ルアー

ララペン125Fはどの釣り場でも使える新しいダイビングペンシル!

磯に通うようになって実は喉から手が出るほど欲しいと

思っていた、120㎜程度のダイビングペンシル。

ジャンプライズから8月末に発売された

『ララペン125F』がまさにそれです。




 

ジャンプライズテスター陣では良い釣果が出ているのを

ブログやSNS等で見ていたので発売を待っていました。

 

ララペン125Fは新しいダイビングペンシル

釣り場で一番最初に投げるルアーはアピールの派手な

大きなルアーから投げる事が多い。

そしてバイトやチェイスが無ければどんどんルアーを小さくしていく

ルアー戦略を組み立てていますが、

ダイビングペンシルは大きなサイズがほとんど。

200㎜や170㎜など普通で

小さなサイズで130㎜、140㎜はありますが重い。

 

磯ロッドでは十分キャスト出来る範囲ではあるが

PEラインをなるべく太くしたくない自分にとっては50gや60gの

ダイビングペンシルを投げるなんてライトラインでは

キャスト切れを誘発する。

PE2号程度で実際に問題は無いかもしれませんが

フルキャストしたいので重いルアーは得意じゃない。

 

それが今回発売された

ジャンプライズ『ララペン125F』は25g。

既に販売されている

『ララペン150F』は43g

『ララペン165F』は53g

『ララペン200F』は100g

・・・・と比べると分かるように

ララペン125Fは軽いですね~

シーバスロッドでもキャストできるし、

ライトショアジギングロッドであれば一番飛距離が出る重さですね。

 

『ララペン125F』

スペック

全長:125mm
自重:25g
アクション:クイックスライド&ショートダイブ
フック:無(推奨トレブルフック:ジャンプライストレブルMMH #3、STX58 #2 推奨シングルフック:バーティカルライト 1/0)
リング:強化リング#4
釣り方、フィールド:ソルトルアー(ショア)
代表対象魚(詳細):青物

2017年8月発売

カラーは全11色

【ジャンプライズ/JUMPRIZE】シビアな青物ショアキャスティングゲーム攻略の必需品!

LALAPEN 125Fデビュー!ララペンシリーズは従来のダイビングペンシルのように強く引いて潜らせるのではなく、

水面を優しく丁寧にスライディングさせる事で魚を追わせて食わせる新しい感覚のペンシル。

青物やマグロ類が小さなベイトフィッシュの偏食をしているシチュエーションや

低活性時はスモールプラグが抜群に有効である。

柔らかめのロッドにPEライン1.5号~3号までのライトラインを組み合わせ、

ララペン125Fを優しく操作する事で大きなペンシルに見向きもしなかった

フィッシュイーター達が突如反応するケースが頻繁にあるのだ。

LALAPEN 125Fは潰れに強い高強度ボディー設定、

1.2mm貫通ワイヤーシステムを採用。

シングルフックを採用すれば大型青物から30キロを超えるマグロ類にも対応可能である。

ヒラスズキタックルを使用した青物キャスティングゲームにも完全対応!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ ララペン 125F #02(ブルピンイワシ)
価格:2592円(税込、送料別) (2017/11/24時点)

 

ライトラインで使えるダイビングペンシルはかなり嬉しい!

さらに125㎜サイズであればサーフで使う事も考えられますね。

一部の地域を除き、サーフのベイトサイズなんて100㎜以下がほとんど。

そこにララペン150Fや165Fをキャストするよりも

ララペン125Fを使用する方が圧倒的にマッチザベイトでもある。

 

実際に自分がサーフで春や秋の青物シーズンに使うかどうかは別として

やはり4月、5月、9月後半から10月にかけて始まるであろう

青物シーズンでガンガン使いこなして良いサイズを取りたいとも思うが

青物始まる前に磯マルが好反応しそう!

ブルーグリッターが欲しいですね!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャンプライズ ララペン 125F #09(ブルーグリッター)
価格:2592円(税込、送料別) (2017/11/24時点)

ララペン125F予約受付開始




にほんブログ村 釣りブログ 北陸釣行記へ

釣行記

2022/5/29

[TFO釣行記]青物祭り開始?

2022/05/21 04:30~08:00 風 微風 波 0.30 今シーズン2回目の釣り。 釣り場に向かう途中は、車の量も増えて皆青物狙いに来ているのかな?と思っていたが まだまだ途中目にする釣り場にライトの灯りが見えないので、 人は少なく良い釣果が出ていないから?なのでしょう。   今日も水はまだ冷たい。 毎年水温を測っているわけでは無いけど体感で感じる水温が冷たいのだから きっと魚も冷たいと感じてショアの方に接岸していないのか? ベイト接岸が少ないためにまだ青物が付いていないのか? どち ...

ReadMore

釣行記

2022/5/7

[釣行記]半年ぶりの?釣り

2022/05/07 AM4:30~7:00 凪 微風 記事更新も年始の挨拶以来となり、釣りに関わることが少なくなっているが 釣り意欲は全く衰えて無く、釣りしたいけど忙しいのと自分のスタイルの釣りは体力的に厳しい年齢となってきている。 寝て早起きが出来ない自分は寝ないで行く方が自分のペースに合っている。 もちろん今回も寝ずに海へ。   家を出たのが3時30分。 海に到着すると、満天の星空が出迎えてくれる。 あまり知られていないかもしれませんが、星空見に行く=山の方と考える方も多いかもしれないが ...

ReadMore

その他

2022/1/1

「2022年」あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 半年ぶり程の更新ですが、なんとか生きておりますよ。   世の中、どこを見てもマスクマスク。 ちょっと咳き込めば白い目で見られてしますそんな世知辛い世界ですが 釣り場に行けば、大自然が釣り人を迎えてくれます。 仕事が忙しく、秋シーズンから殆ど釣りに行っていませんが 釣りへの情熱、大自然の景色に飽きたわけがなく体力が持たないから釣りに行かなかっただけで また2022シーズン始まれば海の方へ足を運びたいと思っております。   ...

ReadMore

釣具ランキング

2021/7/24

フィッシングショーの在り方

2021年なのに、2020東京オリンピックが始まりました。 中止しろだの、無観客でやれだの、色んなヤジに近い?同調を期待するための発言なのか? 騒いでいた人達も始まってしまえば、どうせ楽しむんですよね?   所詮人が動く時は、何か別の理由を求めてが多い。 上っ面だけで騙されてはいけない。   そして釣り業界の方では大手釣り具メーカー『シマノ』は 自社のYouTubeチャンネルにてオンラインフィッシングショー 秋・冬ニューモデルの発表を行いました。   2022年の釣りフェステ ...

ReadMore

釣行記

2021/7/18

[TFO釣行記]鯛ラバってほんとよく釣れるね!

2021/07/18   AM4:00~8:00 小潮 風:無風  波:凪   久し振りの釣りは、M君と! 青物はいったん終了とも聞いていたので、早々にM君の食材確保に根魚を。   蟹かな?タコの足のように見えたが、アミ類かな。 キジハタは釣り上げた時によくキラキラするので何を食べていたのか?が 参考になる。     しかし鯛ラバは良く釣れる。 カチカチ玉   めちゃめちゃ安いし。   朝一、磯マルが接岸していないと8月の夏マサまでは少し厳しいか ...

ReadMore

-ルアー
-, , , , , ,

© 2022 The firstone