝負の数行けば釣れる”これが伴わないと 出会うことすら難しいのが青物シーズン。 朝がダメなら夕方行くべきなのだが、大人の事情で忙しいのに「そんなに釣り行けるか!」と 愚痴まで釣り仲間に話し出す。   磯際でルアー回 ...

ReadMore

釣行記

2022/7/10

「釣行記」夏の釣り

2022/07/10  11:00~13:00 風 強い 波 0.5m 若潮   たまに釣りには行ってました・・・・ しかし大した釣果が出ない上に 愛用するリールのボディ下部がいつの間にか何処かへ飛んで行って行方不明。 サブリールで釣りを楽しんでいたが、何となく気が乗らない感じだったり。 シマノ社へメンテを出して約1か月。 ようやく戻ってきたので、「これで勝てる!」?ような気分で釣りに向かう。     完全に日が昇ってからの釣行でしたが、青物の気配はゼロ。 40cm近いキジハ ...

ReadMore

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

-その他

© 2023 The firstone